鳥取県のイベントスケジュール2018年!鳥取のお出かけ情報が満載
東部エリア

[cafe 木の香り]地産地消の優しい味「やくぜんオムライスカレー」が絶品だった。 – 鳥取市

鳥取駅近くのcafe 木の香りで食べれる「やくぜんオムライスカレー」をご存知ですか?

地産地消にこだわった心と体が癒される料理で、リピーターが多く観光客にも大人気。

とっとりずむではこれまでに、イカスミカレーピンクカレーなど個性的なカレーを紹介しましたが、今回紹介するカレーは体に優しいこだわりのカレーでした。

cafe 木の香りの場所

鳥取駅前の「サンロード」という小さなアーケード街にお店があります。

鳥取駅から徒歩5分ほど。なので車のない鳥取観光でも苦労せず行けますよ。

kinokaori5cafe 木の香りの看板が目印。鳥取駅から向かうとサンロードの左手にみえます。
kinokaori6「やくぜんオムライスカレー」は秘密のケンミンshowでも紹介されたみたいですね。

店内の様子

木の温かみと香りに包まれてる店内。

緑がたくさんあって、とてもくつろげる空間でした。

kinokaori10お店の中央に丸いテーブルと、細長い木のテーブルとベンチ、奥にテーブル席がありました。
kinokaori15カウンター席もあります。日の光が入ってきて心地良かったです。
kinokaori23手作りのお箸のカバー生地。こういうの見るとなんだかほっこりしますね。

木の香りのメニューについて

バリエーション豊かなカレーが揃っています。

超人気のやくぜんオムライスカレーを筆頭に、やくぜんじゃころっけカレー、やくぜんメンチカツカレー、やくざいやさいカレー、納豆カレーなどがありました。

どれも魅力的なカレーばかりですね〜。

kinokaori11お子様向けのカレーもありますよ。家族連れにもぴったり。

ドリンクは食事とセットで注文するとALL200円になります。

kinokaori12写真を撮り忘れましたが、デザートメニューもありました。

地産地消にこだわったお店。

鳥取市の「地産地消の店」認定店にも登録されています。

kinokaori13カレールゥが持ち帰りできるだと!?

鳥取の食材を使った料理

看板メニューの「やくぜんオムライスカレー(サラダ付き 850円)」を注文。

kinokaori18食欲がそそられる、とろふわのオムライス。最高すぎる‥‥

は、はやく食べたいーーーーーーー!!

と思いつつオムライスの美しさにみとれる笑

kinokaori19「いや、これ絶対うまいでしょ!」と思わせるオムライスカレー。

ケチャップライスでふんわり卵でやさしく包まれていました。

ちなみにオムライスに乗っているのはニンジンの葉。おいしく食べれましたよ〜。

kinokaori24うひゃーーー!ケチャップライス大好き笑

ルウに具は入ってないけど、野菜の旨みとスパイスが溶け込んだ優しい味。

自家栽培の特別米のきぬむすめを使用しています。

kinokaori32×カレーの組み合わせウマし!!

甘口のカレーなので、辛いのが好きな人は特製薬膳スパイスを投入しましょう。

kinokaori22「体が温まりますよ」といわれ特製薬膳スパイスをいただきました。

こだわりのサラダ。

自家栽培(無農薬)と地元野菜を使用しています。

kinokaori31ありきたりのサラダじゃない。鳥取の味を堪能できる!

食後にコーヒーを注文。

なぜかサービスでカレーのシフォンケーキが付いてきました。(理由はわかりません笑)

kinokaori34有機のコーヒー。香りが良くて癒されます。
kinokaori36シフォンケーキの甘い味とほのかに残るカレーの味が相性抜群。

会計が終わったときに50円の割引クーポンをもらいました。

一期一会を大切にする「もてなしの精神」がリピーター増加につながっているのかも知れませんね。

kinokaori37こんなにも心温まるクーポンははじめて。

店主の奥さんの素敵な笑顔でなごみ、手書きのメニューや、手作りのお箸のカバー生地など、アットホームな雰囲気の店内。

鳥取の食材をふんだんに使った優しい味で心癒されるお店でした。

他にも気になる料理があるのでまた行ってみようと思います!

cafe 木の香りの詳細情報

【店舗名】cafe 木の香り
【営業時間】11:00~18:00(LO17:30)
【定休日】月曜日
【住所】鳥取県鳥取市栄町659
【TEL】0857-29-0035
[map addr=”鳥取県鳥取市栄町659”]
※地図をタップすると、Googleマップが開きます。
ABOUT ME
さっけー
さっけー
とっとりずむ編集長。1990年生まれ、鳥取県岩美町在住。鳥取の魅力をもっと多くの人に広めていくことが目的。新しいチャレンジを応援して、人と人を繋いでいきたい。趣味はマジック。