[薬膳食堂めぐり]元気は正しい食事から – 倉吉市

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
AI

AI

鳥取県湯梨浜町出身。大阪の専門学校、某ファストフード社員を経て、鳥取にUターン。現在は、SEをしながらバドミントン、アカペラなど趣味にも没頭。モットーは、「アモーレ・カンターレ・マンジャーレ(よく愛し、よく歌い、よく食べる)」2017年4月温泉ソムリエ。

倉吉から蒜山に向かう途中、関金に薬膳を主体としたごはん屋さんがあります。

場所は、関金温泉の近く、わさび特産センターの敷地内。
ログハウス風のつくりが特徴的です。

薬膳食堂めぐりについて

中では、暖炉がお出迎え。冷えた体を温めてくれます。

こちらのお店は、からだにやさしく、おいしい薬膳料理をいただけますが、メニューでは薬膳とは何かをわかりやすく説明してあります。

レストランなどのような気取った食事ではなく、昔ながらの食堂のような温かく懐かしい食事をご用意しています。」というところにお店としてポリシーを感じることができますね。

健康的なメニュー

週替りランチの他に、カレーやスープ粥などどれも体に優しそうなメニューですね。

スイーツも充実しており、生姜パウンドケーキは冷えに効果があるなど、効果もきちんと書いてあります。

実際に注文した料理

この週のランチは、
・白ネギの豚肉巻きと長芋の黒酢炒め(中央)
・温野菜のアンチョビソース(左上)
・かぶの生姜あんかけ(右上)
・黒米ごはん(左下)
・お味噌汁(右下)
の5品

メインの白ネギの豚肉巻きと長芋の黒酢炒め。

ネギ好きの私にはうれしく輪切りの白ネギに豚肉が巻きつけて、黒酢を主体したソースでさっぱり炒められています。

一緒に長芋も炒めてあり、サクッとした食感を味わいました。

デザートには杏仁豆腐。

どうしても、薬膳や医食同源と聞くと体にいいだけで味はあまり…や、漢方薬をたくさん使ってるようなイメージだったのですが、そんなことはなく、野菜などの素材の味を活かしながら、
体にやさしいおいしい家庭料理という感じで、満足感のあるランチでした。

普段の食事の大切さを改めて感じることができるお店ですね。

薬膳食堂めぐりの詳細情報

店舗名:薬膳食堂めぐり
営業時間:10:00~18:00
定休日:月曜日
住所:鳥取県倉吉市関金町安歩81-1
TEL:0858-48-7788

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

AI

鳥取県湯梨浜町出身。大阪の専門学校、某ファストフード社員を経て、鳥取にUターン。現在は、SEをしながらバドミントン、アカペラなど趣味にも没頭。モットーは、「アモーレ・カンターレ・マンジャーレ(よく愛し、よく歌い、よく食べる)」2017年4月温泉ソムリエ。