おでかけ・観光

豪華賞品あり!スマホひとつで手軽にドライブスタンプラリー

少しずつ秋の気配を感じるようになりました。

秋と言えば、芸術の秋・食欲の秋・スポーツの秋と、どこか出かけたくなるようなワクワクする言葉でいっぱい!

現在開催中のスタンプラリーは、そんな秋のお出かけにぴったりな立ち寄りスポットが盛り込まれています。

スマホがあれば、参加から応募まで無料で楽しめ、持ち物が増えることもなくストレスフリーです。

この記事では、手軽に楽しめる「中国5県ドライブスタンプラリー2022」の詳細と、立ち寄りポイント、実際に回った感想をご紹介します!

スタンプラリーに参加すると抽選で「鳥取和牛」や「松葉がに」などの豪華賞品が当たります!ぜひチャレンジしてみてください。

\豪華景品あり/
中国5県ドライブスタンプラリー2022
2022年12月23日迄

豪華賞品が当たるスタンプラリー

スタンプラリーコースをめぐり、施設のスタンプをゲット!!

条件を満たすと抽選で「鳥取和牛」や「松葉がに」などが当たります。スマホがあれば、アプリ不要でだれでも無料で参加OK!

次回使える割引チケットや、プレゼントがもらえる立ち寄りスポットがあるのも嬉しいポイントです。

実際にチャレンジした「鳥取県東部・中部の満喫ドライブコース」は、室内施設が多く、天気を気にすることなく楽しめます。

立ち寄りスポットになっている、智頭町と八頭町は紅葉スポットとしても有名で、秋のお出かけにぴったりです。

開催期間

2022年4月20日(水)~12月23日(金)

賞品

鳥取和牛、松葉がに、鳥取米、贅沢二十世紀梨ジュースなど
※コンプリート条件により、プレゼント賞品が変わります。

参加方法

ドライブスタンプラリーを開きユーザー登録する。
②参加したいドライブスタンプラリーの「参加する」ボタンを押し、ラリーに参加。
今回ご紹介した『鳥取県東部・中部の満喫ドライブコース』はこちらから参加できます。
③スタンプをゲットできる立ち寄りポイントに着いたら、位置情報を使ってスタンプをゲットしてください。
④必要数のスタンプを集めると、プレゼントに応募できます。

コンプリートの種類

【コンプリート賞】5個以上スタンプを取得でコンプリート!
【常連さんコンプリート賞】同じ立ち寄りポイントで10回スタンプで常連さんコンプリート!※一度取得して3時間後に同じ立ち寄りポイントのスタンプを取得できます。

応募締切

2022年12月23日(金)まで

抽選

2023年1月下旬ごろ

注意事項

  • 新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更・中止となる場合があります。
  • 応募フォーム1つにつき1回応募できます。
  • 当選者の住所不明などにより賞品をお届けできない場合は無効。
  • 未成年の酒類を含む賞品への応募は不可。
  • スマートフォン・タブレットからの応募に限ります。

【賞品あり】スタンプラリーの詳細はこちら

【体験記】鳥取県東部・中部の満喫ドライブコース

「鳥取県東部・中部の満喫ドライブコース」に挑戦しました。

倉吉市在住の筆者は、まず「鳥取県立山陰海岸ジオパーク 海と大地の自然館」を目指して朝9時前に自宅を出発!

その後「国指定重要文化財 石谷家住宅」「ぷらっとぴあ・やず」と回り、「吉岡温泉会館 一ノ湯」で汗を流し、夕方帰宅しました。

途中ランチを食べたり、カフェでコーヒーを飲む時間もあり、思っていたより余裕をもって楽しむことができました。

県外よりお越しの方は、1泊すると鳥取砂丘など他の定番スポットも一緒に楽しめそうです。

スタンプラリーに参加した感想

はじめて訪れたスポットでは、プチ旅行気分を味わえ大満足!

スマホの位置情報を利用すれば、到着時にポチッとクリックするだけで、スタンプを探す手間もなく、施設鑑賞に集中できます。

スタンプラリーをきっかけに訪れることができ、新しい鳥取を再発見しました。

鳥取県東部・中部の満喫ドライブコース』を満喫したので『鳥取県道の駅めぐりコース』にもチャレンジ中!

お得なスポットクーポンも利用できますので、みなさまもぜひチャレンジしてみてくださいね。

\豪華景品あり/
中国5県ドライブスタンプラリー2022
2022年12月23日迄

「鳥取県東部・中部の満喫ドライブコース」の立ち寄りポイント

国指定重要文化財 石谷家住宅

敷地面積3,000坪、部屋数は40以上、各座敷から眺められる池泉式庭園は約400坪と、優雅な気持ちで楽しむことができる大人の空間です。

入場してすぐの土間は高さ14mの吹き抜け空間で、珍しい巨木を使用した梁、囲炉裏やかまどなど懐かしい雰囲気に包まれています。

広い土間は、家族の内玄関だった場所
各部屋から見える庭は、角度により様々な顔を見せます。

 

江戸座敷にはハートの障子があり、人気の撮影スポット

 

「大山」と「隠岐ノ島」の風景が彫られた欄間や、神殿の間の格天井など、細部まで楽しめる贅沢な時間です。

表二階・表の間 大山と隠岐ノ島が彫らた欄間

国指定重要文化財 石谷家住宅の基本情報

住所:鳥取県八頭郡智頭町智頭396
営業時間:10:00〜17:00(最終入館16:30)
定休日:水曜日 ※祝日の場合は翌日
電話:0858-75-3500
JAF通年優待:入館の方、智頭杉のしおり進呈(会員のみ)

JAF通年優待:入館の方、智頭杉のしおり進呈(会員のみ)

 

鳥取県立山陰海岸ジオパーク 海と大地の自然館

山陰海岸ジオパークの地質や地形を学ぶだけでなく、日本海にくらす海の生きものを間近で観察することができます。

コンパクトな空間の中に、動物や海の生きもののはく製、化石などが展示されており、大人もワクワクする内容です。

様々な生きもののはく製を間近でみることができます

 

体験学習コーナーで火成岩や砂を観察

 

「山陰海岸ジオパーク 海と大地の自然館」の最大の魅力は、本格的な施設を無料で楽しめること!

さらに、個室の授乳室や休憩コーナーもあり、お子さま連れにもおすすめのスポットです。

海の生き物を学んだあとは、近くの海岸で実際に貝を拾って遊んでも良いですね。

鳥取県立山陰海岸ジオパーク 海と大地の自然館の基本情報

住所:鳥取県岩美郡岩美町牧谷1794-4
営業時間:9:00〜17:00
定休日:月曜日 ・国民の祝日の翌日
※月曜日が祝日の場合は翌日
電話:0857-73-1445

ぷらっとぴあ・やず

特急スーパーはくとが止まる「郡家駅」の中にあります。

「ぷらっとぴあ・やず」のある八頭町は、スズキの大型バイク「ハヤブサ」に乗るライダーの聖地としても人気のスポットです。

近代的でオシャレな駅舎では、隼(はやぶさ)オリジナル商品や、地元の特産品を購入できます。

郡家駅内にあります

 

隼オリジナルグッズが揃っています

 

ライダーだけでなく鉄道ファンにもおすすめ

 

ぷらっとぴあ・やずの基本情報

住所:鳥取県八頭郡八頭町郡家648-6
営業時間:9:15〜18:00
定休日:12月31日~1月2日
電話:0858-72-6007

吉岡温泉会館 一ノ湯

湯温51.3℃、毎分100ℓの湯量を誇る「吉岡温泉会館 一ノ湯」。

源泉かけ流し、少し熱めのお湯が疲れた身体にしみわたります。

敷地内にはペット専用の温泉もあり、小型犬から大型犬まで利用可能。(要問合せ)

散策コース「秋葉山観音巡り」を楽しむのもよし、周辺の飲食店を楽しむのもよし。

温泉だけでなく、町全体を楽しまれてはいかがでしょうか?

ペットの湯利用は、事前に問合せを!

 

温泉に入る前に一汗かきませんか?

 

吉岡温泉会館 一ノ湯の基本情報

住所:鳥取県鳥取市吉岡温泉町666
営業時間:8:00〜21:00(最終入館20:30)
定休日:無休 ※メンテナンス休館あり
電話:0857-57-0555
JAF通年優待:一般入浴料 50円引(会員含む5名まで)
スポットクーポン:入浴利用の方、次回使える入浴料半額券1枚進呈
※クーポン提示本人のみ

倉吉白壁土蔵群観光案内所

情緒のある街並みと、ゆったりと流れる時間が楽しめる「倉吉白壁土蔵群」は、国重要伝統的建造物群保存地区に選定されているエリアです。

「BREW LAB KURAYOSHI(倉吉ビール)」で販売している、鳥取県のブランド米である「星空舞」や、すぐ近くの「元帥酒造」の大吟醸酒粕を使用したビールは、お土産に最適。

その他飲食店、体験施設など鳥取らしさを感じられるお店が集結しています。

立ち寄りポイントの観光案内所

 

ゆったりと流れる時間を楽しんで

 

元帥酒造は、観光案内所からすぐ

 

地域との繋がりを感じるBREW LAB KURAYOSHI(倉吉ビール)

倉吉白壁土蔵群観光案内所の基本情報

住所:鳥取県倉吉市魚町2568-1
営業時間:8:30〜17:00(最終入館20:30)
定休日:無休 ※年末年始は時間短縮営業
電話:0858-22-1200

\豪華景品あり/
中国5県ドライブスタンプラリー2022
2022年12月23日迄

※「営業時間が違う」「閉店している」など、記載内容に間違いがありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

▼鳥取の話題の情報をお届け!

とっとりずむLINE@の登録はこちら

▼鳥取の開店・閉店情報を募集中!

鳥取暮らしに役立つ情報をお待ちしています!

▼鳥取の欲しい情報を探す

グルメ記事一覧|エリア・ジャンル別で探す

観光記事一覧|エリア・ジャンル別で探す

ABOUT ME
Avatar photo
とっとりずむ編集部
「鳥取がもっと好きになる」をテーマに鳥取の話題の情報を発信。新店舗の口コミ募集中です!
合わせて読みたい記事