[大社湯]冬至に国の文化財でゆず湯 – 倉吉市

スポンサーリンク

12月21日冬至。

この日、倉吉市にある大社湯で「大社湯 復活祭」と称して、無料でゆず湯風呂に入れるというイベントをやっていました。

taishayu8

この大社湯、明治時代から続いており2010年に国の文化財に選ばれた鳥取県内では一番古い大衆浴場だったのですが、10月の地震で壁面のタイルが剥がれ落ちたりしてしばらく営業をやめられていました。

営業再開は少し前にされていたのですが、せっかくなら大々的にアピールしようということで、今回のイベントに至ったそうです。

大社湯の場所について

白壁土蔵群から歩くこと5分ほど出雲大社 倉吉市分院の隣にあります。

”鳥取県倉吉市新町3丁目2292”

 

taishayu5

浴場内の様子

中に入ると、昔ながらの体重計がお出迎え。

taishayu9

壁に貼られた入浴者の心得も時代を感じさせられます。

taishayu4

日付を見ると、なんと「昭和三十三年」のものでした。

メインのゆず湯をいただくべく、いざ中へ。

元の状態を知りませんが、壁のタイルはきれいに修復され、所々に浮世絵などが楽しめます。

taishayu3

桶はもちろん、ケロリン!!

taishayu10

シャワーも、壁に固定式についております。

taishayu2

肝心のゆず湯といえば、こんな感じ。

taishayu1

約1.5m四方の湯船に大量のゆずが本当にいい香りです。

このゆず、40kgもあり、この日のイベントのために倉吉市長からの贈り物とのこと。

中では、たまたま倉吉市の職員の方がおられ、一番風呂は20代の女性だったとか、東京や大阪のほうからも来られた方がいたなど、いろいろお話をさせていただきました。

お風呂上がりには、ご主人の方ともお話でき、昔ながらのふれあいを感じることができました。

これから冬が本格的になり、どんどん寒くなってきます。

温かいお風呂が恋しくなる季節でもありますよね。

ぜひ、国の文化財で心も体も温まってみてはいかがでしょうか?

大社湯の詳細情報

店舗名:大社湯
営業時間:16:00~21:00
定休日:毎月5、15、25日
住所:鳥取県倉吉市新町3丁目2292
TEL:0858-23-2093

”鳥取県倉吉市新町3丁目2292”
※地図をタップすると、Googleマップが開きます。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

AI

鳥取県湯梨浜町出身。大阪の専門学校、某ファストフード社員を経て、鳥取にUターン。現在は、SEをしながらバドミントン、アカペラなど趣味にも没頭。モットーは、「アモーレ・カンターレ・マンジャーレ(よく愛し、よく歌い、よく食べる)」