東部エリア

[石谷家住宅]ハート型の障子が可愛らしい!秘密がいっぱいの国の重要文化財へ – 智頭町

八頭郡智頭町に建つ、国指定重要文化財「石谷家住宅」に行ってきました。

歴史を感じさせる上品なお部屋の数々や、四季折々の景色を楽しめる美しい庭園などのほか、ハートの可愛らしい障子が話題を呼んでいます。

さっそく「石谷家住宅」について、歴史や見どころ、ガイドさんに教えて頂いたお屋敷の秘密など、注目ポイントについてご紹介していきます。

石谷家住宅とは?

石谷家住宅は、 江戸時代、参勤交代の宿場町であった智頭宿の因幡街道沿いに建っています。

3,000坪もある敷地面積の中に40以上もの部屋と7つの蔵があり、その一部が一般公開されています。

邸宅内では江戸~昭和という長い歴史の重なりを見ることができ、大変貴重な和風建築として、2009年10月に国の重要文化財にも指定されています。

国内はもちろんのこと、国外からも旅行者が訪れる、智頭宿を代表する観光スポットの1つです。

邸宅内の見どころ

では、さっそく邸宅内を見学していきましょう。

邸宅に入ると、まず始めに目に飛び込んでくるのは高さ14メートルもある広大な吹き抜け空間の土間です。

様々な道具が展示された土間を通り、段を上ると、家族の内玄関や出入りの人達と家人との情報交換の場として使われていた囲炉裏の間につながっています。

この囲炉裏の間から厳かな廊下を進み、1階や2階の各部屋に続きます。

主人の間や、新建(しんだて)座敷、太鼓橋など、本当に多くの見どころがあるのですが、なかでも一番のオススメはやはり江戸座敷です。

江戸座敷は、石谷家住宅の紹介やパンフレットなどによく使われる写真のお部屋で、ハートの障子が可愛らしく、撮影スポットとしても特に人気です。

また、こちらはお庭が一番よく見えるお部屋でもあり、庭園内を流れる滝もばっちり見え、春・夏・秋・冬とそれぞれ異なる美しい景色を楽しめます。

1階・2階の他のお部屋と合わせて、ぜひじっくりと見学されていって下さいね。

ガイドさんに教えてもらったお屋敷の秘密

実は、石谷家住宅は様々な秘密が隠されたお屋敷でもあります。

それらの秘密はパンフレットなどにも載っていなく、ガイドさんだからこそ知っているものが多数です。

例えば、土間の壁にかけられているこちらのボタン。

実はこちらは、石谷家住宅内の幾つかの部屋に設置されている「秘密のボタン」と深い関わりがあります。

どこかの部屋で隠しボタンが押されると、その該当の部屋の札が倒れ、どの部屋で呼ばれたかが判る仕組みとなっています。

この部屋のどこかにも秘密のボタンが隠されています。

部屋に設置されている秘密のボタンは本当に判りづらい場所にあり、ガイドさんの案内のなかではボタンがどこにあるか探すゲームもされるようです。

もちろん、このボタン以外にも、邸宅内にはパンフレットなどでは公開されていない秘密の情報がたくさんあります。

石谷家住宅を訪れる際には、ぜひ、ガイドさんに色々と聞いてみて下さいね。

おわりに

国指定重要文化財「石谷家住宅」の見どころはいかがだったでしょうか?

ご紹介させて頂いたのは本当に一部のみで、他にも一般公開されているお部屋や蔵など、まだまだ見どころスポットがたくさんあります。

お友達、友人、ご家族なので、ぜひ足を運んでみてください。

※本記事の情報は2018年11月2日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止します。

ABOUT ME
SaoRi
SaoRi
転勤族ライターで、鳥取県1年目♪ 旅・人との繋がり・お酒がとにかく大好き! 人様のご迷惑と赤ちゃんの安全を考慮した上で、「子育てママ」概念に縛られない自由旅を満喫中。グルメや観光地を中心に発信します!