暮らし

会社を存続させるための手法!隼lab.でYahoo!会長「宮坂学」さんの講演を聞いてきました【レポート記事】

The following two tabs change content below.

さっけー

とっとりずむ編集長。1990年生まれ。鳥取の新店舗やカフェを巡るのが大好き。鳥取暮らしが楽しくなる情報を発信します!

2018年9月3日(月)八頭町の隼lab.にて、Yahoo!の取締役会長を務める宮坂さんの講演があったので行ってきました。

鳥取で誰もが知っているYahoo!という大企業の経営者、プロ中のプロの人に話が聞けるなんて、なんと贅沢なイベント。

反射的に参加の申し込みをしました(笑)

当日の様子を参加者のツイートを交えて紹介していきます。

「何か大きなことをやりたい!」宮坂さんについて

宮坂さんはもともとは社長になりたくてYahoo!に入社したわけではなくて「インターネットが使いたい!」というシンプルな理由でした。

学生の頃から抱いていた「何か大きなことをやりたい!」という思いが、やりがいを感じる会社に入社して爆発したのかもしれせんね。

そんな宮坂さんの代表的な功績の1つにスマホファーストの取り組みがあります。

時代の先を見越した施策で、これをきっかけに業績が急増しました。

確かにとっとりずむはスマホユーザー7割、パソコンユーザー3割と圧倒的にスマホユーザーの割合が高いです。

その傾向は今後も広がっていくと思います。

このような時代の先を見越した能力が経営者には必要とされるのです。

場所を選ばない!これから訪れる働き方とは?

今後はテクノロジーが進歩して、場所を選ばずに仕事ができるようになる

実際に僕の周りにもパソコン1台とネット環境さえあれば、どこにいても仕事ができる人が増えています。

さらに働き方も変化しています。

40年前は週休1日でしたが、今では週休2日に。

豊かさの裏には時間的なゆとりが密接に関わっています。だからこそ、ヤフーは「早く帰る!」ということを心がけています。

「会社は人が幸せになるためのリソースであって、数字をあげるためのリソースではない。そろそろ人間をリソース扱いするのをやめませんか?」

今後は人は感情に向き合った経営をしていくことが大切ですね。

とっとりずむの運営にも生かしていきます!

なぜ会社はあるのか?

人は必ず死ぬが、会社は理念さえ引き続けば、永遠と生き続ける。それが組織化する魅力の一つ

組織化することで、創始者の思いを何年先にも伝えることができます。

継続的に会社を経営していくには、目的と方法を明確にすることが大切です。

目的:理念・志・ミッション
方法:事業・イノベーション

会社を存続させていくために必要なこと

企業理念を心から信じてくれる社員を増やすことが大切です。そして、理念を遠くまで広げるためにはイノベーションが必要です

とっとりずむも複数人で運営していますが、今後はどうやって鳥取の情報を発信していけば良いのか、改めてチームで考えを共有してみようと思いました。

重要なのでもう一度、

「会社は人が幸せになるためのリソースであって、数字をあげるためのリソースではない。そろそろ人間をリソース扱いするのをやめませんか?」

会社を存続していくためには、何を売るかではなくて、企業理念を社内全体でしっかりと共有すること、社員が働きやすい環境をつくることが大事です。

年収100兆円の利益を出しても、超過労働のブラック企業だったら意味ないですよね。

中小企業の多い鳥取だからこそ、企業理念を社内で共有しやすいと思うので、ぜひYahoo!の考えを取り入れていただきたいですね。

鳥取には知られていないだけで、魅力的な企業はたくさんあります。

とっとりずむでも今後取り上げていこうと思っているので、お楽しみに!

▼他の参加者のレポートはこちら

▼今月中にとっとりずむ×Yahoo!のコラボ案件を公開します!

※「営業時間が違う」「閉店している」など、記載内容に間違いがありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

▼鳥取の話題の情報をお届け!

とっとりずむLINE@の登録はこちら

▼鳥取の開店・閉店情報を募集中!

鳥取暮らしに役立つ情報をお待ちしています!

▼鳥取の欲しい情報を探す

グルメ記事一覧|エリア・ジャンル別で探す

観光記事一覧|エリア・ジャンル別で探す

ABOUT ME
さっけー
とっとりずむ編集長。1990年生まれ。鳥取の新店舗やカフェを巡るのが大好き。鳥取暮らしが楽しくなる情報を発信します!