鳥取県内全域に大雪警報発表。1月1日にかけて平地で積雪80cmの予報

Avatar photo
とっとりずむ編集部

2020年12月30日15時現在、鳥取県内全域に大雪警報が発表されています。

気象台によると、30日夜遅くまで暴風雪に、30日夜のはじめ頃から大雪になるようです。

気象台によると鳥取は30日〜31日にかけて、降雪量は多い所で、山間部は40~70センチ、平野部は20~40センチとされています。

31日〜1月1日も同じような降雪の予報なので、合計すると平野部でも80センチ積もる恐れがあります。

今回は最大級の警戒が必要です。

くれぐれも不要不急の外出を避けて年末を過ごしましょう。

最新の鳥取の気象情報はこちら

▼2017年1月・2月の鳥取の大雪

【5年ぶりの大雪】鳥取県内で大雪警報発令!朝起きたら雪国になってた件。朝起きたら鳥取が雪国になっていた・・・近年は暖冬でそんなに雪が積もることがありませんでしたが、今日は久々に交通が麻痺するくらい積...
【33年ぶりの大雪を振り返る!】その時、鳥取県民はどうしていたのか?どーも、とっとりずむ編集長のさっけーです。33年ぶりの大雪もようやくひと段落しましたね。鳥取にお住まいの皆様、本当に、本当におつ...

この記事を書いた人

Avatar photo

とっとりずむ編集部

「鳥取がもっと好きになる」をテーマに鳥取の話題の情報を発信。新店舗の口コミ募集中です!