おでかけ・観光

[昭和おもちゃ館]懐かしい駄菓子やオモチャがいっぱい!昭和の暮らしへタイムスリップ – 若桜町

The following two tabs change content below.
SaoRi

SaoRi

転勤族ライターで、鳥取県1年目♪ 旅・人との繋がり・お酒がとにかく大好き! 「子育てママ」として、鳥取のグルメや観光地を中心に発信します!

八頭郡若桜町に建つ、「昭和おもちゃ館」へ行ってきました。

明治時代に建てられた古民家を利用した館内では、昭和時代にタイムスリップしたかのような生活風景が広がっています。

懐かしい駄菓子や、ブリキの玩具、貴重なコレクションの数々など、小さなお子さんからお年寄りまで楽しめる「昭和おもちゃ館」についてご紹介します。

昭和おもちゃ館とは?

平成24年3月にオープンした「昭和おもちゃ館」は、城下町や宿場町の面影を色濃く残している八頭郡若桜町の若桜宿に建っています。

明治14年に建てられた古民家を利用しており、歴史ある街並みに溶け込んだレトロな外観も楽しめます。

建物は2階建てで、1階の入場無料の売店コーナーと、1階奥と2階の有料コーナーに分かれています。(入館料:大人[中学生以上]200円/小学生100円/幼児無料)

それぞれの見どころについて、さっそくご紹介していきます。

懐かしい駄菓子やオモチャがいっぱい!(入場無料の売店コーナー)

1階の入場無料の売店コーナーでは、懐かしい駄菓子やオモチャが種類豊富に販売されています。

見ているだけで楽しくなってくるお菓子やオモチャの数々は、子供はもちろん大喜びですが、こちらのコーナーでは大人の方が大盛り上がり。

「これ、食べたことある!」、「懐かしい!」など、賑やかな声が飛び交います。ぜひ子供と一緒に大人も童心にかえってお買い物を楽しんでみて下さいね。

昭和の暮らしにタイムスリップ!(1階有料コーナー)

売店コーナーの奥からは有料コーナーとなっており、1階には昭和時代を感じられる生活風景が広がっています。

昭和を中心に活躍してきた道具の展示や、懐かしい遊びを体験できたり、昔の雑誌などが置かれており、実際に読むこともできます。

こちらに展示されている品々の多くは、昔実際に使われていたもので、地域の人から譲ってもらって昭和の暮らしを再現しているとこのことです。

大切に使われてきた道具の数々で再現された空間はリアルで、昭和時代にタイムスリップしたかのような気分を味わえます。

レトロなオモチャを見て楽しもう!(2階有料コーナー)

2階へと続く階段をのぼっていくと、まず目に飛び込んでくるのは、今では見かけることが少なくなったブリキのオモチャのコレクションです。

大きなブリキの車や、鉄腕アトムや鉄人28号、オバQなど、貴重なコレクションの数々を見ることができます。

他にも、長さ3mにも及ぶ郡家駅から若桜駅までを走る若桜鉄道沿線ジオラマや、

昭和おもちゃ館の看板的存在である、リアルな月光仮面などが展示されています。

月光仮面の後ろには、放送当時の実際の映像も流されていて、目の前に座って1時間近く観ていかれる方もいらっしゃるそうです。

昭和時代の人々にとっては大変懐かしく、平成時代の人々にとっては新鮮に感じられ、幅広い年代の方々がそれぞれの視点で楽しめます。

おわりに

昭和の暮らしにタイムスリップしたかのような気分が味わえる「昭和おもちゃ館」はいかがだったでしょうか?

若桜町を訪れた際には、歴史ある若桜宿の街並みと共に、ぜひ「昭和おもちゃ館」も楽しまれていって下さいね。

※本記事の情報は2018年11月11日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止します。

※「営業時間が違う」「閉店している」など、記載内容に間違いがありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

▼とっとりずむ限定の割引クーポン配信!

とっとりずむLINE@の登録はこちら

▼鳥取の開店・閉店情報を募集中!

情報提供者には抽選でAmazonギフト券1000円プレゼント

▼鳥取の欲しい情報を探す

グルメ記事一覧|エリア・ジャンル別で探す

観光記事一覧|エリア・ジャンル別で探す

ABOUT ME
SaoRi
SaoRi
転勤族ライターで、鳥取県1年目♪ 旅・人との繋がり・お酒がとにかく大好き! 「子育てママ」として、鳥取のグルメや観光地を中心に発信します!