[スタミナ納豆]学校給食から生まれた鳥取県中部のソウルフード

Avatar photo
たかお

30年ほど前に学校給食で提供されて以来人気の「スタミナ納豆」を、手軽に家庭で食べられる商品があり試してみました。

忙しい朝にピッタリの商品です。

スタミナ納豆とは?

納豆が苦手な子どもが、納豆をおいしく食べられるよう栄養士が考案したメニューです。

鳥取県中部在住の筆者も、スタミナ納豆で納豆を克服し、家でも作って!!と母にせがんだ思い出があります。

隠し味のタバスコがポイントで、甘辛いタレとピリッとした後味が特徴です。

実際に購入した商品

開発した寿製菓は、「スタミナ納豆は鳥取県中部地区の子どもたちのためにうまれたメニュー。地域の子どもたちに還元したい」と、商品の売り上げの一部を倉吉市内のこども食堂に寄付されています。

チューブになっていますので、お好みの量に調整できます。

手抜きも大事ということで、納豆のパックに直接「スタミナ納豆のもと」を投入!!

そのまま箸でグルグルかき混ぜます。

あとはご飯にのせるだけで完成!5分もかからず、ご馳走ができました。

今回は三朝町の大粒納豆「神のつぶ」を使用しましたが、学校給食はひきわり納豆を使用されています。

ネギを添えると彩もよくなりました!懐かしの甘辛い味付けに、ご飯がモリモリ進みます。

醤油ベースのお味になっておりますので、ご飯だけでなく冷ややっこに乗せたり、チャーハンに加えてもおいしくいただけそうです。

またタレの量も調整しやすく、自分好みの割合を探す楽しさもあります。

スタミナ納豆を食べたことない方はぜひ試してみてください!

「スタミナ納豆のもと」を購入できるお店はこちらをご覧ください。

この記事を書いた人

Avatar photo

たかお

鳥取の美味しい物、地酒、自然スポットなど、大好きな鳥取のええとこを皆さまに発信したいです( ・ㅂ・)و