スポンサーリンク

2016年鳥取砂丘イリュージョンに行ってきた感想

2016年12月10日〜12月25日の期間で開催している鳥取砂丘イリュージョンに行ってきました。

なんやかんやで今年も開催(14回目)。
嬉しすぎたので初日から行ってきました!

関連記事:まさかの今年も開催!鳥取砂丘イリュージョン2016の詳細について

前年にも増して見所満載のイルミネーションでしたね。
これを見ずに鳥取の今年は終われませんよ。

鳥取砂丘イリュージョンの開催場所

鳥取砂丘の駐車場周辺が会場です。
決して砂丘のど真ん中を歩くわけではないので安心してください笑

混んでなければメインのコースは20分〜30分程度で満喫できます。

tottorisakyu-lllusion201673

普段は有料の駐車場もイルミネーションの時間帯は無料で駐車することができます。
これはありがたいですね。

ちなみに車のない学生や観光客には鳥取駅から期間限定のシャトルバスが運行しているので利用しましょう。

12

鳥取砂丘イリュージョンのスポット紹介

スポットごとに見所満載のイルミネーション。

インカの太陽、ナスカの地上絵、アマゾンのアーチ、愛の鐘ピラミッド、イグアスの滝など、南米の世界遺産がテーマとなっています。

tottorisakyu-lllusion201653

点灯時間は17時半〜21時半まで。
冬の砂丘は想像以上に寒くなるので、しっかりと着込んでいきましょう!

鳥取砂丘入り口の階段からスタート

イリュージョンのコース入り口は、砂丘の入り口の階段となっています。
普段はこんな感じですが・・・

tottorisakyu-lllusion201691

どーーーーん!!
ライトアップすると色鮮やかな虹色の階段に変貌。まさに光のイリュージョン!

tottorisakyu-lllusion201679

公式ホームページで確認できましたが、こちらの階段はマヤのピラミッドをイメージしているみたいです。

ちなみにイルミネーションのコースは、階段を上って左周りにぐるっと一周して戻ってくるまで。

インカの太陽

階段を上るとインカの太陽に出会います。
さきほどの写真と比べると分かりますが、目が閉じたり開いたりと表情が変化しています。

これは面白い!!

tottorisakyu-lllusion201632

ナスカの地上絵

さらに下を見下ろすとナスカの地上絵を発見。
思っていたよりも縦に長い。

tottorisakyu-lllusion201681

だんだん南米の雰囲気がでてきました。
普段の砂丘の夜は真っ暗なので、余計に光がきれいに見えます!

アマゾンのアーチ

次に見えるのはアマゾンのアーチ。
星やハートが散りばめられたアーチで幻想的な雰囲気でした!

tottorisakyu-lllusion201630

本当にきれい!!
写真映えもバッチリなので、ここで写真撮影をする人も多かったですね。

tottorisakyu-lllusion201682

愛の鐘ピラミッド

アーチをくぐると愛の鐘ピラミッドがあります。
愛の鐘を鳴らすと良いご縁があるかも・・・的なやつですね。

tottorisakyu-lllusion201639

幸せを呼ぶ黄色でライトアップされています。
結構人が並んでいたので、場合によっては鳴らすまで時間がかかることもありそうです。

子ども広場

幸せの鐘を過ぎるともうゴール(最初の階段手前)まであと少しです。
スローブを下っていく途中に・・・

tottorisakyu-lllusion201642

子ども広場のイルミネーションが見えます。
カリブの海賊をイメージしたかのような海賊船や、アフリカの動物達が光っていました。

子ども達に人気のエリアです!

tottorisakyu-lllusion201686

イグアスの滝

最後の見所はイグアスの滝。

tottorisakyu-lllusion201646

一面に広がる青い光が世界最大の滝を表現しています。

tottorisakyu-lllusion201643

光に見とれて思わず立ち止まってしまいました。
それほどキレイに輝いています。

子どもが楽しめるスポット

メインのスポット以外にも、子ども専用の楽しめるスポットがありました。
どうやら鳥取湖陵高校からの出し物みたいです。

場所は子ども広場のすぐ近くですよ。

なぞなぞ迷路

案内の看板には載っていなかったスポット。
ちょっとした迷路になっているので、小さいお子さんにおすすめです。

tottorisakyu-lllusion201687

なぞなぞの意味はイマイチよくわかりませんでしたが笑

けんけんぱイルミネーション

普通のけんけんぱもライトアップされると雰囲気が違いますね。
シンプルですが良いアイディアです。

tottorisakyu-lllusion201688

あったか〜い料理のカップバー

今年もカップバーが開催。
イルミネーションを満喫して冷えてしまった体は、あったかい料理を食べて温めましょう!

屋台では主にワンコインで食べれる料理を提供してますよ。

tottorisakyu-lllusion201675

Churrasco(シュハスコ)

南米ブラジルがコンセプトの屋台。
がっつり系の肉料理、ソーセージなどがありました。

tottorisakyu-lllusion201655

「ソーセージの串焼き(600円)」を実食。
ジューシーで熱々のソーセージ。

tottorisakyu-lllusion201693

寒いので熱々くらいがちょうど良いですね。
一口サイズで食べやすく、あっという間に完食しました。

MARUTA

砂丘ばくだんの文字でインパクト抜群の屋台。
これは食べていないので実際に行って確かめてみてください。

tottorisakyu-lllusion201656

 まる麺

鳥取市湖山に本店がある「まる麺」も出店してます。
この期間中だけのワンコインラーメン(ハーフサイズ)が食べれますよ。

tottorisakyu-lllusion201657

にゅうぱある

かき揚げうどん、クリームシチューを販売している屋台。
ん〜なかなか斬新な組み合わせです。

tottorisakyu-lllusion201658

単純にシチューが好きなので買っちゃいました笑
写真ではわかりませんが、カップの奥の方に具がたっぷりと入っていて美味しかったですよ。

tottorisakyu-lllusion201601

PASION

タコス、クラムチャウダーなどの料理を販売している屋台。
「帰ってきたタコス屋」というキャッチフレーズが書いてましたので、もしかすると以前に出店していたのかもしれないですね。

tottorisakyu-lllusion201659

龍神荘グループ&政夢

こちらは1つの屋台に2つの店が出店していました。

漁師汁は龍神荘グループ、焼きそばが政夢。

tottorisakyu-lllusion201660

龍神荘は、岩美町地域おこし協力隊の方が経営していますが、さすがに砂丘の出店には来れないので代理の方が料理を出していました。

それで名前が龍神荘グループとなっていたんですね。

体の芯まで温まるワンコインのカニ汁は大人気。
21時頃には完売したそうです。

tottorisakyu-lllusion201664

政夢の「焼きそば(500円)」はテイクアウトして夜食に食べました。
ギッシリとカップに詰まっていたので、ボリュームがあって結構お腹いっぱいになりました。

tottorisakyu-lllusion201695

政夢はとっとりずむでも先日レポート記事を書いたばかりですね。
たこ焼きも絶品ですので、ぜひ食べに行ってみてください!

関連記事;[政夢(まさゆめ)]岩美町岩井地区のローソンポプラ近くにたこ焼き屋台がオープンしていた。

どんづまりハウス

岩美町のイベントに引っ張りだこの「どんづまりハウス」が砂丘()でも出店。

イベントでは定番となっている「いのししのから揚げ(500円)」を販売してました。
ノーマルとチリソース、ガラムマサラ味の3種類から選べます。

tottorisakyu-lllusion201667

いつも食べてるのについつい注文しちゃいました笑

tottorisakyu-lllusion201670

いのししのから揚げってどんな味か気になりますよね。
思った以上に臭みがなくて、おやつ感覚でパクパク食べれちゃいますよ。

関連記事:【山奥にある小さな食堂】岩美町の山の恵みは「どんづまりハウス」にあり!!

ステージイベントも開催してます!

毎週土日にステージイベントを開催。
第1週は地元の高校生やアイドルのダンス、ライブなどが行われていました。

tottorisakyu-lllusion201614

鳥取名物の「しゃんしゃん傘踊り」も見れて良かった〜。

tottorisakyu-lllusion201671

地元民が一丸となり、今回のイリュージョンを盛り上げます!!

tottorisakyu-lllusion201603

迷っているなら間違いなく行くべき!

鳥取砂丘かぁ〜、寒いしどうしようかな〜?」と迷っている方、大丈夫です!!

会場まで駐車場からすぐ近くだし、温かい料理も待っているので。

鳥取東部で最大級のイルミネーション。
なにより無料なのに想像以上に楽しめます!!

とりあえず行くっきゃないでしょ!!

鳥取でも数少ない一大イベント。
イルミネーションに合わせて一泊して観光するのもありですね。

地元の方はこれを見ずして鳥取の今年は越せませんよ。

友達、カップル、家族などでぜひ行ってみましょう!

スポンサーリンク