[宝月堂]老舗和菓子屋の作る、季節限定「いちごミルク大福」をいただきました!|鳥取市

Avatar photo
たかお

明治35年に創業し、100年以上の歴史のある「宝月堂」は、鳥取砂丘の砂をイメージした「砂の丘 ®」、波形のシルエットの「生姜せんべい」など、鳥取らしさ感じられる商品、スタイリッシュな店内と丁寧な接客で評価の高い人気店。

地域から愛され続ける老舗店の季節限定商品をいただいたので、ご紹介します。

「宝月堂」の基本情報

住所鳥取市二階町3丁目121(MAP)
営業時間9:00〜18:30
定休日日曜日
駐車場あり
電話番号0857-22-3745
公式HP宝月堂
SNSInstagram  facebook

鳥取市二階町、二階町通りに「宝月堂」はあります。はじめて訪れた筆者は、一度通り過ぎてしまいました。

入り口の暖簾を目印に、店舗に近づいたら速度を落としゆっくり進みましょう。

店舗前に4台駐車スペースがあります。

店内の雰囲気

明治35年に創業し、100年以上の歴史のある「宝月堂」の5代目店主が、試行錯誤のうえ作り上げた「MOCHI cube®」

珍しい形の四角い大福は、見た目もお味も一級品です。

店内左手には、最中や和風クッキー「砂の丘」など。

2023年の干支うさぎの商品も、ひとつから購入できます。

お目当ての「いちごミルク大福」はショーケースの中にありました。

実際にいただいた商品

いちごミルク大福

いちごミルク大福(4個入り)と干支最中を購入しました。

先ほどご紹介した「MOCHI cube®」が生まれる少し前に誕生したオリジナル商品です。(詳しくはこちら

練乳入りのミルク餡は、上品な甘さで苺の存在感があります。

ひと口で頬張れるサイズで、老舗和菓子屋が生み出した、味の黄金バランスを崩すことなく味わえますよ。

純白のベールをまとった苺、その見た目の美しさもポイントです。

干支最中

今年の干支うさぎの最中は、やさしいお顔が印象的。

中は粒あんがぎっしりで、あんこ好きにはたまらない逸品でした。

「宝月堂」のおすすめポイント

人気商品「MOCHI cube®」はもちろん、季節限定の「いちごミルク大福」も間違いないおいしさです。

ひと口サイズで、食べやすい大きさもうれしいポイント。

高級感あるパッケージは店主自らデザインした物もあり、商品にかける思いが感じられます。

4月末頃まで販売予定の「いちごミルク大福」をぜひ食べてみてくださいね。

※本記事の情報は2023年1月12日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。

※写真の無断掲載・使用を禁止します。

この記事を書いた人

Avatar photo

たかお

鳥取の美味しい物、地酒、自然スポットなど、大好きな鳥取のええとこを皆さまに発信したいです( ・ㅂ・)و