スポンサーリンク

【牛乳めし!?】鳥取の特A級変わり種グルメを食べてきました。

琴浦町で牛乳をご飯にぶっかけた料理を発見しました。

その名も「牛乳めし

そのまんまですね笑
お茶漬けやねこまんまのようなイメージでご飯に牛乳をかけて食べる、鳥取の変わり種グルメ。

名前を聞いただけでは「美味しそう!」とは到底思えないですが、どんな味か気になったので実際に行ってました。

牛乳めしが食べれる場所

最寄りのJR浦安駅から車で5分ほどの場所にある「ちっちゃなレストラン」で牛乳めしを提供しています。

店内の様子

お店に入るとすぐ左手にメニュー看板を発見。

ステーキメニューを押しているようで、牛飯めしは変わり種メニューとしてひっそりと書かれていました。

洋風チックな店内。

営業時間は11時~15時(冬季は14時まで)です。

牛乳めしって美味しいの?

牛乳めしはコーヒー付きで500円。

黒い器の中に白いごはんと白い牛乳が色鮮やか。
全く食欲がそそられない笑

牛乳は温かったです。
夏は冷たい牛乳になります。

ごはんの上に乗っているのはラー油とねぎ。

ラー油があるならまだマシか」と思いつつ・・・

店のおばちゃんに「ごはんを崩しながら食べてください」と言われたので、恐る恐る崩してみる。

そして実食!!

一口食べた感想は・・・・

食べれなくはない!

予想していた味よりは美味しかったです!

あくまで予想していた味よりは笑

牛乳の臭みは少なく出汁で食べやすくしているようでした。

だからこそ、なんとか食べれる味。
スパイスのラー油が完食までのサポート役をしてくれます。

特に温かい牛乳なので、甘みが強いんです。

もともとは、「夏の暑いシーズンにあっさりとした料理を提供したい!」ということで、ごはんに冷たい牛乳をかけて「牛乳めし」として提供を始めたという経緯があります。

なので夏に行くのがおすすめですね!

口直しに食後のコーヒー。

牛乳めしを完食した後の余韻に浸ります笑

牛乳めしを目的に「また次も食べていきたい!」とはお世辞にも思いませんでしたが、店のおばちゃんがとてもフレンドリーに接客してくれたので、お店自体は「また行きたい!」と思いました。

牛乳めしは写真映えもするし、話のネタにはバッチリです。
一度は体験しておきたい味かもしれません。

気になった方はぜひ行ってみてください!!

ちっちゃなレストランの詳細情報

店舗名:ちっちゃなレストラン
営業時間:11:00~15:00(1月・2月冬期 11:00~14:00)
定休日:不定休日あり。年末年始は休業
住所:鳥取県東伯郡琴浦町逢束806 JA鳥取中央新鮮市場プラッツ中央
TEL:0858-53-1100

スポンサーリンク