鳥取県のイベントスケジュール2018年!鳥取のお出かけ情報が満載
西部エリア

[大山参道市場]大山周辺の特産品が勢ぞろい!大山のニュースポットへ-大山町

大山寺参道沿いに、2018年5月にオープンした商業施設「大山参道市場」に行ってきました。

大山周辺の特産品やお土産を販売しているほか、地元のグルメを味わえるカフェも併設されています。

大山開山1300年という記念の年にオープンした「大山参道市場」の魅力についてご紹介します。

大山参道市場とは

大山参道市場は、2018年5月18日に大山寺の参道沿いにオープンしたばかりのニュースポットです。

実はこちらは、アウトドア総合メーカーの「モンベル」が手掛けるお店で、店内には大山周辺の特産品やお土産のほか、アウトドア用品や登山用品なども取り扱われています。

大山寺の参拝に訪れた人々や、観光に訪れた人々にはもちろんのこと、大山登山に挑まれる方にとっても大変重宝されているお店です。

それではさっそく、観光客や登山客で賑わう店内の様子をチェックしてみましょう!

大山の特産品やお土産が並ぶショップコーナー!

まずは、大山参道市場内で一番の注目コーナー、ショップコーナーのご紹介です。

大山を訪れた記念にお土産として買っていきたい銘菓や、大山特産品のハムやソーセージなど、幅広い商品が販売されています。

お土産や特産品のコーナーを抜け、奥の方まで行ってみると、アウトドア用品や登山用品も販売されています。

一番奥には、ウエア類と並んで、大山店でしか買えないオリジナルのTシャツも販売されており、大山登山の記念やお土産にオススメです。

他にも、鳥取県や地元、登山に関する本が販売されていたり、地元の民芸品なども販売されています。

紹介しきれないほど本当に多くの商品が販売されているので、ぜひ実際に足を運んでご覧になってみてくださいね。

ベーカリーカフェ SANDOで地元グルメを頬張ろう!

大山参道市場には「SANDO」というカフェも併設されており、地元の食材をつかったグルメを頂くこともできます。

店頭には、大山山麓産の小麦粉を使い毎朝店内で焼いているパンが販売されており、カフェで食べていくこともできますし、テイクアウトも可能です。

焼き立てのパンはふわふわで、頬張ると口いっぱいに優しい味が広がります。

ブリオッシュクリーム162円

また、パンとは別にショップコーナーのレジではカフェメニューの注文もできます。

焼き立てパンと特選素材のプレートや、地元食材を使用したカレーライスやスイーツ、大山ハムのソーセージ盛り合わせなど、種類豊富なメニューが取り揃えられています。

大山チキンカレー972円

どのメニューも、地元食材をたっぷりと使用したメニューばかりなので、ぜひ木の温もりあふれる落ち着いたカフェスペースで、ホッと一息ついていって下さいね。

おわりに

2018年にオープンしたばかりの、大山のニュースポット「大山参道市場」の魅力はいかがだったでしょうか?

大山のお土産や特産品をはじめ、アウトドア商品や登山用品なども販売され、更には地元食材を使用したグルメも楽しめるという嬉しさです。

観光や登山などで大山に訪れた際には、ぜひ足を運んでみて下さいね。

大山参道市場の基本情報

住所:鳥取県西伯郡大山町大山23-1
電話:0859-52-6020
時間:10:00~18:00 5月~11月の土・日曜と祝日は7:00〜18:00
休日:なし(年中無休)

※本記事の情報は2018年10月27日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止します。

ABOUT ME
SaoRi
SaoRi
転勤族ライターで、鳥取県1年目♪ 旅・人との繋がり・お酒がとにかく大好き! 人様のご迷惑と赤ちゃんの安全を考慮した上で、「子育てママ」概念に縛られない自由旅を満喫中。グルメや観光地を中心に発信します!