グルメ

[SHIMATORI(シマトリ)]本と可愛い雑貨に囲まれたカフェ!季節のパンケーキを食べてきました – 米子市

米子市新開にある、SHIMATORI(シマトリ)のカフェに行ってきました!

今回のお目当ては、季節ごとに期間限定で登場する「季節のパンケーキ」を食べるためです!

さっそく、お店の場所や雰囲気、季節のパンケーキを含めたメニューなどについて紹介していきます。

SHIMATORI(シマトリ)の場所

SHIMATORI米子店は、米子市新開にある本の学校内にあります。

場所はここ↓
米子市新開2-3-10 本の学校

最寄りのバス停までは徒歩約1分ですが、米子駅からは車で20分ほどかかります。

お店前には大きな駐車場があるので、米子市内のバスに詳しくない方は現地まで車で行くことをおすすめします。

店内の様子

カフェがある本の学校内は、その面積の多くが書店となっています。

奧のほうには、贈り物などにもピッタリな可愛い雑貨などが販売されているシマトリショップがあり、そのすぐ隣がシマトリカフェになっています。

木の温もりあふれる店内で、中央に大きなテーブル席があるほか、少人数で過ごせる2人用の席や1人でもゆったりと過ごせるカウンター席もありました。

店内ではWi-Fiが使えるとのことで、電源がある席も数多くあったので、作業をしながらカフェタイムを過ごされている方も数多くいました。

他にも書店で購入した本を読みながら過ごすこともできるので、お友達とのランチやカフェタイムにはもちろんのこと、1人時間をゆったりと過ごすのにもオススメの場所です。

メニューの紹介

カフェの営業時間は9:00~21:00(L.O. 20:30)まで。

ハンバーグやチキン南蛮プレートなどの食事メニューをはじめ、スイーツメニューの多くが11時からの販売となっていました。

他にも、その季節ならではのシーズンメニューが豊富に用意されているので、行くたびに新たなメニューや楽しみと出会えそうなお店です。

季節のパンケーキを頂きました!

夏のシーズンメニューの1つ、季節のパンケーキ「瀬戸内レモンのパンケーキ」を頂きました!

季節のパンケーキ(ドリンク付き)1,200円

6月から9月のあたまくらいまで販売されていた期間限定のメニューで、パンケーキに爽やかな口当たりの瀬戸内レモンシャーベットが添えられた、暑い夏にピッタリのメニューでした。

「しまね」と「とっとり」のハーフである「シマトリ」さんが描かれた、見た目も可愛らしいパンケーキはふわふわで、すっきりとしたレモンクリームとレモンチーズホイップ、メープルシロップとの相性は抜群でした!

期間限定メニューのため今はもう食べられませんが、また来年の夏に登場してほしい、とっても美味しいメニューでした♪

おわりに

シマトリの期間限定メニュー、季節のパンケーキ「瀬戸内レモンのパンケーキ」のご紹介はいかがだったでしょうか?

今回ご紹介させて頂いた「瀬戸内レモンのパンケーキ」は既に販売終了していますが、現在は新たな季節のパンケーキ「梨とキャラメルのパンケーキ」が登場していて、注目を集めいています。

山陰の秋の味覚の代表である二十世紀梨を使ったパンケーキで、添えられているキャラメルソースとナッツとの相性がまた抜群だそうです!

夏の季節のパンケーキを食べられた方も、食べ逃してしまった方も、ぜひ新たな季節のパンケーキを食べにシマトリへ行ってみて下さい!

SHIMATORI(シマトリ)の店舗情報

住所:米子市新開2-3-10 本の学校
営業時間:9時〜21時(L.O.20:30)
電話:0859-21-4050
HP:https://www.shimatori.net/

※本記事の情報は2019年8月22日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止します。

ABOUT ME
SaoRi
SaoRi
転勤族ライターで、鳥取県1年目♪ 旅・人との繋がり・お酒がとにかく大好き! 人様のご迷惑と赤ちゃんの安全を考慮した上で、「子育てママ」概念に縛られない自由旅を満喫中。グルメや観光地を中心に発信します!