スポンサーリンク

『鹿野芸術祭01』開催のお知らせ。城下町とアートが出会う7日間 – 鳥取市鹿野

昨年、鹿野在住アーティストを中心に始まった「鹿野芸術祭」が、2017年は鳥取と縁のある県内外そして海外からのアーティストも含む15組に増え開催されます。

各会場ではアーティストトークとして、作品の制作について作家と直接お話していただくことで、もっと肌に近くアートを感じてもらえる7日間になると思われます。

鳥の演劇祭」「週末だけのまちのみせ」そして「鹿野芸術祭01」見どころ満載の秋の鹿野が今年もやってきました!

スポンサーリンク

参加アーティスト

県内はもちろん、県外、海外からも個性豊かなアーティストが集結。

絵画、陶芸、染色、イラスト、映像など、幅広いジャンルの作品が楽しめます。

ひやまちさと × wakruca(音と空間のインスタレーション/鹿野町)
杉森康行(絵画/鳥取市)
美藤康夫(陶芸/東京都)
三谷さやか(染色・刺繍/鳥取市)
成瀬望 (絵画/大阪府)
井上智弘”わかめ”(写真/鳥取市)
宮内博史(絵画/千葉県)
藤田美希子(絵画/千葉県)
Gemma Wilson ”ヘマ”(イラスト/オランダ)
Elisabeth Mossbauer ”リリー”(イラスト/オーストリア)
Franz Impler ”フランツ・インプラー”(映像/ドイツ)
Malwine Stauss ”マルヴィネ・スタウス”(映像/ドイツ)
Larissa Sharina ”ラリッサ・シャリナ”(映像/ロシア)
Elenor Kopka ”エレノア・コプカ”(映像/ドイツ)
山本晶大(映像/高知県)

※参加日、会場ともは各アーティストにより異なるのでご注意ください。

アーティストトークの日時

作品への想いに触れれるアーティストトーク。

あらかじめ「この人の話が聞きたい!」と決まっているなら、日にちと時間を合わせて、余裕をもって行きましょう。

ひやまちさと× wakruca:9月9日15:30
三谷さやか:9月10日15:30
藤田美希子:9月16日16:00
Gemma Wilson:9月17日16:00
宮内博史:9月18日16:00
杉森康行:9月24日15:30
美藤康夫:9月23日15:30

会場は事前にご確認ください。

食欲の秋、読書の秋、そして芸術の秋

9月に入って、徐々に秋を感じてきました。

鳥取の朝、夜は涼しくて、半袖ではちょっと寒いくらいです。夏の終わりを実感しています。

ちなみに秋の涼しい季節は、感受性や繊細さが高まり、物事に熱中するの適しているそうです。

芸術の秋」とはよく言ったものですね。

ということで、

芸術を楽しむなら…

秋が一番おすすめです!

去年にも増して豪華アーティストが揃い、期待が高まる鹿野芸術祭。

お友達、カップル、ご家族などで、ぜひ行ってみてください。

鹿野芸術祭01の詳細情報

※クリックで拡大表示されます。

会期:2017年9月9日()10()16(土)17()18(月祝)23()24()
時間:10:00〜17:00
会場:鳥取市鹿野町内各所
主催:鹿野芸術祭実行委員会(NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会内)

同時開催 「鳥の演劇祭」

同時開催「週末だけのまちのみせ」

スポンサーリンク