おでかけ・観光

[てりふり屋]三朝温泉街観光・散策で寄っておきたいレトロな駄菓子屋さん – 三朝町

趣ある町並みが魅力的な三朝温泉街にある駄菓子屋さん「てりふり屋」に行ってきました。

店内には種類豊富な駄菓子や昔ながらのオモチャが並んでいていて、大人も子供も大興奮!

この記事では、レトロな温泉街の雰囲気にぴったりな駄菓子屋さん「てりふり屋」について、お店の場所や雰囲気、駄菓子の数々についてご紹介していきす。

「てりふり屋」の場所

「てりふり屋」は、高濃度ラドンを含むラジウム温泉が楽しめることで有名な三朝温泉の街なかにあり、周囲の宿に宿泊されている方や観光の方も多く訪れるお店です。

湯の街さんぽのメインストリートとも言える、三朝橋と陣所の館の間にある細い道を入っていき、直進します。

射的やスマートボールなどを楽しめることで人気の「泉娯楽場」を過ぎ、更に奥へと歩いていくと、左手側にお店が見えてきます。

ガラス扉から見える駄菓子の数々に、お店に入る前からワクワクした気持ちが込み上がってきます。

さっそく中に入ってみましょう!

お店の雰囲気|昭和にタイムスリップ

お店に入ると、駄菓子や昔ながらのオモチャがズラリと並んでいて、まるで昭和にタイムスリップしたかのような気分を楽しめます!

中央から右側にガムやチョコなどの駄菓子、左側にはくじやコマ・ビー玉などのオモチャ、別の棚にはあたたかみが感じられる民芸品が売られていました。

駄菓子は本当に種類豊富で、100円以下で買えるものがほとんどで、子供のころに夢中になったお菓子が数多くありました。

いくつになっても「駄菓子」を見ると、ワクワクする気持ちになるのは変わりませんね。

たくさんの駄菓子に子供も大人も大はしゃぎ!

ではさっそく、お楽しみのお買い物タイムです!

今回は家族で観光に訪れていたので、夫と2歳の息子に「食べたい!」と思う駄菓子を選んでもらいました。

カゴを片手に二人とも真剣な眼差しで選んでいます(笑)

子供にとっては『いっぱいのお菓子、嬉しい!』という楽しさ、大人にとっては『これ昔食べた、懐かしい!』と楽しさで、子供も大人も夢中になってお買い物をしていました。

お値段が100円をこえるお菓子が少なく、くじ付きガムやアメなどの10円台で買えるものがたくさんあり、気付けばカゴいっぱいのお菓子!

これだけ買ってもお値段は2つ合わせて600円ちょっとでした!

こんなにたくさん楽しめて、お菓子もいっぱい買えてこのお値段は嬉しい限りです!

レトロな雰囲気に包まれて童心にかえって楽しめる「てりふり屋」さん。

三朝温泉に訪れた際にはぜひ立ち寄ってみて下さいね♪

※本記事の情報は2019年12月7日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。

※写真の無断掲載・使用を禁止します。

ABOUT ME
SaoRi
SaoRi
転勤族ライターで、鳥取県1年目♪ 旅・人との繋がり・お酒がとにかく大好き! 人様のご迷惑と赤ちゃんの安全を考慮した上で、「子育てママ」概念に縛られない自由旅を満喫中。グルメや観光地を中心に発信します!