スポンサーリンク

HOME8823がリニューアルオープンしたので行ってきました。- 八頭町

3月4日(土)にリニューアルオープンしたHOME8823に行ってきました。

ゆったりと寛げる個室に、子どもたちが遊べる「PARK8823」、季節を感じられる「料理長厳選の定食」など、お客さんをおもてなす工夫が盛りだくさん!

以前にも増して居心地の良い空間となっていました。

リニューアルオープンした当日に行ってきましたので、店内の様子や実際に食べた料理などについて紹介していきます。

場所について

今回のリニューアルは改装なので、場所は以前と変わりません。隼駅をでて、徒歩1分ほど直進するとお店があります。

看板に「NewOpen」の文字を発見。

営業時間はランチが11時〜15時、ディナーが18時〜23時。遅い時間でもご飯が食べれるのが嬉しいポイントの1つ。

田舎って20時、21時あたりで営業終了するお店が結構多いですからね。仕事終わりでも安心していけます。

リニューアル後の店内

木の温かみのあるアットホームな空間。

以前あった椅子、机はそのまま使用されてました。

カウンター席は開放的で明るい雰囲気。以前はカウンター席の正面が厨房だったのですが、場所がずれたので、より落ち着いてご飯を食べれますよ〜。

僕みたいによく1人でお店に行く人にとってこれは嬉しい!!

店内の左奥で、物置として使用していたスペースでも食事ができるようになっていました。

しかも、個室が2席完備されていました!!

プライベートな空間なので、ゆっくりと話したいときにおすすめですね。

さらに2階に上がると子どもたちが楽しめる空間「PARK8823」がありました。

滑り台におままごとセットなど、子どもたちがワクワクしそうですね!

お店のスタッフに元保育士の方がいました。納得のクオリティーですね。

一瞬「ここは保育園?」かと錯覚してしまいます。

みんな大好きの滑り台

本格的におままごとが楽しめます。たのしそ〜。

メニューについて

限定10色の旬を楽しむ料理を始め、大幅に変わっていました。

地元で採れたものをふんだんに使用しています。地産地消のお店です。

実際に食べた料理について

料理長厳選の旬を楽しめる料理(1,500円)を注文。

雪溶けと春の訪れを感じられる」が料理のコンセプトです。季節感が伝わってきて、見て、食べて楽しめます。

春の訪れを感じさせる「さくら生麩のふきのとう白味田楽」

雪溶けを感じれる「菜の花となめこの雪解どけみぞれ酢」

いかかでしたでしょうか?

今回のリニューアルでは「お客さんをおもてなす」というコンセンプトが強く伝わってきました。

地元の方、観光客ともに寛げる場所だと思います。当日は、常連さんも多く「地域に愛されているお店なんだなぁ〜」と強く実感しました。

地域のコミュニティースペースにもなっていると思います。

居心地の良い空間で楽しめる、地産地消の料理をぜひ食べに行ってみてください。

HOME 8823の詳細情報

店舗名:HOME 8823
ジャンル: カフェ、コミュニティースペース
営業時間:11:00~15:00  / 18:00〜23:00(LO.22:00)
定休日:火曜日
カード:不可
電話番号:0857-71-0291
アクセス:若桜鉄道隼駅から徒歩1分
住所:鳥取県八頭郡八頭町見槻中176-4

”鳥取県八頭郡八頭町見槻中176-4”
スポンサーリンク