グルメ

[コージーズキッチン]野菜たっぷりで優しい味わいの洋食屋さん – 鳥取市

鳥取県河原町にオープンして15年目になる、地元で人気の洋食屋さんです。

洋食ではありながら、味付けは和食?と思うほどシンプル。でも素材の主張はしっかりあるので、満足のいくランチがいただけます。

お子様は鷹の爪を抜いてもらうなど細かいリクエストも可能。野菜もたっぷりで健康にいいのが魅力です。


コージーズキッチンのある場所

場所はここ↓
鳥取市河原町布袋582-3

鳥取自動車道を八頭方面に進んで、鳥取南降り口を降りてすぐにお店があります。

近くにコープの集配センターがあり、白とオレンジのコントラストの外壁が目印です。畑に囲まれた穏やかなロケーションです。

コージーズキッチン・2人~ファミリー対応の店内

店内入って右手奥は2人掛けから4人掛けを配置。

大きくとってある窓から十分な採光をしていますが、目隠しの外壁があるので気にせずのんびりできます。

厨房前のカウンターには4席ほど。

まっすぐ進んで一番奥、1段高くなったスペースは2人掛けが3席ありました。間隔も広いので2人で静かに食事するのにいいですね。

さりげなく配置してあるオブジェもかわいいです。

コージーズキッチン・豊富なランチメニュー

肉のランチ、魚のランチ、両方楽しめる欲張りランチ、限定定食が人気です。

オムライスやビーフシチューなど定番の洋食も網羅。その日の気分によって一番食べたいものを選べます。

こちらはちょっと豪華なコースメニューです。ここぞ!という大切なシーンでの食事に重宝しそうです。

コージーズキッチン・お肉のランチをいただきました

本日のお肉ランチ、鳥取県産豚肩ロースのバターソテーです。

まずはサラダとスープから。

ドレッシングは3種類から選べます。但し書きに、「やさしい味付け」とある通り、酸味も辛みもすごくまろやかで、とがったところがありません。ささやかといってもいい塩味です。

スープはやなぎまつたけのポタージュ。ふわっといい香りがします。飲み口がとろりとしているところを除けば、まるでお吸い物のような軽やかな味わいです。

メインの豚肉はカリッと香ばしい焼き目をつけて、ふんわりとした白いソースと、ラタトゥイユ風の野菜のソースがたっぷり。白いソースはお肉の下にもしいてあります。

実はこちら、なんとご飯のソースなのです!小麦粉を使わないホワイトソースですね。
日本人は昔からお米を食べてきたので、肉に合わせるのも魚に合わせるのもご飯が一番、ということでお作りになっているとのことです。

ちなみにさっきのスープもご飯でとろみをつけています。ブイヨンでリゾット風に煮たご飯をミキサーにかけて、牛乳で濃さを調節します。それでどことなく和食の趣があったのでした。

お店の方のお話「水がいいから野菜がおいしい」

お料理には通常9~10種類の野菜を使っているのだそうです。オーナーさんが野菜好きなこともありますが、「何より鳥取の野菜はおいしい」と話されていました。

千代川の伏流水は水質がよく、また土壌も豊かなため、いい野菜が育つとのこと。それに水がいいと、肉を下すときの処理もよくなるので、臭みのないおいしいお肉になるという意外なお話も伺いました。

お米を使ったソースだったり味付けを薄くしたりするのは、アレルギー対策でもありますが、どんな人にでもおいしく料理を食べてほしいから。

お客さんはみんな好みも違えば気分も違う。だからあえておすすめの一品は持たず、広く好みに応えられる調理を目指しています。

コージーズキッチンまとめ

「そういえば普段買っている野菜は、他県のものが多いな」

鳥取は水や自然がいいということは以前から知っていました。出身地でもありますし、それが普通だと思ってあまり意識していません。

ですが、ふと気づくと普段の料理で使っているのは、ディスカウントの他県産ばかりです。水がいいところではおいしい食べ物が育つ。言われてみると当たり前。

そんなおいしい鳥取県産食材で作られる洋食の数々です。苦手な野菜は抜いてほしい、アレルギーでも食べられるものを作ってほしい。

オードブルの仕出しなども提供しているので、細かい注文にも応じてくださいます。とにかくお客様目線の信頼できるお店だと感じました。

コージーズキッチンの店舗情報

住所:鳥取市河原町布袋582-3
電話番号:0858-85-3050
営業時間:11:30~14:30 (L.O14:00) / 17:30~22:00 (L.O21:00)
定休日:月曜日
HP:http://www.kozys-kitchen.com/

※本記事の情報は2019年2月27日現在のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止します。

ABOUT ME
いずみ
いずみ
鳥取市出身のウェブライターおよび2児の母およびノンプロの小説家です。とっとりずむで唯一の中年。(若干のコンプレックスあり) かつ、子育て歴10年のキャリアを通じて鳥取の子育てに役立つ情報を発信中。文学賞を取る目標に向かって、日々創作にも試行錯誤しています。  
ブログ:文学ing 森本泉の小説ブログです。
note:https://note.mu/izumimorimoto