おでかけ情報満載!鳥取県のイベントスケジュール2018
観光

4月7日倉吉にオープン!フィギュアの聖地「円形劇場 くらよしフィギュアミュージアム」- 倉吉市

平成30年4月7日(土)鳥取県倉吉市に日本最大級のフィギュア博物館「円形劇場 くらよしフィギュアミュージアム」がオープンします。

ひなビタ♪をきっかけにPOPカルチャーで地域活性化を図っている倉吉の新しい取り組み。

[kanren postid=”12690″]

市民の学びの場でもあった旧明倫小学校を改装してオープンするということで、多くの人から注目を浴びています。

スポンサーリンク

フィギュアミュージアムはどこにあるの?

フィギュアミュージアムの場所↓
鳥取県倉吉市鍛治町一丁目2971-2

倉吉の観光としても有名な白壁エリアの中心地から西に徒歩15分程度の場所にあります。

そのため、観光客の立ち寄りスポットにもなりそうですね。

フィギュアミュージアムについて

現存する円形校舎としては日本最古の建物の旧明倫小学校(倉吉市)の校舎を改装。

地元の人々の思い出がたくさんつまった地域のシンボル的な場所を再利用したいという声が多く、今回の「円形劇場 くらよしフィギュアミュージアム」として生まれ変わることとなりました。

クラウドファンディングも実行。目標を大幅に上回る支援金が集まりました。

施設の構想は2016年の夏頃から「まんが王国とっとり」の事業の一環としてあったようです。

参考:http://www.pref.tottori.lg.jp/item/1037340.htm

日本を代表するフィギュアを約2,000点展示

日本を代表するフィギュアメーカーの作品を中心に、TVの人気キャラクターやヒーロー、動物や恐竜、ミリタリーなどを約2,000点展示。

他にも、フィギュア制作を体験できるコーナーや、お気に入りのフィギュアをジオラマの中で撮影できる特撮コーナー、ミュージアムショップなどもあります。

旧校舎を活用してどのような賑わいが生まれるのか楽しみです!

[kanren postid=”18845″] [kanren postid=”12690″] [kanren postid=”12855″]

オープンしてすぐに取材に行ってきますので、現地レポートにもご期待ください。

レポート記事はこちら↓
[kanren postid=”26009″]

円形劇場 くらよしフィギュアミュージアムの基本情報

開館時間:9:00~17:00(夏季は18:00まで)
料 金:高校生・一般:1,000円 / 小・中学生:500円 / 未就学児(6歳未満)無料  / 団体、 障碍者割引あり
駐車場:あり(大型バス駐車可)
住所:鳥取県 倉吉市鍛治町一丁目2971-2
HP:http://enkei-museum.com

ABOUT ME
さっけー
さっけー
とっとりずむ編集長。1990年生まれ、鳥取県岩美町在住。鳥取の魅力をもっと多くの人に広めていくことが目的。新しいチャレンジを応援して、人と人を繋いでいきたい。趣味はマジック。