グルメ

[大谷酒造]お取り寄せ可!酒米・米麹・仕込水・酵母すべて鳥取産の純米酒『涼』を飲み比べ! – 琴浦町

お酒が好きな人も飲まない人も、県民には馴染みのある『鷹勇』。

今までも数々のおいしいお酒を造り上げてきた『大谷酒造』が、『夏の純米酒』を造る際に鳥大の教授と協力し、新たな挑戦をされたようです!

お取り寄せも可能な夏の純米酒『涼』を自宅で飲み比べてみました。

新酒や、仕込みの様子などFacebookTwitterInstagramで更新されていますので要チェックです!

\2020年9月末までの期間限定/

▷お取り寄せはこちらから

大谷酒造とは

場所はここ↓
鳥取県東伯郡琴浦町大字浦安368

代表銘酒は『鷹勇』。

漫画『美味しんぼ』でも紹介されたこともあり、全国的にも有名な蔵元です。

日本酒はもちろんの事、米焼酎の『健蔵』は香りが高くスッキリした飲み口が美味しいですよ!

地域密着を大切にされており、お酒だけでなく地元に愛される蔵元と言える場所です。

大山のミズナラの葉から作った酵母

鳥大の児玉教授は、二十世紀梨やソメイヨシノなどの地元の素材から『ローカル酵母』を抽出し発酵製品の開発に力を入れておられます。

ここ近年身近になった『天然酵母パン』も、果物などから抽出した酵母を使ってパンを発酵させます。

同じようにビールやワインなども酵母を使って発酵させるのですが、今回使用された『ラカンセア酵母』は、乳酸発酵による酸味が特徴ある酵母です。

酸味が特徴となる酵母から作るビールは『サワービール』と呼ばれ、鹿野クラフトビールでも販売中です!

※鹿野クラフトビールで使用されている、ラカンセア酵母はソメイヨシノから抽出しています。

国産のラカンセア酵母を使った日本酒は例がなく、大谷酒造も初めての試みだったそうです。

杜氏の中元さんに話を伺いました

※杜氏(とうじ)とは、日本酒の醸造工程を行う職人集団。蔵人の監督者であり、なおかつ酒蔵の最高製造責任者。

Q1.なぜ『ラカンセア酵母』を使ってみようと思われたのですか?

中元さん
中元さん

大谷酒造の社長が講演会で、児玉教授に出逢い「ラカンセア酵母を使った日本酒を造ってみないか?」と打診された事がきっかけです。

『涼』にラカンセア酵母を使用することは、社長ともすぐ意見が一致しました。

Q2.『ラカンセア酵母』を使った日本酒は、今まで例がないとの事ですが、造る過程に不安に思ったり気を使ったことはありますか?

中元さん
中元さん

初めての試みなので、データがなく資料を引っ張ってきたりする事もできない為、酵母を添加するタイミング等は「自分の経験と勘」を頼りにやってみるしかありませんでした。

発酵中の成分分析結果も味覚的にも、酵母特有の「酸」が出てこない時期があり「本当に乳酸が増えているのだろうか!?」と不安になった時もありました。

出来上がった酒を搾って初めて「イイ感じの酸味」が出た時は安心しましたね。

Q3.お酒を仕上げる際にこだわった部分はありますか?

中元さん
中元さん

『涼』は冬に出来上がり搾った後、火入れをし冷蔵庫で保存していたのですが、保存中に酒全体がまるくなり、搾った時に感じた「酸味」が埋もれてしまっているような印象をうけました。

ビン詰め前にろ過をする予定でしたが、もう一度数々のテストを行い『ラカンセア酵母の特徴』を出せるよう仕上げました。

Q4.『涼』に対する思いがあれば教えてください。

中元さん
中元さん

今までの夏の純米酒とは、酵母も含めまったく新しいアイテムになった為、ラベルやビンも一新しました。

ラベルは社員で案を出し合い、選挙をして決めました。

ビンの色も意見を出し合いながら決めたものなので、会社全体としての思い入れも大きいお酒です。

まさにみんなで造り上げたお酒なのですね!

ますます飲むのが楽しみになります!

夏の純米酒『涼』を飲み比べ

酒米・米麹・仕込水・酵母すべてにおいて鳥取県産で造られたお酒『涼』。

平成30年度は『熊本KA-1』、令和1年度は『ラカンセア酵母』を使用して仕込んでおられます。

昨年まで造られていたものと酒米や精米歩合は同じなので、飲み比べてみることにしました。

左が平成30年仕込み、右が令和1年仕込みです。

令和1年の方が色がクリアですね!

夏のお酒ですので、まずはキンキンに冷やしていただきました。

キンキンに冷やした場合

【平成30年】

ほんのり感じられる甘みがありますが、全体的にスッキリしていてキレがありました。

どんな料理にも合わせやすそうで、日本酒が苦手な方や女性も飲みやすいと思います。

【令和1年】

梨のようなフレッシュな甘みと酸味が感じられます。

酸味はありますが、口の中でスッと消えていくので後口が良いです。

続いて、少し置いて常温にしていただきました。

常温の場合

【平成30年】

冷やした状態より、甘みが増したように感じました。

若干ですが、後口に酸味と心地よい余韻が残ります。

【令和一年】

冷やした状態より、酸味が増しました。

辛みも増し、味わい深くなったように感じました。

日本酒好きな人や、男性にはこちらの飲み方がオススメです!

今回ご紹介した『涼』は大谷酒造のオンラインショップでも購入可能です。

セットでも購入できますので、今しか飲めない『旬のお酒』をお取り寄せされてはいかがでしょうか?

\2020年9月末までの期間限定/

▷お取り寄せはこちらから

中元さんおすすめの飲み方

酸味が特徴の『涼』にさらに「酸味を加えて飲むのがオススメ!」と伺ったので試してみました。

これから旬のすだちが手に入ったので、すだちと炭酸水を入れて爽やかに。

見た目も涼しそうで、暑い時期にピッタリです。

涼:炭酸水を5:5の割合で割ってみました。

スッキリと飲みやすく、チューハイのようにグビグビ飲めてしまって危険です(笑)

次回は、サムライロックにして飲んでみようと思います!

楽しみ方が無限に広がりそうですね!

みなさまも、ぜひ自分好みの飲み方を探してみてください。

おわりに

以前酒蔵見学にお邪魔した事があるのですが、スタッフの方々の笑顔が素敵で、すれ違うと爽やかに挨拶してくださったのが印象的でした。

酒蔵の雰囲気の良さが、お酒のおいしさにも繋がっているのかな?と感じた瞬間でした。

鳥取の誇れる自然が生みだした水と、お米で造られたお酒。

地元消費で、地元を元気に!

最後に、大谷酒造の杜氏中元さんオススメのお酒はコチラ。

造り手の見えるお酒を自宅でゆっくり飲んでみませんか?

最新情報は、FacebookTwitterInstagramからご確認ください。

\2020年9月末までの期間限定/

▷お取り寄せはこちらから

※「営業時間が違う」「閉店している」など、記載内容に間違いがありましたら『記事修正リクエスト』よりご連絡ください。

▼鳥取のスイーツ情報を毎日更新!

とっとりずむInstagramはこちら

▼とっとりずむ限定の割引クーポン配信!

とっとりずむLINE@の登録はこちら

▼鳥取の開店・閉店情報を募集中!

鳥取暮らしに役立つ情報をお待ちしています!

▼鳥取の欲しい情報を探す

グルメ記事一覧|エリア・ジャンル別で探す

観光記事一覧|エリア・ジャンル別で探す

ABOUT ME
たかお
たかお
鳥取の美味しい物、地酒、自然スポットなど、大好きな鳥取のええとこを皆さまに発信したいです( ・ㅂ・)و