スポンサーリンク

イケダハヤトからメディア・ブログ運営のマネタイズ方法を学ぶ【鳥取メディア研究部】

The following two tabs change content below.
さっけー
とっとりずむ編集長。1990年生まれ、鳥取県岩美町在住。鳥取の魅力をもっと多くの人に広めていくことが目的。新しいチャレンジを応援して、人と人を繋いでいきたい。趣味はマジック。

9月23日に開催された第4回鳥取メディア研究部の活動のレポートです。

鳥取メディア研究部では「鳥取の魅力をどうやったら全国に発信できるのか?」をテーマに情報発信のスキルを習得できる講座を行っています。

参考:情報発信のプロから学ぶ!「鳥取メディア研究部 〜ぼくらが伝える、鳥取」開催のお知らせ。

今回の講師は仮想通貨にハマっているプロブロガーのイケダハヤト(@IHayato)さん。

ブログ:まだ労働で消耗してるの?

とっとりずむでも課題となっている収益化(マネタイズ)にフォーカスしたメディア・ブログ運営のお話でした。

『イケハヤが斬る』の企画では・・・

そのメディア1年で消えるよ

写真が下手すぎ

文字数すくない

など、受講者のメディア・ブログを切れ味抜群のコメントで指摘。

そして何より、

イケハヤ
ローカルメディアは儲からないので、おすすめしません。
編集長さっけー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

気になる当日の様子を紹介していきます。

※ブログ名が「まだ東京で消耗してるの?」から「まだ労働で消耗してるの?」に変わってました。

スポンサーリンク

メディア・ブログ運営のマネタイズ方法

受講者の多くが興味のあるマネタイズについて、具体的な方法を学びました。

特に鳥取の魅力を発信してく上で、ボランティアのメディア運営には限界があるので、継続していくにはマネタイズが必須です。

ローカルメディアは儲からない!

早速、イケハヤさんから一言。

ローカルメディアは儲からないです

自分の胸にグサッグサッと刺さりました。

確かに基本的に稼げる分野ではないんです(後で説明します)

だからこそ運営する人は少ないし、仮に運営しても継続して続くケースがほとんどありません。

鳥取のローカルメディアはとっとりずむ以外にも過去にありましたが、立ち上げては消えて、立ち上げては消えてを繰り返しています。(とっとりずむは継続してくので安心してください)

だだしあくまでも、

普通に運営してると儲からない

というだけで、実際に収益化に成功して年収◯◯◯◯万以上稼いでいるローカルメディアを僕は知っています。工夫次第でなんとでもなると考えています。

イケハヤさんの心の声が聞こえてきます・・・

イケハヤ
まだローカルメディアで消耗してるの?

その声に対して僕の心の声・・・

編集長さっけー
消耗してねーし!(でも今の状況だと自信をもって言い返せない・・・)

稼ぎたいならアフィリエイトをやれ

マネタイズを考えたときに一般的な手段の一つとして「アフィリエイト」があります。

なんとなく怪しいイメージがある人もいるかもしれませんが、要するに営業マンと同じことをしているだけです。

アフィリエイトとは?

企業などが持っている商品を代行して販売するビジネス。販売手数料が収益となる。

商品を紹介して利益を得るにはASPの登録が必須です。

ASPとは?

アフィリエイトできる広告主の商品を紹介するためのサービス

ブログでお金を稼ぎたい!」と考えている方は、ちゃんと登録できてますか?

まだなら今すぐにするべきです。

おすすめのASP(僕が実際に使ってみて良かったもの)

A8.net

⇨会員数、広告主数ともに最大規模。

バリューコマース

⇨有名企業のプログラムが多数。

Amazonアソシエイト

⇨膨大な種類のアマゾン商品を扱っている。

収益率の高いジャンルを選ぶべし

ASPに登録されている案件を記事で紹介して、購入されると収益が発生します。

特に収益率が高い分野としては、

クレジットカード
転職
FX
美容

などが挙げられます。

上記の分野って、とっとりずむが紹介する「グルメ」「観光」などの記事とは明らかに相性が悪いですよね。

だからこそ、ローカルメディアは稼げない分野と言われているのです。

ちなみにイケハヤさんいわく、相性の良い分野の場合、ひと記事が100万稼いでくれることもあるとのこと。

編集長さっけー
いや〜、夢がありますね〜(遠い目・・・)

必要不可欠なSEO対策

ユーザー(お客様)は検索エンジンからやってくる場合がほとんどなので、読んでもらうために書いた記事を検索上位に表示させることが必要です。

このテクニックをSEOと言います。

特に検索エンジンの中でも、Googleの利用率が高くなっています。

そのため、Googleの検索上位に記事を表示させるSEOを身につけることで、収益化・PVアップが見込めます。

これからは個人の時代

今年になってから個人をサポートするサービスが急増しています。

SNSで発信力がある人ほど有利になる傾向があるので、少なくともFacebook、Twitterは登録して活用しましょう。

フォロワーが多い人ほど、VALUやpolcaなどで簡単に資金調達ができます。

そのためには、どんどん自分をPRしていくことが大切。顔出しをすることで、誰が運営しているのか明確に分かるので信用性は増していきます。

VALUとは?

株取引のように“個人の価値”を売買できるネットサービス。

参考:個人で株式を発行できる時代が到来したらしい。早速「VALU」に登録してみた。

polcaとは?

身近な友だち同士ではじめる、フレンドファンディングアプリ。

参考:『polca(ポルカ)』は資金調達アプリではない。「優しいお金」で繋がるコミュニケーションツールだ

常にワクワクしていることが重要!

何事も続けていくにはモチベーションが大事です。

だからこそ、

常にワクワクの状態を保つ」ように心がけましょう。

もちろん、お金を稼ぐことも大切ですが、ワクワクの状態がないと収益化に至るまでに挫折してしまいます。

僕がとっとりずむを2年近く運営できている理由は「取材を通じて、鳥取の知らなかったスポットや魅力を発見できて、毎日が楽しい!」と実感しているからです。

また人との繋がりが増えて、ワクワクする日々が多くなりました。

とっとりずむをきっかけとして、個人でライティングの仕事をもらったこともあります。

本当、ローカルメディア楽しいですよ。

質問タイム

イケハヤさんに対しての質問タイム。

質問の中でも2つ紹介させていただきます。

「どうすれば、アフィリエイトリンクのクリック率を上げれますか?」

イケハヤ
購買意欲の高いキーワードを見つけて記事を書きましょう。

例えば、青汁を紹介したいときに「青汁・効果」のキーワードで記事を書くよりも「青汁・ダイエット」で記事を書く方が悩みが具体的なので、購買意欲の高い人が検索で見つけてくれます。

そのため購入のクリック率が高くなります。

このように、ユーザーが実際にアクションをしてくれるであろう検索ワードをしっかりと調査して記事を作っていくことが重要です。

「誰かアフィリエイターで凄い人はいないですか?」

イケハヤ
ノマド的節約術の松本さん、まじまじぱーてぃーのあんちゃさん、クレジットカードの読み物の方などですかね〜。

今回紹介された方はほんの一部で、イケハヤさんは「僕なんかより稼いでいるアフィリエイターさんはたくさんいる」と話してました。

実際にアフィリエイトで稼いでいる人のHPをみて研究してみるのも良いですね。

※ノマド的節約術の松本さんは、アフィリエイターではありませんでした。

イケハヤが受講者のメディア・ブログを斬る

受講者のメディア・ブログの問題点をザクッと斬る企画。

あまりにも的確なアドバイスに返す言葉がなくて、無言のままの受講者もいたほど。

totto(トット)

HP:totto(トット)

鳥取なにたべ!

Twitter:鳥取なにたべ!(@tori_tori_dune

アプリ:鳥取なにたべ!

職業:農家 ☆ちけの就農奮闘記☆

HP:職業:農家 ☆ちけの就農奮闘記☆

Twitter:ちけ(@chike_chike_ok

※今回の受講をきっかけにTwitterを始めています。即実践の行動力がすごい!

なりじょしん家

HP:なりじょしん家

Twitter:なりじょし(@narijoshi0125

ハロー鳥取ハロー保険

HP:ハロー鳥取ハロー保険

Twitter:ハロー@鳥取の保険屋さん(@hello_tottori

ちなみに、とっとりずむでは紹介記事を書いています。

参考:【子育て世代必見!】鳥取のお得情報満載のサイト「ハロー鳥取ハロー保険」とは一体!?

稼ぎにくいローカルメディアと真摯に向きあおう

今回の講義を通じて、効果的なマネタイズ方法を学ぶと同時に、ローカルメディア運営の難しさを改めて実感しました。

だからこそ、今まで以上に真摯に向き合って行かなくてはいけません。

ローカルメディアが消耗していかないために、

現時点でしていることは、

・広告バナースポンサー(1社と提携)
・有料のPR記事(来月までに3本予定)
・クリック型の広告(グーグルアドセンス)

今後やるべきことは、

・既存の記事に最適なアフィリエイトプログラムを見つける。(またはアフィリエイトに合った鳥取に絡めた記事を書く)
・個人ブログでも収益化を図る。

他にも、ここにはあえて書きませんが、色々と挑戦してみるつもりです。

何事もやってみないと分かりません。

イケハヤさんにしても「なんでこの記事こんなに収益がでるの?」と不思議に思うこともあるそうです。

トライ&エラーをひたすら繰り返していくしかないです。

それを続けていくには、ワクワクを保つこと。

そして、熱量が必要です。

鳥取メディア研究部の活動から得た熱量も糧に運営していきます。

1年後にはガンガン稼いで、

イケハヤさんに、

編集長さっけー
まだ仮想通貨で消耗してるの?
イケハヤ
・・・・・・・・・・・・
編集長さっけー
時代はローカルメディアですよ!!

と言ってやりたいです。

リアルに実現できるように取り組んでいくので、今後にご期待ください!

PS.

2次会では、鳥取のブロガーりょうかんが経営するブックカフェで、美味しい料理をご馳走になりました。

キッチンスタッフののさん、ありがとうございました!

また行きます!!

スポンサーリンク