観光

[観音院庭園]鳥取市街からすぐの癒しスポット!お抹茶を頂きながらじっくりと観賞できる名勝指定庭園

観音院の境内にある国指定名勝「観音院庭園」に行ってきました。

鳥取市街周辺で癒されたいならココでしょ!というほどのヒーリングスポットでした!

この記事では、日本の名庭園と絶賛されている「観音院庭園」についてご紹介していきます。


観音院庭園へのアクセス

観音院庭園は、鳥取県庁や鳥取市歴史博物館(やまびこ館)と程近い距離にあり、無料の駐車場もあります。

中国観音霊場第32番札所である「天台宗 観音院」の境内にあり、本殿のすぐ横にある納経所が庭園拝観受付所となっています。

拝観料(550円)を払い、受付を終えたら、中へと通して頂けます。

木の机と椅子が置かれたお座敷に案内して頂けるので、そちらからお庭を拝見しましょう。

鳥取市街周辺のイチオシ癒しスポット!

お座敷の椅子に腰かけて見える景色がこちらです。

書院の正面に大きな池があり、その池を中心に自然の傾斜に石組みや植木が配置された、江戸初期の池泉観賞式庭園を楽しめます。

16時近くに訪れたこともあってか、この時にお庭を見学しているのは私しかおらず、とても静かで、この景観を独り占めしているようなとても贅沢な時間でした。

観音院庭園の紹介アナウンスが心地よく流れ、お庭を目の前にしながら耳を傾けていると、四季折々の美しい景色が目に浮かぶようでした。

なかでも、ぜひ実際に観てみたい!と思ったのは、月が山の上に昇り、水面に映るさまや、お庭が白銀に染まる雪景色。

目を閉じて想像するだけでも、その美しさが浮かび上がります。

お抹茶と茶菓子(拝観料に含まれています)も頂けるので、「和」の良さを心から堪能できます。

さわやかに吹き抜ける風や、水の音や鳥の声、葉のざわめきなど、屋内にいながら全身で庭園の美しさが感じられるので、ぜひゆっくりと過ごされてみて下さいね。

おわりに

国の名勝指定庭園「観音院庭園」はいかがだったでしょうか?

仕事柄、鳥取東部を中心に様々なスポットへ足を運んでいますが、鳥取市街に程近いこの距離で、これだけの癒しを堪能できるスポットがあったとは本当に驚きでした!

観光ではもちろんのこと、ちょっと疲れたときや落ち込んだとき、心に休養をあげたい時などにもとてもオススメのヒーリングスポットです。

四季折々の庭園美を楽しめるので、季節に関係なくぜひ訪れてみてください。

観音院庭園の施設情報

住所:鳥取県鳥取市上町162
TEL:0857-24-5641
営業時間(庭園): 9:00〜17:00
料金:観音院庭園(抹茶代含む) 一般550円、高校生以下350円
アクセス:JR鳥取駅から車で約10分、中国自動車道 「佐用JCT」ー鳥取自動車道「鳥取IC」から車で約20分・佐用から車で約1時間半

※本記事の情報は2019年4月15日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止します。

ABOUT ME
SaoRi
SaoRi
転勤族ライターで、鳥取県1年目♪ 旅・人との繋がり・お酒がとにかく大好き! 人様のご迷惑と赤ちゃんの安全を考慮した上で、「子育てママ」概念に縛られない自由旅を満喫中。グルメや観光地を中心に発信します!