スポンサーリンク

【観光情報も満載!】鳥取県民手帳とひなビタ♪がコラボした 「くらみん手帳」を買ってみた – 倉吉市

鳥取県民手帳と話題のひなビタ♪がコラボした「くらみん手帳」を知っていますか?

倉吉とひなビタ♪の情報が満載の手帳です。
手帳の中身は倉吉の紹介や、架空都市である倉野川市の紹介を交えてのひなビタ♪の紹介もあり、♪を知らない方でも楽しめる内容でした。

倉吉、鳥取の観光情報がぎっしりと詰まっているので観光ガイドブックにもぴったりです。

想像以上に充実の内容。侮れないですね・・・

倉吉市内の今井書店倉吉店 パープルタウン店ほか 市内のお土産ショップなどで購入できます。また県外の方はオンラインショップからも購入できますよ。

ひなビタってなに?

ひなビタ♪とは、2012年11月21日より開始されたコナミデジタルエンタテインメントによるWeb連動型音楽配信企画のことです。

「商業施設の発展で寂れてしまった生まれ故郷の日向美商店街(ひなたびしょうてんがい)を盛り上げるべく、5人の少女たちが町興しのためにバンド活動を始める」というバックストーリーに基づき、公式サイトを中心にFacebook上のブログやYouTube上のWebラジオなどで楽曲の制作風景やバンド活動の経過をリアルタイムで実際に報告していき、完成した楽曲を公式サイトおよび着うた、iTunesで随時配信するという体裁を取っている。

2016年4月1日に倉吉市が、『ひなビタ♪』の舞台である架空の都市「倉野川市」と姉妹都市提携を発表しました。

一時期話題となったニュースですね。
まさか市が公式に提携するとは正直思ってもいませんでした・・・

エイプリルフールの日だからなおさら笑

現在、倉吉市ではひなビタ♪を活用した地域おこしが活発に行われています。

くらみん手帳について

全国版と倉吉市限定版の2種類あります。
価格は税込みで1000円。

県外の店舗でも販売していますが、すぐに完売しているみたいです。

結構人気なんですね〜。

今回は、倉吉市のパープルタウン内にある今井書店にて、倉吉市限定版山形まり花verを購入。

僕の押しメンです!!

在庫はまだまだありましたよ。

手帳を開くと倉野川市のMAPが載っています。

倉吉市が舞台になっているんですよね〜。

市長直々のメッセージ。

ここまで市が連携しているのが凄い!「めう〜」とか言ってるし笑

もちろん普通に手帳としてカレンダーやスケジュール管理に充分に使用できます。
手帳として申し分ないです。

簡易的に日記もつけれます。

ひなビタ♪の情報も満載です。ひなビタ♪初心者にもぴったりですね。

ひなビタ♪の各メンバーの紹介もありましたよ〜。
自分の推しメンをみつけましょう!

倉吉の情報もコンパクトにまとめられていました。

イメージキャラクターくらすけくんのプロフィール初めて見た笑

町の見所スポットも掲載されています。

どれも観光地として人気のあるスポットばかりですね〜。

 

さらに別冊で「暮らしの便利手帳」と「まちあるきぺったんたん」が付いていました。

これがなかなか充実の内容でして・・・

まず「暮らしの便利資料」ですが、コンパクトな冊子に鳥取の情報が凝縮されています。

鳥取観光に便利な自動車道路と道の駅のMAP。

観光雑誌にはあまり見かけない「とっとりの酒造MAP」などディープな情報もありました。

さらに、スタンプ台紙の「まちあるきぺったんたん」にはひなビタ♪のパネル設置場所が載っています。

この一冊されあれば、ひなビタ♪関連の情報バッチリ。
ひなビタ♪ファンならぜひ一冊は持っておきたいです。

路線バスを利用してパネルめぐりを楽しみましょう!

倉吉市のお店紹介では、先日訪れた「ティーランジダイアナ」を発見!

やっぱしひなビタ♪といえばこのお店の存在が大きいです。ひなビタ♪とコラボしたのはここが初めてだそうです。

参考:[ティーラウンジ・ダイアナ]ひなビタで話題のちくわパフェを食べてきました。

倉吉とひなビタ♪の情報が満載で値段以上のお得感がありました。

これ1冊あれば倉吉観光+ひなビタ♪が満喫できると思います。
ひなビタ♪を知らない人にもおすすめの内容です。

ぜひ購入してみてください!

ひなビタ♪の最新情報はこちらから

ひなビタ♪ポータルサイト

ひなビタ♪Facebook

ひなビタ♪Twitter

スポンサーリンク