【予約急増中!】松葉ガニが食べられる旅館・ホテルのプランまとめ
観光

[鳥取県立博物館]木曜日の午前中は小さな子供と一緒に芸術鑑賞を楽しみませんか? – 鳥取市

その時期によって、様々な芸術作品や展示を楽しむことができる鳥取県立博物館。

たまたま駅や街で現在行われている展示案内を見かけ、「行ってみたい!」と思っても、いつグズッて泣くか判らない小さなお子さんと一緒だと周囲の迷惑を考えて気が引けてしまいますよね。

でも、滅多にお目にかかれない貴重な機会を見送るのは、やっぱりもどかしい…

そんな小さなお子さんがいらっしゃるママさんやパパさんにとって、大変嬉しい鳥取県立博物館が会期中に行っている「いっしょにみてみて、もくようび」。

今回は小さなお子さん連れでも、気兼ねなく芸術鑑賞を楽しめる「いっしょにみてみて、もくようび」についてご紹介します。

スポンサーリンク

「いっしょにみてみて、もくようび」とは?

「いっしょにみてみて、もくようび」とは、会期中の毎週木曜日の午前中を「子どもと一緒の観賞優先時間」としている、鳥取県立博物館の取り組みの1つです。

展示室に気兼ねなく小さな子供と一緒に入ることができ、ゆっくりと作品鑑賞を楽しむ時間として設けて下さっています。

小さなお子さんがいらっしゃる方にとって、大変ありがたい時間帯です。

実際に1歳児と一緒に行ってみて…

「いっしょにみてみて、もくようび」の存在を知り、ちょうど行きたいと思っていた現在行われている『モダンアート再訪』にやんちゃ盛りの1歳児を連れて行ってみました!

優先時間と知ってはいたものの、やはりドキドキしましたが、その不安は受付時点ですぐに消えました。

受付の方が優しく丁寧にご案内してくれ、ベビーカーの無料貸出も利用させて頂きました。

特別展示室までの間には階段などもあったのですが、スタッフの方が手を貸して下さり、ベビーカーを運んでくれ、大変なことは一切ありません。

作品の観賞中も、フロアにいらっしゃるスタッフの方が代わる代わる赤ちゃんに微笑みや優しい言葉をかけて下さり、アットホームでとても居心地が良かったです。

また次回の展示にも行ってみようと思います!

おわりに

鳥取県立博物館が会期中の毎週木曜日の午前中に行っている「いっしょにみてみて、もくようび」はいかがだったでしょうか?

現在開催されている『モダンアート再訪』の次も『歌川広重の世界』と人気の展示が行われます。

この機会に、ぜひベビーカーを押して小さなお子さんと一緒に気兼ねなく芸術鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょう?

鳥取県立博物館の基本情報

■住所
鳥取市東町二丁目124番地
■電話番号
0857-26-8042
■開館時間
9時~17時
※企画展開催中は19時(入館は18時30分)まで開館する場合あり
■休館日
○毎週月曜日・国民の祝日の翌日
※月曜日が祝日の場合は翌平日が休館日
○年末年始(12月29日~翌年1月3日)
※企画展開催中は開館する場合もあり

ABOUT ME
SaoRi
SaoRi
転勤族ライターで、鳥取県1年目♪ 旅・人との繋がり・お酒がとにかく大好き! 人様のご迷惑と赤ちゃんの安全を考慮した上で、「子育てママ」概念に縛られない自由旅を満喫中。グルメや観光地を中心に発信します!