【予約急増中!】松葉ガニが食べられる旅館・ホテルのプランまとめ
東部エリア

[とうふちくわの里ちむら]80種類の試食販売!鳥取のソウルフードが食べれるお店 – 鳥取市

慶応元年(1865年)創業の鳥取の老舗企業「とうふちくわの里ちむら

鳥取のソウルフード「とうふちくわ」をつくっている企業で、県内に本社と4つの直営店があります。

今回は、ちくわ・かまぼこ・天ぷらを80種類試食販売している布袋店(本社)に行ってきました。

揚げたての天ぷらがめっちゃ美味しかったですよ。

鳥取南IC近くで鳥取観光にもピッタリです!

スポンサーリンク

とうふちくわのちむらの里(布袋店)の場所について

鳥取南ICを降りてすぐの場所にあります。

[map addr=”鳥取市河原町布袋556”]

場所がわかりやすいので、県外からの車での鳥取観光のときに気軽に寄れそうですね。

営業時間は9:00~19:00です。

店内の様子

こだわりのちくわ・かまぼこ・天ぷらが常時80種類以上。

揚げたての天ぷらが買えるコーナー、ちくわのギフト販売、ちくわの手づくり体験ができるコーナーなどもあります。

バリエーション豊かなちくわ

店内には想像を上回るバリーション豊かなちくわの販売。

定番のちくわから「えっこれ大丈夫!?」と心配したちくわもありました。

できたての天ぷらがおすすめ!

ちくわの試食だけではなく、天ぷらの試食もありました。

しかもできたての天ぷらでめっちゃウマい!!

試食だけでだいぶお腹いっぱいになりましたね笑

休憩スペースで実食

店内の休憩スペースで購入した「ちーたま天」と「お好み焼き天」を食べました。

席数はあまりなかったので、土日など人が多い日は座るのは難しそうです。

今回は天ぷらを食べましが、もちろんちくわもおすすめです。

特に、ちむらこだわりのとうふちくわは食べておきたいところ。

ちむらでとうふちくわを購入しなかった理由は、ここに来る直前に、とうふちくわを鳥取大学の風紋祭で買って食べていたから。

ちむらにインターンしている学生が「なにたべ部」で必死に売っていました笑

とうふちくわの中でも、カレーとうふちくわがおすすめ。

個人的にカレーが好きだし、母校の鳥取商業高校の先輩が考案した商品なので笑

それにしても、想像以上に試食販売が充実していて感動しました。

さすが150年の老舗ちむら。

ちくわ作り体験もできて、雨の日でも楽しめる貴重な鳥取のスポットです。

鳥取観光の際にぜひ寄ってみてはどうでしょうか?

とうふちくわの里ちむら(布袋店)の詳細情報

店舗名:とうふちくわの里ちむら(布袋店)
営業時間:9:00〜19:00
定休日:元旦のみ
住所:鳥取市河原町布袋556
TEL:0858-76-3333

[map addr=”鳥取市河原町布袋556”]
※地図をタップすると、Googleマップが開きます。

インスタ、FB、Twitterもやってるのでぜひチェックしてみてください!


とうふちくわ君が可愛いくて癒されますよ~。

ABOUT ME
さっけー
さっけー
とっとりずむ編集長。1990年生まれ、鳥取県岩美町在住。鳥取の魅力をもっと多くの人に広めていくことが目的。新しいチャレンジを応援して、人と人を繋いでいきたい。趣味はマジック。