鳥取県のイベントスケジュール2018年!鳥取のお出かけ情報が満載
東部エリア

お手頃価格の親がに丼!あじろカフェなだばたで食べる冬の味覚!

岩美町網代のあじろカフェなだばたで、鳥取の冬の味覚『親がに丼』を食べてきました!

親がにの漁期(11月上旬〜12月下旬)のみ提供。

親がにを2杯使った丼。かにの身、内子、外子などが入っています。

こんな贅沢な丼が税込1,500円なんてお得すぎです…

小サイズだと1,000円で食べられます!

醤油をかけていただきましょう!

鳥取でランチタイムに1,000円代で親がに丼が食べれるお店は少ないと思います。お手軽に親がに丼を食べたい人におすすめです。

鳥取の親がに丼といえば、あんべが有名ですが、贅沢に親がにを使っているだけにお値段が3,500円とちょっと高いんですよね。

[味暦あんべ]地元民も絶賛!親がにの身、みそ、内子、外子が凝縮された究極の丼。- 鳥取市鳥取のあんべで食べれる親がに丼をご存知ですか? 親がにを8〜10杯使用した贅沢すぎる丼。 鳥取駅近くのお店「味暦あんべ」でカニの...

あじろカフェなだばたの親がに丼は「そんなに量はいらないけど親がに丼をちょっと味わって見たい!」という人にぴったりです。

また、親がに丼は手作業で身を取り出したりと料理に手間がすごくかかるので、大人数で行くときは事前に予約してから行くと親切だと思います。

鳥取ならではの冬の味覚をぜひ食べに行ってみてください。

あじろカフェなだばたの詳細情報

関連ランキング:カフェ | 大岩駅岩美駅

※本記事の情報は2018年11月10日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止します。

ABOUT ME
さっけー
さっけー
とっとりずむ編集長。1990年生まれ、鳥取県岩美町在住。鳥取の魅力をもっと多くの人に広めていくことが目的。新しいチャレンジを応援して、人と人を繋いでいきたい。趣味はマジック。