観光

[渡辺美術館]想像をはるかに超えたスケール!の収蔵数約3万点美術館 – 覚寺

鳥取市覚寺にある「渡辺美術館」に行ってきました。

収蔵数約3万点美術館。想像をはるかに超えていた衝撃の館内についてご紹介させて頂きます。


渡辺美術館とは?

「一目でみて日本文化がわかる美術館を作りたい!」という創設者・渡辺元(はじめ)さんの想いから誕生した渡辺美術館。

館内には、渡辺元が昭和初期から約60年にわたって収集した古美術品が約3万点も収蔵されており、甲冑を中心に、バラエティに富んだ美術品が展示されています。

こちらの美術館は、なんと館内での写真撮影が自由に許されています。撮影ばかりか展示品のスケッチや、ものによっては手に触れることもできます。

ミュージアムでは大変珍しいことですが、そこにも「地域社会の教育文化の向上と振興、埋もれた地域文化の顕著に努める、限りなく開かれた施設」という創設者の強い想いが込められていました。

「本物をみて、ふれることで、教科書だけでは知ることができない歴史や文化を直接感じてほしい」という渡辺元の意志が今もなお反映され続けている美術館です。

(※「」内は渡辺美術館館内の展示資料から引用)

想像をはるかに超えた広さの館内

見出しにも書かせて頂きましたが、館内は想像をはるかに超えた広さでした。

道路や駐車場から見える建物の外観は正面部分だけで、その奥行きはわかりません。

また、外から見た限りでは1階建てのように見えますが、実際は2階まであり、隅々まで展示品が飾られています。

じっくりと観たい方は、時間に余裕をもって行くようにしましょう。

想像をはるかに超える展示品の多さ

「約3万点の収蔵数」と聞き、展示品が多いのだろうとは想像していましたが、これほどまでに多いとは思っていませんでした。

仕事を中心に美術館や博物館にもよく訪れるのですが、この展示品の多さには正直驚きました。

館内撮影OKという貴重な美術館なので、デジカメやスマホカメラなどでの撮影を考えていらっしゃる方は、ぜひ容量と充電を万全の状態にしておきましょう。

一番印象に残ったのは「甲冑」

館内には、現代作家作品の現代作品コーナーや、生活用品などの古民具コーナー、石器や土器などの古代コーナーや、古銭コーナーなどなど、本当に数多くの展示品があり、ここで全てを紹介することはとてもできません。

ですので、今回は筆者が一番印象に残った「甲冑」にしぼってご紹介させて頂きます。

渡辺美術館で展示されている甲冑は、平和な江戸時代につくられたものが多く、嗜好を凝らせたデザインと、贅を尽くした銘品の数々を見ることができます。

甲冑に全く詳しくない筆者が、なぜ数ある展示品のなかで甲冑が一番印象に残ったかというと、それは展示数の多さです。

1階にも、

2階にもあります。

とにかく様々な時代、様々なジャンルの甲冑が所狭しと展示されています。なかでも、一番驚かされたのは、甲冑と一緒に集合写真が撮れる記念撮影スペースです。

惜しみなく甲冑が用いられているこの光景は圧巻です。

1人1,000円で甲冑着付け体験撮影も実施されているので、興味がある方はぜひスタッフさんに声をかけてみて下さいね。

おわりに

想像をはるかに超えるスケールで楽しめる「渡辺美術館」はいかがだったでしょうか?

1回の訪問でじっくり観賞するのもいいですが、何度訪れても新しい発見や楽しみが見つかる美術館だと思います。

ぜひ、実際に足を運んで想像をはるかに超えるスケールを体感してみてください!

※本記事の情報は2019年2月22日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止します。

ABOUT ME
SaoRi
SaoRi
転勤族ライターで、鳥取県1年目♪ 旅・人との繋がり・お酒がとにかく大好き! 人様のご迷惑と赤ちゃんの安全を考慮した上で、「子育てママ」概念に縛られない自由旅を満喫中。グルメや観光地を中心に発信します!