暮らし

山陰の特産品「板わかめ」の魅力をもっと多くの人に伝えたい!「ワカメフェス」開催に向けたクラウドファンディングを実施中![3月31日まで]

山陰の特産品「板ワカメ」を知っていますか?

収穫した生わかめを水で洗い、乾燥させて板状にしたもので、主に鳥取・島根で作られています。

実際に僕も食べたことがありますが、パリパリ食感が楽しめて、わかめが持つ素材の旨味が美味しく、ご飯が何杯でも食べられるんです。

そんな「板ワカメ」ですが、意外にも全国的に認知が少なく、もっと多くの人に広めるために有志によってワカメ部が結成されました。

現在は「ワカメフェス」の開催に向けてクラウドファンディングを実施中です。

今回の記事では、そのクラウドファンディングの詳細について紹介していきます。

このプロジェクトの詳細をみる


起案者は岩美町地域おこし協力隊の則定希さん

起案者はワカメ部のメンバーで、岩美町網代地区の地域おこし協力隊の則定希さんです。

奈良県出身で岩美の海の魅力に惹かれてIターン。網代(あじろ)地区を中心に地域の活性化と地域資源を活かした生業づくりをテーマに地域密着で活動中です。

これまでに、海産物を使った加工品の開発や、伝統である板わかめづくりのワークショップ等を開催してきました。

そんな彼女の活動ですが、今年度で終了となります。

先日、鳥取市で開催された地域おこし協力隊の報告会で、則定さんの話を聞いてきましたが、「任期後も網代に定住して活動していきたい!」という地域に対する熱い想いが伝わってきました。

4月28日(日)に実施予定の「ワカメフェスタ」は任期後、1発目の大きな活動となりそうです。

天然ワカメの産地 岩美町網代の作り手が減少!約50〜60軒からわずか1軒に

ワカメフェスタの会場となる岩美町網代(いわみちょうあじろ)は、天然ワカメを出荷している数少ない産地なんです。

しかし、徐々に消費量も下がり、作り手も減り、約50〜60軒程あった板ワカメの作り手は、今ではわずか1軒となりました。

そんな状況だからこそ、「板ワカメ」を知ってもらいたい、網代の魅力も発信したいと有志が集まり、ワカメ部が結成されました。

則定さん主導のもと、地元の漁師や漁協、住民の方々と協力して「ワカメフェス」が行われます。

「板ワカメ」と岩美町網代の魅力を伝えるイベント「ワカメフェス」の内容とは?

「ワカメフェス」では、「板ワカメ」を始めとした海の魅力を伝えることと、網代の活性化を目的としています。

コンセプトは、海の恵みを「楽しむ」「食べる」「体験する」

ワカメの魅力をいろんな角度から満喫できるイベントとなっています。

【楽しむ】

① 世界最大の大きさの板ワカメ作り

畳2~3畳分の板ワカメ作りにチャレンジします!世界最大の挑戦にどうぞ、お立合いください。

② 板ワカメを題材にした「創作落語」と「ワカメソング」発表

鳥取県出身で落語芸術協会所属の瀧川 鯉白さんが板ワカメを題材にした創作落語を初披露します。

板ワカメを題材にしたワカメ部のオリジナルソングも初披露します。作曲は地元CMソングで有名な方が担当。

③ 新鮮海産物の直販、地元農産品の販売

地元の新鮮な海産物や農産物の販売も予定しています。お楽しみに!

食べる

④ フードコーナー「みなとマルシェ」

ワカメにちなんだメニュー”ワカメしゃぶしゃぶ”や”ワカメパン”など。その他、新鮮海鮮BBQブースも出展予定です。

【体験する】

⑤ 体験コーナー

海を感じたり、触れたり出来るお子様も楽しめる企画を用意します。

「板ワカメ作り体験」や「ワカメの詰め放題」「干物で魚拓作り」「海の生き物タッチプール」など盛りだくさん。

⑥ 10人乗りカヤック試乗会「ワカメクルーズ」

世界でも珍しい10人乗りカヤックに乗って、山陰海岸を巡るのはいかがでしょう。

⑦ 山陰海岸ジオパークウォーク・網代コース(ガイド付き)

山陰海岸ジオパークの壮大さを歩いて巡るのもおすすめです。ガイド付きで安心です。(40分コース、90分コースを予定)

「板ワカメ」の魅力がもっと多くの人に届きますように!

「板ワカメ」が山陰の特産品である(全国的に一般的な食材でない)というのは、あまり山陰の人には知られていません。

「ワカメフェスタ」をきっかけに多くの人に「板ワカメ」の美味しさが広まればと思います。

僕も少額ですが、支援させていただきました。

板ワカメの普及に貢献したい!」「ワカメ部を応援したい!」「任期後の則定さんの活動を応援したい!」という方は、支援してみてはどうでしょうか?

このプロジェクトの詳細をみる

ABOUT ME
さっけー
さっけー
とっとりずむ編集長。1990年生まれ、鳥取県岩美町在住。鳥取の魅力をもっと多くの人に広めていくことが目的。新しいチャレンジを応援して、人と人を繋いでいきたい。趣味はマジック。