スポンサーリンク

大山北壁を一人占めできる特等席を発見!豪円山のろし台は大山の穴場ビュースポット!!

大山に地元の人もあまり知らない穴場ビュースポットがある!

という情報をゲストハウス寿庵のオーナーさんに聞いたので早速行ってきました!!

大山北壁をメインとした北欧風の開放的な風景。豪円山スキー場のゲレンデを見下ろす標高750mの豪円山のろし台。

これはガチでおすすめです!!

場所について

豪円山キャンプセンターの近くにあります。

ここの駐車場に車を駐めて15分ほど歩くと到着。ただキャンプセンターをGoogleマップで検索しても見つからないので、大山寺エリアからの行き方を詳しく説明します。

dasisen-noroshidai1

こちらが大山寺エリア。夏は登山客、冬はスキー客で毎年賑わいます。真っ直ぐ進んで突き当たりを左折。

dasisen-noroshidai38

そのまま道なりに進むと左手に大山ロッジがあります。

ここから少し山道です。

dasisen-noroshidai46

5月の新緑。良い景色!!

dasisen-noroshidai48

山道を抜けると左手に豪円山キャンプセンターがあります。

お地蔵さんが目印。

dasisen-noroshidai50

豪円山のろし台までの道

キャンプセンターの駐車場をでてすぐ左前方に、絶景スポットまでの登山道があります。

dasisen-noroshidai3

道中のたんぽぽがキレイに咲いてましたね〜。

dasisen-noroshidai4

さらに上へ進みます。

dasisen-noroshidai5

すると右前方に少し開けたスペースが。

写真撮影している人もいました。のろし台に到着!!

dasisen-noroshidai29

大山北壁はあまり見る機会がないのでとても新鮮な感じでした。

足元に広がるスキー場のゲレンデの緑と大山が相まった、北欧風な風景。

dasisen-noroshidai28

木の椅子に座って一息。お一人様限定の特等席は眺めが最高!!

前を遮るものが一切ないため、めちゃくちゃ開放的な景色。大山北壁を一人占め笑

dasisen-noroshidai36

写真は、のろし台で出会った方に撮っていただきました。

タヌキに導かれタンポポが咲き乱れる場所へ

さらに奥に進めそうだったので登ってみました。

天気が良いときは日本海が見えそう。

dasisen-noroshidai7

小屋を発見してここで終わりかと思ったら、左前方に細い山道を発見!

dasisen-noroshidai9

虫がめっちゃ飛んでました。

なんかクマとかでそうだな〜。行きたくないな〜。とか思いつつも登ってみる。

dasisen-noroshidai14

あっ!!!

タヌキを発見。クマじゃなくてよかった。

道を案内してくれるかのように前を進んでいったので、それについていきます。

dasisen-noroshidai16

するとタンポポが咲き乱れる場所に到着。

大山や日本海の景色は木が多くてあまり見えませんでした。

dasisen-noroshidai17

豪円山はもともと呼瀧山と呼ばれていたんですね〜

dasisen-noroshidai18

さらに道は続いてましたが、1人で行くのはちょっと勇気がいりそうな感じだったので断念。

登山は小学生頃からしていないので、山道を歩くという免疫が全然ない。帰りの道中はなんとなく山の恐怖を感じ小走りで下山しました笑

感想

当日は雲っていたので、晴れだったらもっと良い景色が眺めれたと思います。

木の椅子に座って大山北壁の景色を見たときの開放感、満足感はハンパないです。

大山に来たときには、是非寄ってみてください!!!

豪円山のろし台の詳細情報

スポット名:豪円山のろし台
ジャンル:絶景、秘境
電話番号:0859-52-2502 (大山町観光案内所)
アクセス:(車)米子道米子ICより県道24号線(大山観光道路)経由、
大山博労座からスキー場方面へ。約30分。
(バス)JR米子駅から大山寺までバス約50分、 徒歩約15分。
住所:鳥取県西伯郡大山町大山

スポンサーリンク