開店・閉店

[薬膳カレー SPOON(スプーン)]生薬で体の巡りを改善!体が喜ぶ「ほぐされカレー屋さん」- 鳥取市

2019年7月19日に鳥取市富安にオープンした薬膳カレー「スプーン」に行ってきました。

季節の変わり目だったり、台風が相次いで気候が落ち着かなかったり、体調を崩しやすい季節にうれしい「食べる薬」のカレーがいただけます。

実際常連さんは、スプーンさんのカレーで夏バテ対策をしていたのだそう。

生薬の効果で代謝がアップするので、疲労回復、リフレッシュ、美容、ダイエット様々な作用が期待できます。何よりホット一息つける安心の美味しさ。

最近疲れが取れにくい…という方はぜひ食べてほしいカレーです。

薬膳カレーSPOON(スプーン)のあるところ

場所はここ↓
鳥取市富安2-36

鳥取駅南、職業紹介センター、歯科技工士学校などの近くの隠れ家的カレー屋さんです。

はっきりした黄色の屋根看板が目印

お店のロゴが書かれたはっきりカレー色の屋根看板と、飾り文字付のガラス戸がお店をシャープな印象にしていますね。

年齢、性別を選ばずくつろげる店内

つやつやのカウンターと、オーク調が中心の店内。昔ながらの喫茶店の趣があります。

13:30からはカフェメニューも展開。コーヒー、スイーツも楽しめます。

窓から入ってくる風がとても気持ちのいい午後でした。

お子様から働き盛りまで、死角なしのメニュー設定

辛さは0~10の11段階に設定されていました。

ベースのカレーに、カイエンペッパーで適宜辛さを調節できます。とろとろカレーは玉ねぎたっぷりマイルド系で、お子さんにもおすすめなのだそう。

スイーツのラインナップです。レアチーズケーキもおいしそうですね。カレー+ドリンク+スイーツで200円割引になります。

ぷりぷり豚バラカレーと秘伝のからあげ

辛いものは大好きなのですが、お店によって辛さは様々。今日は用心しつつ2辛をチョイスしました

具は豚バラで、ご飯は小150gです。トッピングには目玉焼きを。

調理してくださっていた時から香ばしさが辺りに満ちていましたが、運ばれてくるとあくまで控えめなスパイスの香り。これは、アロマです。

さらさらスープカレーにご飯をほどいて。ご飯にはまる麦が炊き込んであり、ぷちぷちした噛み心地が心地よく。白米もひとつぶひとつぶしっかり形が残っています。ほっくほくです。

食べ始めて、あんまり辛くないな~4辛くらいでもよかったなあ、と思ったのは浅はかと言うもの。

手が止まりません。

しかも食べれば食べるほど満ちてくるように辛さが際立つ。

私的に鉄板なのが、ここです。

目玉焼きの「肉厚」焼き目。このカリカリとカレー、ご飯の組み合わせはまさに敵なし。

個性派唐揚げ。ナンプラーが使ってあってギュッと締まった肉質が食べ応え抜群です。何かのハーブが使ってあるのですが…。

レモングラス?スイートバジル?

と、こちらは企業秘密で、お話は伺えませんでした。ぱりぱりの衣も美味さの秘訣のようです。

謎が気になる方はぜひ注文してください。

身体にいいものを追求したほぐすカレー

ベースになっているのはチキンとセロリなどの香味野菜を中心にしたやさしい洋風出汁。なぜならスパイスだけだと苦みが強いからだそうです。

野菜と生薬のまろみでちょうどいい足し算のカレーが完成するのです。

ニンニク、生姜をウコンを中心に十数種類のスパイスと生薬をブレンド、試行錯誤の形になっています。

これだけ複雑にブレンドされているのだから、初めて食べるもののはず。

なのに、どこか懐かしい。その訳はヨーグルトでした。カレーの全体をまとめつつ、スパイスが良く働く効能が期待できるのだそう。

そういえば子どものころ家のカレーには良くヨーグルトが入れられていました。昔ながらの日本のカレーの要素もあるんですね。

食べ終わるとお腹からほかほか暖かく、ちょうどサウナに入った後のような気持ちになりました。

刺激物を食べたと思えないほどリラックスできて、帰りの車で寝そうになって焦りました。

お帰りの際も、お気をつけて。

薬膳カレーSPOON(スプーン)の店舗情報

住所:鳥取市富安2-36
営業時間:【月】11:00~18:00(L.O.17:30)【火〜土】11:00~21:00(L.O.20:30)
電話:0857-50-0469
定休日:日曜日

※本記事の情報は2019年10月9日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止します。

ABOUT ME
いずみ
いずみ
鳥取市出身のウェブライターおよび2児の母およびノンプロの小説家です。とっとりずむで唯一の中年。(若干のコンプレックスあり) かつ、子育て歴10年のキャリアを通じて鳥取の子育てに役立つ情報を発信中。文学賞を取る目標に向かって、日々創作にも試行錯誤しています。  
ブログ:文学ing 森本泉の小説ブログです。
note:https://note.mu/izumimorimoto