おでかけ情報満載!鳥取県のイベントスケジュール2018
東部エリア

[石窯ダイニングcumin(クミン)]インド出身オーナーが作るやさしい味のエスニック。- 鳥取市

緑ヶ丘にあったインド料理店「デリー・ダラバー」が移転、リニューアルして今年の6月9日にオープンしたカレーとエスニック料理のお店です。

オーナーご一家はインド出身。地元ならではの料理や女性にうれしい美肌効果抜群のメニューがあり、キッズメニューも展開。

エスニックと言っても辛すぎない、やさしい味付けのお料理が食べられます。

スポンサーリンク

石窯ダイニングクミンのある場所

かわいいぞうさんの看板が目印のお店は、産業道路を国府方面に進み、合同庁舎入り口信号を過ぎて1つ目の交差点を進んだすぐにあります。

住所:鳥取市富安2丁目76-1

石窯ダイニングクミン・お店の中

基本的に4人がけのテーブル席が設置されています。ソファの座り心地がいいので快適に食事ができます。茶色と白のコントラストに、スパイスの意匠。日本とインドがうまく共存しています。

入り口付近には左手には明るい陽の差すカウンター席も。1人でゆっくりしたい方にはおすすめです。

石窯ダイニングクミン・メニュー

定番のインドカレーは種類が豊富。一番人気はバターチキンカレーと伺いました。辛さは0(甘口)から4(激辛)までの5段階。さらに付属でチリパウダーがついてきて、好みの辛さが選べます。

注目は平日限定ランチメニューです。スペシャルランチはナンSセットを頼むとまさかワンコイン。驚きのコストパフォーマンスです。

サイドメニューも充実していて、ランチと一緒に頼みやすいのがメリットです。

さらに目を引いたのはアボカドを使ったメニューが多いこと。

アボカドは豊富なビタミンを含み、老化を防止する作用が強いスーパーフードです。当然美肌効果は抜群。女性は必見です。

人気なのはアボカドチーズココットや生春巻き。

チーズや野菜も美容よい食べ物です。エスニックと一緒に美容フードが頼めるのというところがこのお店ならではのポイントですね。

石窯ダイニングクミン・注文したもの

平日限定ランチからナンSセットを頼みました。ナンはSでも十分ボリュームがあります。見た感じぺたんとしているのかな、と思いきや、ちぎってみると中はぎゅっと生地が詰まって肉厚。食べ応え十分です。

セットのサラダです。ここにもアボカドがトッピングされています。

適度に熟した硬すぎず柔らかすぎない、一番美味しい時期のアボカドです。ドレッシングは塩味が立っていて香ばしさがありました。何かのスパイスが使われていたのかもしれません。

本日のカレーはキーマカレーでした。3辛を頼んでみました

一口食べた瞬間は、「お!辛い!でも美味しい!」という印象。でも辛味はすぐ抜けて後にたっぷりとした野菜のコクが残ります。ペーストにしたたまねぎをたくさんつかっているのだそう。

インドカレーですがとても懐かしい味わいです。どこかで食べたことがある? そう。日本のお母さんが作るルーのカレーを思わせる、やさしい味なのです。

こちらは定番の石窯で焼かれたタンドリーチキン。お肉は胸肉ですがしっとりと焼きあがっています。直火独特の香ばしさをスパイスの刺激が追いかけてきて、しかも適度な辛さで食べやすかったです。

こちらはアボカドの生春巻き。つるりとした皮にくるまれたシャキシャキの野菜と濃厚なアボカドのバランスは最高です。

チリソースは、甘さ、辛さ、すっぱさのバランスが絶妙。どれもしっかり主張し合いながらお互いがケンカしていない、癖になる味わいです。

春巻きの皮はもちもちしてまるで葛餅のようです。伺ったら、春巻きもソースも何種類かの商品を比較検討した結果、オーナーさん自身が最適なものを選ばれたそうです。どうりで美味しいわけです。

辛さに慣れてきたので、3辛でしたがチリパウダーを追加。

勇者と呼んでください。

さすがにぴりぴりと刺激的です!でも口が慣れてしまったのか、最後まで美味しくいただいてお腹いっぱいになりました。

お店の方のお話

インド出身のオーナー、ダット・オム・プラカスさん夫妻です。

インドのホテルで働いた後、台湾、ドバイ、ロシアなど世界各国を巡り2004年に来日。インドの方は物価や賃金の関係から海外に進出されるケースが多いのだそう。

日本では東京や大阪、愛媛などでお店を経営した後、ご親戚の縁から鳥取へ。鳥取の印象を聞くと、いいですね。との事。

「田舎の静かなところが好きです」とおっしゃって、ロシアでの苦労話などを伺いました。

またカレーについては、日本人の味覚に合わせてかなり調整なさっているそうです。

インドのカレーはもっと辛いです

と話すオーナー夫妻。

ではチリパウダーを追加してもまだまだ日本人レベル!?

本場はいったいどれだけ辛いのでしょう!…やっぱり勇者とは呼ばないでください。

石窯ダイニングクミンまとめ

美味しいインドカレーが食べられる居心地のよいお店です。

日本人風にアレンジしてあるので、親しみを感じる味付けになっています。さらにキッズメニューやニンジンスイーツ、ラッシーなど、辛くないものが充実してるのは嬉しいポイントの1つですね。

テーブルも広いので、女子会や家族で出かけるのにもおすすめです。

石窯ダイニングcumin(クミン)の基本情報

住所:鳥取県鳥取市富安2丁目76-1
TEL:0857-21-1871
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00
定休日:無休

情報は2018年8月13日現在のものです。

ABOUT ME
いずみ
いずみ
鳥取市出身のウェブライターおよび2児の母およびノンプロの小説家です。とっとりずむで唯一の中年。(若干のコンプレックスあり) かつ、子育て歴10年のキャリアを通じて鳥取の子育てに役立つ情報を発信中。文学賞を取る目標に向かって、日々創作にも試行錯誤しています。  
ブログ:文学ing 森本泉の小説ブログです。
note:https://note.mu/izumimorimoto