【求人】未経験OK!創業35年の安定企業で働きませんか?

大迫力の砂像×プロジェクションマッピングが堪能できる!12月24日(日)まで開催中の「砂と光の幻想曲 ザ・ドリーム・オブ・エジプト」を見てきました!|鳥取市

12月9日(土)~12月24日(日)の16日間はクリスマス特別企画として、砂像×プロジェクションマッピング「砂と光の幻想曲(ファンタジア) ザ・ドリーム・オブ・エジプト」が上映されています。

プロジェクションマッピングは4年ぶりの開催となり、期待が高まります!

砂像彫刻家が生み出す巨大な砂像と、音と光が織りなす大迫力の映像美を堪能できる「砂の美術館」の魅力をご紹介します。

目次

「ザ・ドリーム・オブ・エジプト」の開催概要

開催期間 2023年12月9日(土)~24日(日)
開催場所 砂の美術館 展示室内(2階展示フロア、3階回廊) ※屋内ですが、暖かい服装のご来館がおすすめです
上映時間 平日16:00~19:30(全8回)/土曜・日曜16:00~20:00(全9回)
各回時間割 ①16:00 ②16:30 ③17:00 ④17:30 ⑤18:00
⑥18:30 ⑦19:00 ⑧19:30 ⑨20:00(⑨20:00の上演は土日のみ)

プロジェクションマッピング開催期間中15:30以降ご来館の小学生以下の方には、オリジナルポストカードのプレゼントもあります。(各日先着50名)

「ザ・ドリーム・オブ・エジプト」の見どころをご紹介!

音楽と共に、オープニング映像が映し出されました。

テーマは「The Dream of EGYPT(ザ・ドリーム・オブ・エジプト)」

ナイル川に育まれたエジプトの神話と古代王朝の物語をテーマにした映像ショーです。

太陽をつかさどるエジプト神・ラーの化身、「ハヤブサ」に導かれて物語は始まります。

(将軍と王女)

(近隣諸国との戦い)

ダイナミックに動く映像に圧倒されました!

(鮮やかに色づく砂像)

ピンクや黄色で鮮やかに彩られた砂像が美しかったです!

音と光に合わせて繰り広げられる映像は、大迫力で圧巻でした!

見終わった後は、思わず拍手が…。

ぜひ実際の目で見て耳で聴いて、体感していただけたらと思います!!!

※上映時間は約8分間

「鳥取砂丘 砂の美術館」も通常時もあわせて紹介

住所 鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17(MAP
営業時間 平日・土曜 9:00~17:00  日曜 9:00~17:00 (最終入館は閉館30分前)
※2023年12月9(土)~12月24日(日)のみ【平日・土曜】 20:00 【日曜】 20:30  閉館
定休日 なし
※2024年1月4日~4月18日は次回展覧会の砂像制作のため休館
駐車場 美術館前駐車場 34台(うち大型4台)
展望台駐車場 184台(うち大型4台)
電話番号 0857-20-2231
公式HP 鳥取砂丘 砂の美術館
SNS Instagram Facebook X(旧Twitter)

鳥取の観光名所「鳥取砂丘」からは車で約2分の距離にあります。

館内の様子

ご入場は、メインゲートから。廊下をまっすぐ進むと、左手に受付があります。

砂像の屋内展示には、2階から入ることができます。

階段、エスカレーターどちらからでも行くことができますよ。

砂像紹介

入り口を入ると、ルクソール神殿のラムセス2世像が出迎えてくれます。

高さは3~4mあるのではないでしょうか。圧巻です。

順路に沿って進むと、「カイロのバザールの風景」「ナイル川」「古代エジプトの生活」などの砂像が並んでいます。

古代エジプトの人々の生活が垣間見れます。

「ツタンカーメン王の墓の発掘シーン」の砂像です。

細部まで細かく彫られていて、様子が手に取るように感じられます。特に手前の像の装飾が…細かすぎて感動です!!

クリスマス特別企画のプロジェクションマッピングは、こちらの「アブ・シンベル大神殿」と「ギザのピラミッドと大スフィンクス」の砂像作品に投影されます。

※上映時間中は一部の通路に立ち入りが制限されますので、ご注意ください。

また、小さなお子様とその保護者様は、前方に特別席があるので安心してみていただくことができます!

「ナポレオンの遠征とロゼッタストーンの発見」の砂像です。

歴史を感じられ、学びにもつながることができる砂像作品が、屋外展示含めて22点展示されています。

屋内展示室の最後は猫の姿で描かれ豊穣の女神・多産の象徴として信仰された神「バステト」の砂像。

砂像と並んで記念撮影をされている方もいました!

屋外施設の様子

(ミイラと来世信仰)

屋外にも砂像作品が展示されています!

鳥取砂丘を一望できる展望台や、「幸せの鐘」もありますので、天気のいい日はお散歩してみてもいいかもしれませんね。

「鳥取砂丘 砂の美術館」のおすすめポイント

14回目を迎える2022年~2023年のテーマは「砂で世界旅行・エジプト編」

砂像はのりや凝固剤を使用せず「砂と水」だけで作られていて、展示が終わると砂像を一度崩して元の砂に戻し、また同じ砂で新たな作品が作られています。

まさにエコな作品です。

一つ一つ丁寧に作られた砂像は、砂像彫刻家たちの巧みな技術と思いがギュッと込められています。

同時開催中の「鳥取砂丘イリュージョン2023」もぜひお楽しみください。

敷地内にあるお土産屋さんには、砂で作られたグッズや鳥取のお土産があるのでぜひチェックしてみてください!

※本記事の情報は2023年12月8日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。

※写真の無断掲載・使用を禁止します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「鳥取がもっと好きになる」をテーマに鳥取の話題の情報を発信。新店舗の口コミ募集中です!

目次