【求人】未経験OK!創業35年の安定企業で働きませんか?

【開店】[自家焙煎 ワク珈琲]2023年5月30日オープン!人々の暮らしを感じられる町のコーヒー屋さん|琴浦町

イベント出店や、ショッピングセンターアプト内で営業していた「WAKU coffee」が、店舗名を改め「自家焙煎 ワク珈琲」となり、2023年5月30日にオープンしました!

場所は、世界的に有名な彫刻家「流政之氏」の作品「波しぐれ三度笠」のすぐ近く。

地域の人々の暮らしと、町並みを感じられる町のコーヒー屋さんは、優しさに溢れた場所でした。

目次

「自家焙煎 ワク珈琲」の基本情報

住所 鳥取県東伯郡琴浦町赤碕1574(MAP
営業時間 10:00〜17:00
定休日 日曜日、第1・3月曜日
※臨時休業などはInstagramでお知らせ
駐車場 向かいの町営駐車場を利用(無料)
公式HP 自家焙煎ワク珈琲
SNS Instagram

琴浦町赤碕の旧道沿い、落ち着いた店構えが町の風景に溶け込んでいます。

専用駐車場はありませんが、お店の目の前にある町営駐車場が利用可能です。

駐車場の先には琴浦町のモアイ!?ではなく、彫刻家「流政之氏」の「波しぐれ三度笠」。

こちらも1度は見ておきたい作品です。

店内の様子

店内入って左手には、ギフト商品のサンプルやコーヒーグッズが並んでいます。ドリップタイプのコーヒーは、以前から人気の商品です。

自宅で本格アイスコーヒーが飲める、水出しコーヒーは暑い夏にぴったり。

イートインは、入り口すぐ横の2名席とカウンターのみ。

丁寧にハンドドリップされる様子を見ながら、ほっこり一息つける空間です。

メニュー

入り口正面で注文とお支払いを先に済ませます。コーヒーのほか、いちごミルクやオレンジジュースもありました。

ホットコーヒーは、レジ横に並んだ豆の中から選ぶことができます。

浅煎りから深煎り、デカフェなど豊富な種類で、どれにしようか悩むのも良き時間。

わからない場合でも、それぞれの特徴を丁寧に教えてくださるので安心です。ぜひお気に入りの1杯を見つけてくださいね。

実際にいただいたメニュー

ホットコーヒー kotouraブレンド山

お店の方との会話を楽しみながら選んだ「kotouraブレンド山」は、ガツンとした苦味が好きな方におすすめです。

町の名前が使われているところも個人的に高ポイント!

手に馴染むぽってりとした形のカップは「国造焼」のもの。

なめらかな口当たり、後からじんわりと苦味の余韻が広がるコーヒーは、活動的になるお昼前にぴったりのお味です。

淹れたてももちろん美味しいのですが、後半になるにつれ少し印象が変わってきます。

しっかりとした苦味と同時に、柔らかさも感じられお店の方のやさしさが、そのまま伝わってくるようです。

コーヒーゼリー・オレ

同伴者は「コーヒーゼリー・オレ」をチョイス。いちごミルクと悩んでいましたが「売り切れることが多い」のひと言で即決しました。

とろっとろのコーヒーゼリー、コーヒとミルクの絶妙なバランスで人気なのも納得!!

「自家焙煎 ワク珈琲」のおすすめポイント

店舗を構える場所を探していたころ、解体されそうになっていた今の建物に、「いいタイミングで出会えました」とのこと。

そのように話される姿を見ていると、「自家焙煎 ワク珈琲」のおふたりが、ここに立つことを待っていたかのようにも感じられました。

お客様ひとりひとりを大切にされる気遣いに、はじめてだったことを忘れる居心地の良さと、おいしいコーヒーを堪能しました。

好みを伝えることで、いくつか提案をしてくださるので、お気に入りの1杯に出会えます。

ギフトにも対応していますので、自分のお気に入りをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

※本記事の情報は2023年7月22日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。

※写真の無断掲載・使用を禁止します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

鳥取の美味しい物、地酒、自然スポットなど、大好きな鳥取のええとこを皆さまに発信したいです( ・ㅂ・)و

目次