[福本白兎神社]もうひとつの白兎神社!因幡の素兎(しろうさぎ)伝説ゆかりの神社へ|八頭町

Avatar photo
Asuka

2023年は卯年!ということで今注目されている白兎神社ですが、八頭町にもあることをご存じでしたか?

今回は、八頭町の「素兎(しろうさぎ)伝説」ゆかりの神社、「福本白兎神社」へ行ってきました。

「福本白兎神社」の施設情報

住所鳥取県八頭郡八頭町福本(MAP)
営業時間散策自由
駐車場あり(2,3台程度)

「福本白兎神社」の場所

八頭郡八頭町のJR郡家駅から徒歩15分程度の場所に「福本白兎神社」はあります。

近くまで来ると看板も設置されているので、迷うことなく見つけられます。

社は田んぼや畑に囲まれたのどかな場所に、大きな木とともに現れます。

風が通ってとてもすがすがしい雰囲気の場所です。

駐車場は隣に2,3台程度とめられます。

神社の雰囲気

青空もしっかり見られる、日の当たる場所に神社はあります。

こちらの神社は、天照大神が降臨された際に案内役を務めたうさぎを祀った神社、そのゆかりの地の一つです。

大国主と八上姫のキューピットである因幡の素兎(しろうさぎ)、狛犬としてうさぎが出迎えてくれます。

小さいながらもとても爽やかな雰囲気を感じる神社です。

五カ村の氏神として「白兎大明神」を祀っており、明治時代にご神体が一度同町宮谷(みやだに)の賀茂神社へ合祀(ごうし)されたものの、住民の強い願いで社を建てたことにより戻されたとのこと。

氏神として、住民にとってとても大切な場所なんですね。

現在、鳥居とお社の面影のみ残っていますが、社殿は同町内の「成田山青龍寺」に移築されています。

こちらでは、掘られた当時のまま残る「波うさぎ」の彫刻を見ることができるようです。

参考:http://www4.plala.or.jp/inaba-naritasan/naritachi.html

「福本白兎神社」のおすすめポイント

見晴らしの良い場所に現れる福本白兎神社は、こじんまりとした社ですが周りの自然を感じながら参拝できます。

地元に愛されている氏神として、見守ってくださっているようです。

早朝には運が良ければコウノトリも見られるようで、様々なご縁を感じられる神社ではないでしょうか。

かわいい兎の狛犬も注目です。

 

本記事の情報は20221213日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。

※写真の無断掲載・使用を禁止します。

この記事を書いた人

Avatar photo

Asuka

鳥取生まれの鳥取育ち、食べることとお出かけが大好きなワーママです。鳥取の美味しいものや素敵なところを沢山ご紹介します!