開店・閉店

道の駅 西いなば気楽里が6月末頃にオープン予定!場所や施設を紹介!

2019年6月末頃、鹿野町に「道の駅 西いなば気楽里(きらり)」がオープンします。

先日、鳥取西道路の鳥取西IC~青谷IC間(延長17.5km)が開通しましたが、区間中の浜村鹿野温泉ICを降りてすぐの場所に道の駅が建ちます。

場所はここ↓
鳥取市鹿野町岡木280-3

オープン前ですが、すでにグーグルマップに位置情報は登録されていました。

浜村鹿野温泉ICを降りてすぐの場所にあるので、浜村や鹿野の立ち寄りスポットになりそうですね。


「道の駅 西いなば気楽里」で営業する店舗

道の駅には以下の店舗が入る予定です。

物産館
農作物直売所
レストラン
軽食コーナー
コンビニ

他にも足湯が設けられるようです。鳥取には20箇所以上、足湯スポットがありますが、県内の道の駅に設置されるのは初めてです。

「道の駅 西いなば気楽里」の名前の由来

「西いなば」は鳥取市西地域(気高町、鹿野町、青谷町)をまとめた名称。

「気楽里(きらり)」は明るい道の駅をイメージできることや、利用者に楽しんでもらいたいという想いが込められています。

全国から113件の応募があり、その中の優秀賞の2点を組み合わせた名称となっています。

参考:新しい道の駅の名称の決定について|鳥取市役所

2019年5月14日時点の工事状況

パッと見た感じだと施設の外観ほとんど完成しているようで、駐車場を中心に整備していました。

140台ほど止められる広々とした駐車場となっています。夏の観光シーズンでも止めやすそうですね。

鳥取市で3番目の道の駅

「西いなば気楽里」は、道の駅「神話の里白うさぎ」、「清流茶屋 かわはら」に続いて鳥取市で3番目の道の駅となります。

これをきっかけに、どのくらい浜村・鹿野の観光客増加に繋がるのでしょうか?

オープンしたらまた取材に行ってみます!

道の駅 西いなば気楽里の施設情報

住所:鳥取市鹿野町岡木280-3
面積:19,062㎡
施設:駐車場141台、トイレ44器、情報休憩コーナー、パウダールーム、体験加工室・地域交流室、レストラン、物産コーナー、農畜産・海産加工室、ファスト フード、飲食コーナー、コンビニ、備蓄倉庫、足湯、多目的用地

一緒に読んでおきたい記事

鳥取西道路が2019年5月12日に全線開通!鳥取市~米子市15分短縮2019年5月12日(日)17時に鳥取西道路の鳥取西IC~青谷IC間(延長17.5km)が開通しました! これにより、鳥取...
ABOUT ME
さっけー
さっけー
とっとりずむ編集長。1990年生まれ、鳥取県岩美町在住。鳥取の魅力をもっと多くの人に広めていくことが目的。新しいチャレンジを応援して、人と人を繋いでいきたい。趣味はマジック。