先着400名様!鳥取観光で使える1万円の宿泊引きクーポンを楽天トラベルで発券中
東部エリア

[オーガニックスタイル水越屋]「より自然な物を」がコンセプトのオーガニック雑貨店

鳥取市内で長く繊維洋品店を営んだあと、7年ほど前に今の業態となった雑貨屋さんです。

取り扱っているのは、体に入れても安全なもの、石油由来ではないもの、毒素のない、病気にならないものが中心です。

2階はセルフカフェにもなっていて、お店で買ったお菓子やお茶をそのままいただくことが出来ます。

スポンサーリンク

水越屋・場所

鳥取駅前のアーケード外サンロード内にあります。

住所:鳥取市栄町621

水越屋・外観

大きく開いたガラス戸の入りやすいお店です。

鳥取県内産商品も多く取り扱われていることが分かりますね。

水越屋・店内の様子

体に良いものを選び、病気の原因になるような化学薬品などを使わない商品が多く陳列されています。

こちらは重ね履きソックスという商品です。体温とは上半身と下半身の温度差があるとうまく血が巡らなくなるそうです。足元を温めて体温を高めることで、それを改善できると聞きました。

こちらは赤ちゃんにも使える粘土(クレイ)の入浴剤。保湿クリームとしても使えるようです。

粒子がとても細かく、肌に優しいのが特徴です。

水越屋さんではクレイ化粧品に力を入れています。

化粧水、日焼け止め、パックなど品数は豊富。中でもおすすめはクレイパックです。

クレイはマイナスイオンを帯びているのですが、体内の老廃物や毒素はプラスイオンを帯びているので、パックすると電位差に引かれて高いデトックス効果が得られるのだそうです。

15分2000円からでクレイセラピーも受けられるので、お店に問い合わせてみてください。美肌効果もあるそうですよ。

「日本人には塩が足りない」という印象的なキャッチコピーが目を引きました。工業生産された塩は、ミネラル分を含んでいないので健康維持の効果が薄いのだそうです。こちらは自然な製法で作られたお塩。こうした塩分は、体に入っても恒常性が働き、高血圧などになりにくいのだと伺いました。

こちらはいわゆる「じげのもの」。大山などで生産されているほうじ茶や紅茶です。

水越屋さん・お店の一押し

ベビーマグちゃんといういうこちらの商品。ネットに入ったマグネシウムの粒子で、なんと洗剤を入れなくても洗濯が出来るのだそうです!

高い洗浄力と消臭に加えて、洗濯槽も同時に洗える優れもの。赤ちゃんの肌着など、繊細な物を洗うのにも適しています。サイズも3キロ用からありますので、用途に合わせて買い置いてもいいですね。

水越屋さん・セルフカフェ

500円払うとこちらのコーヒー、紅茶などをお好きに選んで、

2階にあるこちらのカフェスペースで飲むことが出来ます。セルフサービスでお代わり自由です。

書籍コーナーには、おばあちゃんによる食の知恵を集めた本などが揃っていました。

お店の方の話「体はうそをつかない」

創業は1949年。戦後、ものがなかった時代に、繊維製品を中心に取り扱う昔風の何でも屋さんとしてスタートしました。

現在の業態にシフトしたのは、なんとオーナーさんの勘。

婦人服業界の不振を受けて、新しいお店で扱う物を考えたとき、オーガニック商品を選ばれたのだそうです。

「体はうそをつかない」。

病気になるのは、自然に逆らった病気になりやすい生活をしているから。その原因を取り除いて、体が生きやすい自然なスタイルに近づけてあげると、おのずと健康になる。

そのために、工業化された商品は出来るだけ扱わない。それがお店のコンセプトのようでした。

買った物・子どもも安心なおやつ

子どものおやつにおすすめ、と言われて購入することにした、塩味の芋けんぴと蒸し大豆です。

塩けんぴは本当においしいです!とのことなので、子どもに上げるのが楽しみです。お豆のほうは既に火が通っているので、このまま食べたり、サラダに入れたり、豆ご飯にしてもいいそうです。

イソフラボンも豊富なので女性が食べても肌の不調を改善できますよ。

水越屋・まとめ

体に優しい、肌に優しい、赤ちゃん、子どもにも優しい。悪い物を遠ざけて自然に近い食べ物や調味料で病気にならない体を作る。

疲れが溜まるのは、肩が凝るのは、痛みが出るのは、ナチュラルな状態に逆らっているから。普段いかに不自然な生活を送っているのか考えさせられました。

お子さんをお持ちの家庭は、どんな商品があるのか実際に足を運んでみてください。

水越屋の基本情報

住所:鳥取県鳥取市栄町621
営業時間:10:00~18:00
電話:0857-22-3548
定休日:水曜

※本記事の情報は2018年7月23日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止します。

ABOUT ME
いずみ
いずみ
鳥取市出身のウェブライターおよび2児の母およびノンプロの小説家です。とっとりずむで唯一の中年。(若干のコンプレックスあり) かつ、子育て歴10年のキャリアを通じて鳥取の子育てに役立つ情報を発信中。文学賞を取る目標に向かって、日々創作にも試行錯誤しています。  
ブログ:文学ing 森本泉の小説ブログです。
note:https://note.mu/izumimorimoto