観光

[夢みなとお化け屋敷]夏の風物詩!期間限定お化け屋敷に家族で挑戦!- 境港市

夢みなとタワーで毎年夏に開催されている、期間限定のお化け屋敷に家族でチャレンジしてきました!

暑い夏にオススメの、肝がヒヤッと冷える怖さと、その魅力についてご紹介します!


開催場所と開催期間について

毎年夏に行われている「夢みなとお化け屋敷」は、境港市にある日本一低いタワーとして有名な「夢みなとタワー」で開催されています。

4階の企画展示室が会場となっているのですが、中央のエレベーターでまずは3階まで行き、そこからお化け屋敷専用のエレベーターに乗り換えて4階へと向かいます。

夢みなとタワーの入館料とは別に、その場で入場料を支払います。料金は、小学生以上が200円で、幼児は無料です。

2019年の開催期間は、7月13日(土)~8月18日(日)です。午前10時~午後5時(入場は閉場30分前まで)となっています。

毎年人気のイベントなので、この期間にぜひ訪れてみて下さい!

開催日初日の様子

今回は、家族で開催日初日に行ってきました!

夏休み前ということや、開催日当日ということもあってか、想像していたよりは混んでいませんでしたが、それでも列ができて、入場待ちをされている方が数多くいらっしゃいました。

現段階でこの混みようでしたら、夏休み突入後やお盆休みは、もっともっと長い列になっているのではないかと思います。

受付のお姉さんに「結構怖い?どのくらい怖い?」と恐る恐る尋ねてるお子さんや、「怖いからママは外で待っているね」というお母さん、「パパがいるから大丈夫だぞ」と心強いお父さんなど、入口前の様子はそれぞれで、順番待ちをしている間、少し微笑ましい気持ちになりました。

にこやかな気持ちもつかの間、私たち家族の順番がまわってきました!息子はお化け屋敷初チャレンジ!

入る直前になると好奇心が消え、顔が引きつる息子(^^;

では、さっそく行ってきます!

内部の様子をちょっとだけご紹介!

お化け屋敷と言えば、場内撮影禁止のところが多いですが、夢みなとお化け屋敷では動画を含め、撮影が許可されています。(ライトの使用はNG)

訪れた際に怖さが半減してしまわないよう、ほんの少しだけですが内部の様子についてご紹介します!

当たり前ですが、お化け屋敷に一歩足を踏み入れると、なかは真っ暗です!

かすかな明かりを頼りに、先へと進んでいきます。

こういう赤い照明が使われているだけで、なんだか怖さがグッと増しますよね…

怖いながらもしっかりとパパに抱き着いて、1つずつクリアしていく息子。

パパは心から楽しむばかりで全然平気な様子。ママは暗さとお化けにかなりビビりながらも、実はその恐怖心こそが楽しかったり。

この先も数々の仕掛けがあり、何度悲鳴をあげたかわかりませんが、パパを先頭になんとか家族3人で無事にゴール!

このハラハラドキドキ感がたまりません!

ぜひ、実際に訪れて体感してみて下さいね!

おわりに

毎年恒例の期間限定お化け屋敷「夢みなとお化け屋敷」のご紹介はいかがだったでしょうか?

海やバーベキューもいいですが、お化け屋敷も立派な夏の風物詩♪

しかも、屋内にあるので天候に左右されることもありません!

この機会に、家族やお友達、カップルで出かけてみてはいかがでしょうか?

ちなみに場内にはリタイア出口もあったので、怖がりな方もぜひチャレンジしてみて下さいね♪

夢みなとお化け屋敷の詳細情報

期間:2019年7月13日(土)〜8月18日(日)
営業時間:10時〜17時(最終受付16時半)
値段:小学生以上200円(別途入館料が必要です) 幼児無料
場所:SANKO夢みなとタワー( 4F企画展示室)MAP

※本記事の情報は2019年7月13日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止します。

[夢みなとタワー]日本一低いタワーで360度大パノラマの景色を楽しむ。- 境港市日本海を360度眺めれる境港市の観光スポット「夢みなとタワー」に行ってきました。 最上階の展望室からは、日本海、大山、境港市街、弓...
ABOUT ME
SaoRi
SaoRi
転勤族ライターで、鳥取県1年目♪ 旅・人との繋がり・お酒がとにかく大好き! 人様のご迷惑と赤ちゃんの安全を考慮した上で、「子育てママ」概念に縛られない自由旅を満喫中。グルメや観光地を中心に発信します!