おでかけ情報満載!鳥取県のイベントスケジュール2018
中部エリア

[ねばりっ娘]鳥取の特産品「ねばりっこ」のランチが人気の飲食店 – 北栄町

鳥取の名産品「ねばりっこ」が食べられる北栄町の9号線沿いの飲食店「ねばりっ娘」に行ってきました!

「ねばりっこ」とは北栄町の特産品「砂丘ながいも」の新品種で、ねばりが強く果肉が白いのが特徴です。味は普通のながいもに比べ甘みがあります。

ねばりっこを食べられるところって少ないんですよね。今回紹介する飲食店は、ねばりっこをふんだんに使った料理で人気です。

鳥取でねばりっこを食べたい!」という方はぜひ!

※ランチタイム(11時〜14時)のみの営業です。

スポンサーリンク

ねばりっ娘の場所

住所:鳥取県東伯郡北栄町国坂1525−92 道の駅 北条公園内

国道9号線沿いの「道の駅北条公園」にあります。市場では、地元でとれた野菜や果物などがリーズナブルな価格で販売されています。

今回紹介する飲食店はその市場の左隣にあります。ねばりっこの粘りを表したような特徴的な「ねばりっ娘」の看板が特徴的です。

店内の様子

テーブル席と座敷のある一般的な大衆食堂といった感じ。思った以上に奥行きが広くて開放的な店内でした。

ねばりっ娘のメニュー

ねばりっこを使った料理の他にも、天丼や魚定食、うどん、そばの麺類など、幅広く取り揃えています。

実際に食べた料理!ねばりっこ尽くしで大満足

ねばりっこをふんだんに使った花御膳(1,180円)を注文。

内容は以下の通り↓

・ねばりっことろろ
・ねばりっこ豆腐
・茶碗蒸し
・生ねばりっこのサイコロ梅しそかけ
・厚揚げ(ねばりっこと野菜の詰め込み)
・小鉢(ポテトサラダ)
・小鉢(筑前煮)
・ごはん
・お汁
・お漬物(らっきょう)
・お漬物(赤しそ)
・デザート(20世紀梨)

花御膳(1,180円)

全部で12品。(この内容で1,180円は安すぎ・・・)

これでもか!」と言わんばかりの量で、肉料理はありませんでしたが、かなりお腹いっぱいになりました。

そもそもながいもは腹持ちが良いといわれているのでなおさらですね。

生のねばりっこ。シャリシャリ食感で、すごく粘り気があります。
ねばりっこの豆腐。わさびと相性が良くあっさりと食べられました!
個人的にはこれが一番美味しかったです。定番のねばりっことろろ。
生卵と一緒に混ぜて食べます!
ご飯との相性抜群。ご飯がすすむ!すすむ!
とろろ丼の卵付き(600円)

「ねばりっこ」をお手軽に食べたい方にはとろろ丼(550円)がおすすめです。卵は50円で付けられます。

丼ですが、漬物とお味噌汁、デザートもあるので、満足度が高いです。

鳥取のねばりっこを食べてみたい方はぜひ1度行ってみてください!

ねばりっ娘の基本情報

関連ランキング:定食・食堂 | 下北条駅

※本記事の情報は2018年9月2日現在のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止します。

ABOUT ME
さっけー
さっけー
とっとりずむ編集長。1990年生まれ、鳥取県岩美町在住。鳥取の魅力をもっと多くの人に広めていくことが目的。新しいチャレンジを応援して、人と人を繋いでいきたい。趣味はマジック。