開店・閉店

[MAHARE(マハレ)]ジビエや地元産食材を使用したスパイシーなカレーが人気のお店-若桜町

2019年4月15日に若桜町にオープンしたカリーハウス「MAHARE(マハレ)」に行ってきました!

オープン当初から、地元産の鹿肉や若桜町のブランド豚を使用したスパイシーなカレーが話題を呼んでおり、ずっと気になっていたのですが今回ようやく行くことができました!

この記事では、お店の場所や雰囲気、メニュー、実際に注文した料理などについて詳しく紹介していきます。

MAHARE(マハレ)の場所

▼場所はここ↓
鳥取県八頭郡若桜町若桜985-2

カリーハウス「MAHARE(マハレ)」は、八頭郡若桜町にあり、道路を挟んだ向かい側には道の駅 若桜「桜ん坊」があります。

また、若桜鉄道若桜線の若桜駅もすぐ近くにあり、駅からも歩いて行ける距離なので、観光などで車無しの方でも気軽に利用しやすい便利な立地です。

お店前には駐車場もあるので、もちろん車でも大丈夫ですよ!

店内の様子

お店はログハウス調になっていて、店内は木の温もりであふれていました。

カウンター席もテーブル席も豊富にあり、一人でもファミリーでも利用しやすそうです。

メニュー紹介の際にも詳しくご紹介させて頂きますが、カリーハウスというと子供が食べられる辛さか不安に思われる方も多いかと思います。

しかし、お子さまカレーセットもありますし、子供椅子もあったので、小さいお子さんとも一緒に来やすいです。

実際に訪れた時にも、私達家族以外にも小さなお子さんを連れたご家族がたくさんいらっしゃいました。

道の駅近くということもあり、若桜町に家族で観光に訪れた際などにもオススメのお店です!

メニューの紹介

カレーメニューは主に3種類ありました。

地元産の鹿肉のみを使用した鹿スネ肉カレーや、若桜町のブランド豚「吉川豚」を使用した吉川豚カレー、青唐辛子を基調とした多種のハーブと香辛料を使ったグリーンカレーなど、それぞれ違った味わいを楽しめます。

ライスは基本はターメリックライスですが、+50円で十六穀米にもできるほか、別途料金でチーズのトッピングもできるそうです。

他にも、サイドメニューにはサラダがあり、飲み物やアイスクリーム、ワッフルやタピオカドリンクなども種類豊富に用意されていました。

また、ドリンクやおかずが付いたお子さまカレーセットもあるので、小さなお子さんがいらっしゃる方も安心ですよ♪

実際に注文した料理

今回は、3種類のカレーのなかから「吉川豚カレー」を頂きました!

ドリンクセットにしたのでアイスコーヒーは単品メニューには付いていませんが、自家製ピクルスは全てのカレーについています。

気になるお味ですが、まずはカレーのみ食べてみました。

辛すぎるということは全くなく、ちょうどいいスパイシーなカレーで、2歳児の息子もパクパクと食べていました。

そして若桜町のブランド豚である「吉川豚」

こちらがとっても美味しくて驚きました!

じっくりと煮込まれていて柔らかく、強い旨みと共に口のなかでとろけていきました。ターメリックライスとの相性も抜群で、あっという間に完食♪

カレーの他にも、サイドメニューの「スプーンでザクザク食べるサラダ」も注文しました。

季節の野菜やフルーツ、豆類、カリカリベーコン、ぷりっとしたリゾーニが入っていて、食べごたえも十分です。

それぞれの具材ももちろん美味しいのですが、その美味しさを引き立てる決めてとなっているのがMAHAREオリジナルのドレッシングです!

こちらもとても美味しかったので、ぜひカレーと合わせて食べみて下さいね♪

おわりに

地元産の鹿肉や若桜町の吉川豚など、地産地消にこだわりのあるカリーハウス「MAHARE」はいかがだったでしょうか?

カレー好きの方やジビエ好きの方はもちろんのこと、お出かけや観光などで若桜町に訪れた方も、とても美味しかったのでぜひ食べてみて下さいね!

MAHARE(マハレ)の店舗情報

住所:鳥取県八頭郡若桜町若桜985-2 MAP
TEL:0858-71-0515
営業時間:11:00~16:00(LO.15:30)
定休日:水曜日
アクセス:詳細はこちら
駐車場:店舗横をご利用ください

※本記事の情報は2019年8月11日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止します。

ABOUT ME
SaoRi
SaoRi
転勤族ライターで、鳥取県1年目♪ 旅・人との繋がり・お酒がとにかく大好き! 人様のご迷惑と赤ちゃんの安全を考慮した上で、「子育てママ」概念に縛られない自由旅を満喫中。グルメや観光地を中心に発信します!