学生同士が高め合う空間創り!WTTの事業説明会に行ってきた感想。

スポンサーリンク

10月1日(土)、鳥取市の鳥取大学サテライトキャンパスSAKAE401で開催されたWTTの事業説明会に行ってきました。

WTT(Wake up Teenager in Tottori)とは、鳥取大学の学生が立ち上げた団体で、学生同士が高め合う空間を創りを目的としています。

具体的には、学生同士の勉強会や、鳥取の学生と社会人の交流を実施していく予定です。

今回はそのキックオフイベントということで、主にWTTの事業説明と参加者の討論会という内容でした。

実際に行ってきましたので、WTTについてや、当日の様子についてなど書いていきます。

開会式・WTT代表挨拶

WTT共同代表の古林智くんが司会進行を務めました。

wtt11

鳥取大学の1回生。

WTT共同代表の西岡大穂くんの挨拶からスタート。

京都出身の鳥取大学農学部の1回生。彼が「鳥取県には夢を考え、学生が成長する機会がすくない。ないなら自分で創ろう!」という考えのもとWTTを立ち上げました。

wtt2

まだ10代にも関わらず行動力ありすぎ。こういった学生が鳥取に新しい風を吹かしてくれるのかもしれない。。。

ちなみに日本財団のインターン生です。

日本財団 木田悟史さんのあいさつ

日本財団鳥取事務所所長の木田悟史さんのあいさつもありました。

日本財団は名前を貸すという形でWTTに協力をしています。

木田さんは「若い人がどのように地域をつくっていくのか、どういうことを考え、行動していくのか、財団としてのお手伝いしていきたい」とおしゃっていました。

wtt3

日本財団の後援があれば、何をするにしてもとても心強い!!

WTTについて

WTTとは、鳥取の学生(若者)に今までなかった機会を創り出すプロジェクト。

鳥取の学生が社会人と触れる場所を作ったり、学生同士が高め合う空間を創り出すことを目的としています。

wtt4

鳥取は都会に比べ情報が少なく、参加型で経営者と直接話をする機会も少ないです。

wtt5

そこでWTTでは、社会人の協力を得て、講演会の開催や、学生同士が高め合う勉強会の設立・運営を実施予定です。

講師はどなたにしてもらうのか?」「参加する学生を集客するためには?」などまだまだ課題は多そうな感じでしたね。

WTTの参加で身に着く能力

WTTでは社会人と関わったり、学生同士で勉強会を開催するなどで、コミュニケーション能力、主体性、チャレンジ精神、協調性が磨けます。

wtt6

実は、新卒採用では「学力」はそこまで重視されていません。

これらの能力を高めることは今後の社会を生き抜く力にもなると個人的にも実感しています。

以下は僕の実体験からです。興味のない方は読みとばしてください笑

僕が大学生の頃、サークルとバイトばかりしていたので、ほぼ固定のメンバーであまり多くの人と出会ったり関わったりすることがありませんでした。

大学生の時間があるときにこそ、色んな人と出会い話すことで視野が広がったり、人との繋がりなどで将来の選択肢が増えてくると思います。

僕は仕事を辞めてから、国内のゲストハウスを巡って「人に出会う旅」を実行しました。

当時は何をしたいかを模索していたので、とにかく色んな人に出会って話を聞いてみようと思い決意。

旅先では、普段出会えないような人にたくさん出会え、自分の知らない世界が広がり、ご縁もあり、今では自分のしたいことができ充実した生活をおくっています。

参考:模索し続けた1年。きっかけはゲストハウスからpart1〜日本一周編〜

自分と年齢や職種が全く異なる人と話すことで、コミュニケーション能力や協調性は間違いなく高まりました。

社会人や学生を含め、普段自分と接点がない人と話したり、話を聞くことって実はとっても重要なことだと思います。

参加者の討論会

参加者による討論会もありました。

以下の3つのテーマを3つのグループに分かれて討論。

今、なぜ鳥取に残りたいか、出たいか

鳥取にどんな機会があれば良いと思うか

学生間連携プラットフォームの名前

鳥取県の学生にどのような機会を創出していくことが求められているのかを、会議の中で案を出し、今後のWTTに反映させます。

当日参加の学生と社会人が混じってアイディアを出し合い発表。

wtt11

地元の魅力に気づける機会(都会の学生との交換留学、移住者の話しを聞く)を増やすことが必要という意見もありました。

鳥取は年々移住者が増加してる人気の高い県ですが、地元の学生は鳥取の魅力に気づける機会はなかなかないですからね〜。

参考:【過去最多1952人】鳥取県への移住者が殺到中!! – 2015年度調査

wtt16

学生同士の勉強会の名前も討論しましたが、色々とユニークな名前がありましたね笑

wtt20

さいごに

WTTの活動が学生が社会進出するためのきっかけになれば良いと思います。

WTTを通して「自分の行動が変わって結果がでた!」という人が増えればベストですね。

wtt21

西岡くんのWTT模擬講演もありました。

wtt26

鳥取の学生にもチャンスのきっかけを与えたいという強い思いを語っていましたね。

事業の継続性、将来性をしっかりと見据えたうえで頑張っていただきたいです。

とっとりずむでは、運営テーマの1つでもある「鳥取での新しいチャレンジを応援する!」をもとに今後も情報発信の面でサポートしていきたいと思います。

鳥大生の若い力で始まるプロジェクトWTT。今後の動きに要チェックです!!

ちなみに次回のイベントは、10月25日(火)にSAKAE401にて勉強会【「鳥取イチ熱い会」にしたい】を開催します。

詳細は以下の通りです↓

【日にち】10月25日(火)
【時間】17時〜19時
【場所】SAKAE401
【対象】・社会人
【参加費】未定(200円or300円程度)

この勉強会では「鳥取の学生のボトムアップ」を目的とした熱量を感じれる場づくりを目指しています。

興味のある方は是非行ってみましょう!

最新情報はこちらから↓

スポンサーリンク