開店・閉店

[タルマーリー智頭店]「野生の菌だけで発酵させる」パンとビールが人気のお店!2022年4月に2号店をオープン|智頭町

智頭町にある人気店「タルマーリ―」の、2店舗目となる「タルマーリ―智頭店」が、2022年4月石谷家住宅近くにオープンしました。

パンのテイクアウトはもちろん、カフェコーナーではランチセットやサンドイッチや、クラフトビールなどがいただけます。

この記事では店内の様子と、テイクアウトしたパンをご紹介します。

「タルマーリー智頭店」の基本情報

住所八頭郡智頭町智頭594(MAP)
営業時間12:00~18:00
※夜は応相談
定休日火曜日・水曜日
※冬季休業あり
駐車場あり
※智頭宿・石谷家無料駐車場を利用
電話番号0858-71-0139
公式HPタルマーリ―
SNSInstagram Twitter

駐車場は、智頭宿・石谷家無料駐車場を利用します。

中央の道路から見て右手が駐車場、左手が「タルマーリ―」と石谷家住宅へ続く道です。

絵本の中の1ページにありそうな外観に、入店前からワクワク。

カラカラと懐かしい音がするドアを開け、早速お邪魔します。

店内の雰囲気

「タルマーリ―」は、「野生の菌だけで発酵させる」というポリシーのもと、パンとビールを製造しています。

小麦粉、塩、酵母、水というシンプルな材料を使用し、素朴だけれども味わい深いパンは、菌の機嫌で日々変化する、まさに生きているパンです。

パンの横では、調味料やジャム、韓国でもベストセラーになった著書『田舎のパン屋が見つけた「腐る」経済』などが販売されています。

小腹がすいた時に食べたくなる焼き菓子は、一部量り売りです。

カフェスペースでは、自家製酒種のランチセットやサンドイッチ、自家製クラフトビールがいただけます。

明るくポップな外観、素朴な雰囲気の入り口、夢の世界に飛び込んだようなカフェスペースと、ひとつお店の中で旅をしているような気分になりました。

実際に購入したパン

ほしいパンを伝えると、スタッフの方が取ってくださるスタイルです。

全粒粉酵母の田舎パン、あんぱん、スコーン(ヘーゼルナッツチョコ)を購入しました。

全粒粉酵母の田舎パン

岡山県津山産の小麦を自家製粉した、挽き立て全粒粉を使用したパンです。

口に広がる酸味は、自家製酵母の生きていた証のように感じました。

どっしりとした重みと、食べごたえがあり食事やお酒にぴったりです。

軽くトーストすると、香ばしさが加わり全粒粉の深みが引き立ちます。

あんぱん

無農薬・無肥料の大豆から作られた「自家製の白あん」が入っています。

ふわっとした生地ではなく、しっかりと噛み応えのあるハードな食感に、やさしさい味のあんこが良く合います。

小豆のあんことは違った、旨みとコク、大豆とは思えない上品な甘み…

大豆生産者さんの優しさも一緒に、パンの中に包まれている。そんな気持ちになりました。

「タルマーリー智頭店」のおすすめポイント

発酵食品が好きな筆者は「菌の世界」に興味津々!

人間のストレスが発酵に影響するそうで、菌の心地よい場所づくりにも力を入れておられます。

スタッフの労働環境を整備しストレスを減らし、将来への不安を払い去って技術の習得できるよう、様々な取り組みをされています。

著書のタイトル「菌の声を聴け」の通り、人間の思い通りにいかない菌に向き合い、焼きあがる「タルマーリ―」のパンを食べれば、自分の中に足りない何かを補ってくれるかもしれません。

全国からファンが訪れるのも納得のお店。次回は「野生の菌だけで発酵させるクラフトビール」いただきたいです。

※本記事の情報は2022年9月15日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。

※写真の無断掲載・使用を禁止します。

※「営業時間が違う」「閉店している」など、記載内容に間違いがありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

▼鳥取の話題の情報をお届け!

とっとりずむLINE@の登録はこちら

▼鳥取の開店・閉店情報を募集中!

鳥取暮らしに役立つ情報をお待ちしています!

▼鳥取の欲しい情報を探す

グルメ記事一覧|エリア・ジャンル別で探す

観光記事一覧|エリア・ジャンル別で探す

ABOUT ME
Avatar photo
たかお
鳥取の美味しい物、地酒、自然スポットなど、大好きな鳥取のええとこを皆さまに発信したいです( ・ㅂ・)و
合わせて読みたい記事