【開店】2022年11月18日オープン![みろくCAFEアナベル]地採れ野菜とジビエのお店|三朝町

Avatar photo
たかお

2022年11月18日三朝町に新しいカフェがオープンしました!

「とにかく三朝が大好きなんです!」と愛の溢れたオーナーのおもてなしに心温まります。

お子さま連れにうれしいキッズスペースなど合わせてご紹介します。

「みろくCAFEアナベル」の基本情報

住所鳥取県東伯郡三朝町大柿593-1(MAP
営業時間11:00~14:00
定休日日~木曜日
駐車場あり
電話番号080-2936-3129
SNSInstagram

道の駅楽市楽座のよこ、「田舎茶屋 縁満」の跡地です。

駐車場は広く楽々停めることができます。

店内の雰囲気

入り口で靴を脱いであがるスタイルで、店内は広々、天井が高く開放的な空間です。

店内に入ると、面々の笑みで出迎えてくださいました。

これだけでも嬉しいのですが、「どうぞ中へ入ってください。寒いから暖まってくださいね」とのお言葉をいただき、居心地の良さを感じました。

朝採れのブロッコリー、みずみずしくておいしそうです。

お子さま連れにうれしい、キッズスペースもあります。

木のおもちゃを使って遊ぶイベントを不定期で開催。

元保育士のオーナーが現役時代に出会った、木育インストラクターを招き、お子さまがじっくり遊べる時間を提供します。

この投稿をInstagramで見る

 

河村淑美(@anabell0614)がシェアした投稿


木のおもちゃが安全で、子供に優しいと分かっていても、価格などの事情で諦めた経験から、気軽に遊んでもらいたいとの思いが詰まっています。

テーブル席からは、お子さまが遊ぶ姿を見ることができ安心です。

メニュー

「みろくCAFEアナベル」で使用されている食材は、ほとんどが自家製です。

お野菜やお米は、ご夫婦で育てたものが中心、シカやイノシシは、ご主人が三朝の山で猟をし捕れたものをご自身で捌き調理されます。

自然からの恵みですので、営業日により料理内容が変わることがあります。

鳥取県産のハーブティなど、地元のものを中心としたドリンクメニューです。

実際にいただいたメニュー

みろくランチ

極上の評価を獲得した自慢のお米、クリームシチュー、シカのロースト、小松菜のナムル、大根のお漬物のセットです。

ジビエと聞くと抵抗のある方も多いのではないでしょうか?

ジビエの中でもシカ肉は、たんぱくで食べやすく低カロリー、さらに鉄分が豊富で女性におすすめの食材です。

新鮮なうちに処理が施されているため、臭みもなく言われなければシカ肉だと分からないほど美味しくいただけます。

添えられたキャベツの甘酢漬け、ブロッコリーも鮮度が良くシャキシャキとした歯ごたえが心地よいです。

ナムルやお漬物も手作り感のある、やさしいお味で丁寧に作られていることが分かります。

寒い日にうれしいクリームシチューで身体が温まります。

チャイティ

食後にチャイティをいただきました。

甘いチャイが苦手なことを伝えると、快く対応してくださいました。

お菓子と一緒にいただきゆっくりでき、大満足です。

「みろくCAFEアナベル」のおすすめポイント

来てくださったお客様を全力でおもてなししたい!という気持ちがあふれ出ているオーナー。

料理、おもてなし、イベント内容など全てにおいて、愛を感じるお店です。

今回いただいたシカのローストの火の通り加減も、お客様の様子や反応を見ながら少しずつ微調整をされています。

生きてきた環境により、味に変化があるジビエは、毎回同じ味を作り出すことが難しいそうですが、本来はそれが自然の姿であると筆者は感じました。

自然からのエネルギーをいただきに、「みろくCAFEアナベル」を訪れてみてはいかがでしょうか?

※本記事の情報は2022年12月2日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。

※写真の無断掲載・使用を禁止します

 

 

この記事を書いた人

Avatar photo

たかお

鳥取の美味しい物、地酒、自然スポットなど、大好きな鳥取のええとこを皆さまに発信したいです( ・ㅂ・)و