スポンサーリンク

[三朝温泉「株湯」]飲湯ができる!300円で入れる公共温泉。- 三朝町

こんにちは。とっとりずむライターのAIです。

温泉好きが講じて、先月温泉ソムリエになりました。

そんな温泉ソムリエが鳥取の温泉を紹介していきたいと思います。

記念すべき第1回目は、三朝町の三朝温泉。「三度朝を迎えると病が治る」と言われたことが地名の由来で、昔から湯治の場として多くの人に親しまれています。

中部エリアにあるので、鳥取観光の立ち寄りスポットとしてもおすすめです。

今回は、そんな三朝温泉から株湯を紹介します。

株湯の場所

場所は、県道21号線から、路地に入り約2、3分ほど

駐車場は、13台分、駐輪場もあります。

株湯について

株湯は、三朝温泉が発見された場所とされています。

外には、足湯と飲湯場が設置されています。

湯温高めの温泉

店内に入ると、すぐにチケットを購入しスタッフさんに渡します。

まずは、浴室に入る前に分析表を見てみましょう。

源泉は、51.0℃とかなり高いです。

溶存物質が0.925gと定義にかなり近い値になっております。

泉質は、単純弱放射能温泉。

放射能泉は、高尿酸血症、痛風、尿路慢性炎症、糖尿病に効果があり、下垂体副腎系、卵巣、睾丸の機能を高める効果が期待されます。

また、腎機能の改善、神経痛、リューマチ、神経麻痺、自律神経過敏状態にも効果があるとされています。

お湯を飲むこと体内に取り込むことができますので、ぜひ入り口で飲湯してみてください。

いざ、浴室内へ

洗い場は5つ、シャワーがないので要注意です。

こちらが浴槽です。ざっと、2m×2mとそれほど広くはありません。

ちなみに、こちらの浴室内は30.8℃、浴室内は45.1℃とかなり高めです。

PHは6.98、中性です。

必ず、浴槽に入る際は、足元から何回か分けてかけ湯をしましょう。

※かけ湯をせずにいきなり入ると、血圧が急上昇し大変危険です。体を洗うという目的もありますが、体を慣らすためにもかけ湯は必ず行いましょう。

5/3、4に花湯祭りが行われますので、こちらもぜひ行ってみてくださいね。

計器は正式なものではないので、参考までにお考えいただければと思います。

今後も、県内の温泉をどんどん紹介していきたいと思いますので、楽しめていただければと思います。

また、内容についての指摘やご質問があれば、よろしくお願いします。

三朝温泉 株湯の詳細情報

店舗名三朝温泉 株湯(かぶゆ)
ジャンル
住所鳥取県東伯郡三朝町三朝634-1

アクセス米子自動車道湯原ICから約40km / JR山陰本線倉吉駅から日ノ丸バス三朝温泉方面行きで20分三朝温泉下車。
営業時間8:00~21:45、月曜は10:00~21:45
定休日なし
TEL0858-43-0431
駐車場13台ほど
参考HP とっとり旅の生情報
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

AI

鳥取県湯梨浜町出身。大阪の専門学校、某ファストフード社員を経て、鳥取にUターン。現在は、SEをしながらバドミントン、アカペラなど趣味にも没頭。モットーは、「アモーレ・カンターレ・マンジャーレ(よく愛し、よく歌い、よく食べる)」2017年4月温泉ソムリエ。