[あおや和紙工房]「第19回因州和紙あかり展」を見に行ってきました!|鳥取市

アバター画像
たかお

およそ1300年もの歴史のある「因州和紙」は、とっとり伝統工芸品として親しまれています。

今回は、鳥取市青谷町にある「あおや和紙工房」で開催中の「第19回因州和紙あかり展」に行ってきた様子をご紹介します。

鳥取県内の学生から、全国の作家さんの作品まで、心あたたまる灯の世界をお楽しみください。

「あおや和紙工房」の基本情報

住所 鳥取市青谷町山根313(MAP
営業時間 9:00〜17:00
定休日 月曜日
※祝日の場合は翌平日
駐車場 あり
電話番号 0857-86-6060
公式HP あおや和紙工房

駐車場に車を停めて、階段を登った先に「あおや和紙工房」があります。

売店や常設展は無料、「第19回因州和紙あかり展」は一般300円(高校生以下無料)です。

施設内の雰囲気

第19回因州和紙あかり展

和紙を通した柔らかな光に癒される空間。

入り口すぐに、かわいらしいクマさんが顔を見合わせています。

後ろを振り返ると、かたつむりと紫陽花。花びら1枚1枚がステンドグラスのようにキラキラと美しい。

同じ和紙あかりでも、作り方ひとつで表情が違い、おもしろいですね。

智頭農林高等学校や青谷中学校など、県内の学生さんの作品も見逃せません。

草花や樹木を使った作品も多く、植物からできた和紙と合わせることで、それぞれの魅力を引き立てています。

筆者が1番気に入った作品はこちら「雨が降ってきた」。

葉っぱを頭に乗せて、今にも動き出しそうな姿が絵本のワンシーンのようでした。

ワンフロアの会場の中に、小さな世界がいくつも広がっています。

「第19回因州和紙あかり展」は2023年3月19日(日)まで。写真では伝えきれない、やすらぎの空間へぜひ足をお運びください。

常設展示室

常設展示室では、和紙の歴史などを学ぶことができます。

館内に飾られた花も、全て和紙で作られた作品です!近くで見ないと分からないほど、めしべやおしべまで細かく再現されていてびっくりしました。

売店

売店では、たくさんの和紙製品を取り揃えています。

ブックカバーに御朱印帳、ハガキやレターセットなど、久しぶりに筆をとりたくなりますね。

ランプシェードキットや自由研究セット。お子さまの夏休みの宿題にいかがでしょうか?

とっとりの伝統工芸品にふれ、自宅のインテリアとしても活用できますよ。

アクセサリー類は、やさしく揺れ動き、軽くて日常使いにもぴったり。香りづけして楽しむのもおすすめだそうです。

「あおや和紙工房」のおすすめポイント

今回で19回目になる「因州和紙あかり展」、はじめて伺いました。

全国各地から集まった作品は、それぞれ個性があり見応えも十分。ふんわりと光る灯りに、おだやかな時間を過ごせますよ。

季節や展示に合わせたイベントや、紙すき体験で思い出の作品を作ってみてはいかがでしょうか?

併設された「Cafe Berry」では、ランチやスイーツがいただけ一息つくのにぴったりです。

※本記事の情報は2023年2月22日時点のものです。最新の情報は直接取材先にお問い合わせください。

※写真の無断掲載・使用を禁止します。

[Cafe Berry]あおや和紙工房に併設!景色を眺めながらゆったりできるカフェ-青谷町あおや和紙工房に併設されている「Cafe Berry(カフェベリー)」に行ってきました! 広々とした眺めの良い客席で過ごすカフェタ...

この記事を書いた人

アバター画像

たかお

鳥取の美味しい物、地酒、自然スポットなど、大好きな鳥取のええとこを皆さまに発信したいです( ・ㅂ・)و