鳥取県のイベントスケジュール2018年!鳥取のお出かけ情報が満載
東部エリア

[青島公園]水辺と森林を備えた自然体験!遊具で子供たちも楽しめる – 鳥取市

青島は鳥取市にある日本最大の池、湖山池にある無人島の1つです。

陸地から500メートルほどの位置にあり、橋を渡って行き来できるのでアクセスも簡単です。

春は桜の名所としても有名ですが、夏から秋にかけてはキャンプ場や森林散策のスポットとして、子ども世代からシニアまで幅広く人気の公園です。

2018年鳥取のお花見・桜スポットまとめ!有名どころから穴場スポットをご紹介鳥取のお花見・桜スポットをご紹介します。 有名どころから穴場スポットまで、開花具合がわかるように一部のスポットはツイッターと連動し...

青島公園の場所

住所:鳥取市高住

青島・入り口

陸地と青島を繋いでいる橋です。池を縦断する形でさえぎるものが何もないので、気候によってはかなり風が強いです。帽子や持ち物などを飛ばされないように気をつけて渡って下さい。

橋を渡りきってしまうと、公園内の案内図があります。今回はこれを参考にしながら森の中と周回コースについて紹介していきます。

青島公園・森林散策

島入り口から左に回ってすぐに、「冒険の森」という看板が出ています。ここから森の中に入っていきます。

緩やかな階段が設置されているので、小さなお子さんでもしっかり見てあげれば上れそうです。木立が日差しを遮るので、池を渡ってくる風がさらに涼しく感じられます。

階段を上りきるとこんな看板が立っていました。それぞれ展望台とキャン場に降りる道と、冒険の森に続いているようです。

まずは展望台を目指します。

展望台から見た湖山池と鳥取市街の様子です。右手中腹あたり、こんもりとして見えるのが鳥取市の有名な史跡、古戦場でもある久松山です。豊臣秀吉の中国攻めの激戦地となった場所です。

湖山池周辺にはこのほかにも史跡、城砦跡などが公園として保存されており、教科書では分からない歴史が学べます。

反対側に下って冒険の森へやってきました。

大きな松の木が壮観です。夏は時間を工夫すればカブトムシやクワガタに会えるかもしれません。

青島公園・キャンプ場

森から下ると水辺の広い芝生地帯はキャンプ場として整備されています。

利用料は基本無料となっていますが、子ども会等イベントで火気を使用したい場合は事前申し込みが必要です。

問い合わせ先:(株)鳥取グリーン 0857-28-5090

青島公園・周回コース

キャンプ場を離れて次は島を一周する周回コースを進みます。

全長2キロの軽いアップダウン付の道で、森の中と併せるとかなりしっかりしたウォーキングができます。

木陰と水辺に沿って歩く道はとても空気がよく、心が安らぎます。知らない間に貯めていた、日常生活のストレスが解消されるようです。

立ち木の間からのぞく水面の様子もきれいでした。

青島公園・遊びの広場

島入り口、森に入っていく道のちょうど向かいには遊具で遊べるコーナーもあります。なかなか個性的なツールが揃っていましたよ。

どっちから上るのが正解か分からない滑り台があったり、

今まで見た中で一番幅広な滑り台があったり、

どうやって使ったらいいのか分からない、逆に遊び方無限大の遊具があったり。

これなら高学年の男の子でも大盛り上がりできそうです。

青島公園・利用の際の注意点

湖山池では許可なく釣りをしてヘラブナやワカサギなどを持ち帰ることは禁じられています。釣りをしたい場合には湖山池漁協組合(0857-28-1078)に問い合わせて許可証を発行してもらってください。

また、外来種の再放流も禁止されています。許可を取って釣った場合は責任を持って持ち帰りましょう。

島内は火気厳禁になっているので、森を守るためにタバコは吸わないでください。キャンプで炊飯やバーベキューを行いたい場合は、先に挙げている管理局に確認、許可を取るようにしましょう。

園内は豊富な植物にあふれていますが、市が管轄する公園なので花や木を勝手に持ち帰らないようにしてくださいね。

以上の注意を守って、安全にマナーよく散策を楽しみましょう。

青島公園まとめ

湖山池は汽水も混じっているので、海の気配と山の清清しさを同時に味わえる魅力的なスポットになっています。

森林散策と言っても山登りほど辛くはありません。緑を楽しみながら日ごろの疲れを忘れるために出かけましょう。

周回コースは木陰が多いので、夏場日差しの強い季節も散歩に向いています。赤ちゃんを連れてのお出かけもいいですが、入り口の橋は強風が吹くこともあります。ベビーカーを押して訪れる際は充分ご注意ください。

ABOUT ME
いずみ
いずみ
鳥取市出身のウェブライターおよび2児の母およびノンプロの小説家です。とっとりずむで唯一の中年。(若干のコンプレックスあり) かつ、子育て歴10年のキャリアを通じて鳥取の子育てに役立つ情報を発信中。文学賞を取る目標に向かって、日々創作にも試行錯誤しています。  
ブログ:文学ing 森本泉の小説ブログです。
note:https://note.mu/izumimorimoto