【開店】[らぁ麺 池島]2022年8月27日オープン!最後の一滴まで飲み干したい無添加ラーメン|大山町

Avatar photo
たかお

2022年8月27日大山町にオープンした「らぁ麺 池島」へ行ってきました!

大山産ハーブチキンと水のみで作った清湯スープ、境港産のいわし煮干しなどを使った出汁をブレンドした、無添加ラーメンを提供。

では早速ご紹介します。

「らぁ麺 池島」の基本情報

住所 西伯郡大山町富長123(MAP)
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30)
定休日 火曜日・水曜日
駐車場 あり
SNS Instagram Twitter

大きな通りにあるため、迷うことはありません。

すぐ近くに日本海が一望できるカフェがあり、食後のティータイムにもおすすめです。

[BIKAI]ロケーション抜群!海が見える大山のおしゃれカフェ。大山町の海沿いにあるオーシャンビューのおしゃれカフェ「BIKAI」に行ってきました。 海外に来たかのような洋風な雰囲気で、ゆったり...

専用駐車場は広々としています。

店内の雰囲気

休日の取材だったこともあり、途切れることなくお客様が来店されていました。

地元の方が多く、人気店であることがうかがえます。

ご迷惑がかかってはいけないので、今回は店内撮影をしておりません。

上記画像を参考にしていただきますよう、お願い致します。

お席はカウンター8席のみ、入ってすぐが待合スペースです。

食券を事前に購入し、席についてからお店の方に渡します。

木材とクリーム色が基調、一部濃いグレーの装飾がされ、メリハリのある店内です。

お店の方が丁寧に一杯一杯作られる姿が印象的で、食べている方、待ち合いの方含め、静かにその雰囲気を見守っているようでした。

メニュー

味のベースは、醤油、塩、味噌の3種類。それぞれスタンダード、味玉付き、特製と選べます。

特製は、海苔や味玉などのトッピングが全種類のります。

その他ごはん、和え玉(味付け替え玉)などのサイドメニューもありました。

実際にいただいたメニュー

出汁やチャーシューには、大山産の鶏と豚、醤油は淀江町など、店主が選び抜いた素材が使用されています。

味噌らぁ麺

丼を埋め尽くすほどの大きさがある、チャーシューは存在感あり!

スープはクリーム色で、見た目からも優しさが伝わってきます。

スープをひと口すすると、じわ~と染みわたります。

優しい味付けのようですが、あとから塩味が追ってくるので、物足りなさは感じません。

食べることだけに集中したくなる、そんなラーメンです。

特製醤油

同伴者は、全てのトッピングがのる、醤油らぁ麺の特製をチョイス。

食べるのが勿体ないような、美しいラーメンです。

チャーシューの豚はレアタイプ、鶏はしっとりやわらか。どちらも低温調理されています。

しっかりとコシのある麺と、たっぷりの具材でお腹も満たされたようです。

お茶漬けセット

残ったスープにごはんを入れて食べたい。と思うことはありませんか?

家ではできても、お店でするのは抵抗がある…そんな方も多いはず。

「お茶漬けセット」は、そんな後ろめたさを微塵も感じることなく、ごはんをスープに入れることができます。

付属の山葵(ワサビ)が、スープの味噌と良く合い、最後の1滴までおいしくいだきました!

「らぁ麺 池島」のおすすめポイント

「らぁ麺 池島」のラーメンを食べると、その後口の良さに驚きます。

実はラーメンが苦手の筆者。ラーメンのスープを飲み干したのは、人生ではじめてかもしれません。

地元の食材を多く使用していますので、食事をすることで地域が潤うことにもつながります。

次々とお客様が訪れる人気店です。時間に余裕をもってお出かけくださいね。

※本記事の情報は2022年9月23日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。

※写真の無断掲載・使用を禁止します。

▼食後におすすめのお店

[たまご屋工房風見鶏]新鮮たまごと、シュークリームのあふれるカスタードに溺れる|大山町養鶏場直営の「たまご屋工房風見鶏」では新鮮なたまごやスイーツが購入できます。 独自の配合にこだわった飼料を食べて育った鶏からいただ...
[BIKAI]ロケーション抜群!海が見える大山のおしゃれカフェ。大山町の海沿いにあるオーシャンビューのおしゃれカフェ「BIKAI」に行ってきました。 海外に来たかのような洋風な雰囲気で、ゆったり...

この記事を書いた人

Avatar photo

たかお

鳥取の美味しい物、地酒、自然スポットなど、大好きな鳥取のええとこを皆さまに発信したいです( ・ㅂ・)و