人口最下位の県で【人に出会う旅】をする方法

The following two tabs change content below.
さっけー
とっとりずむ編集長。1990年生まれ、鳥取県岩美町在住。鳥取の魅力をもっと多くの人に広めていくことが目的。新しいチャレンジを応援して、人と人を繋いでいきたい。趣味はマジック。

どーも、とっとりずむ編集長のさっけーです。

近年、1人旅の需要が増えています。旅の目的が、“観光地”や”グルメ”だけでなく”人に会うこと”も目的になっていることが理由のひとつです。

確かに僕は日本一周の旅をしましたが、結局印象に残っているのは、土地や食べ物ではなく人との出会いでした

では、人口最下位の鳥取で人に出会う旅ができるのか?

答えは「Yes」です。

地域と人をつないでくれるスポットを紹介します。

ゲストハウス〜出会いはここから〜

誰かに出会う旅」は、ゲストハウスの宿泊が最適です。

全国からさまざまな人が集まり交流できます。カフェも併設している宿もあり、地元民と話せる機会もあります。

日本一周ゲストハウス巡りの旅をした僕がゲストハウスの魅力を紹介します

2015.12.05

東部地区

Y Pub & Hostel TOTTORI

tottori-guesthouse-Y48

鳥取の県庁所在地である鳥取市に初めてオープンしたゲストハウス。

パブ(公共の社交場)とホステル(素泊まりの宿)のスペースのあります。

鳥取駅から徒歩5分と旅の拠点に最適です。砂丘観光にも便利ですね。

宿の周辺には昔ながらの商店街、居酒屋、温泉などがあります。

【鳥取駅から徒歩5分】ゲストハウス「Y Pub & Hostel TOTTORI」に泊まった感想

2016.01.27

ゲストハウスふぁむすとん

famstn

2016年1月に岩美町にオープンしたゲストハウス。

最寄りの岩美駅から徒歩7分コンビニ、飲食店が近くにある好立地にあります。

「田舎暮らしの本 2016年2月号」で住みたい田舎ランキング総合1位に輝き、話題を集めている岩美。

【106点満点中93点】僕の地元の鳥取岩美町が「日本No1住みたい田舎」に選ばれた理由とは?

岩美が舞台になったアニメ「Free!」の聖地巡礼にも最適です。

Twitterで【岩美に移住したい症候群】が多発。Free!(ハイスピ)効果が偉大すぎる

リーズナブルな値段ですが、冷暖房の完備、広々とした共有スペースで快適に過ごすことができます。

【Free!旅に最適】岩美ゲストハウスふぁむすとんがリーズナブルで快適すぎる

2016.02.07

中部地区

たみ

鳥取で最初にオープンしたゲストハウス。併設して、シェアハウスとカフェがあります。

写真撮影禁止」の珍しい宿。これは、オーナーさんの「旅の記憶は直接脳に刻んでほしい」「SNSで発信する時間を、旅を楽しむ別の時間に使ってもらいたい」という思いから。

最寄りの駅から徒歩5分とアクセスが良く、周辺に温泉があり、ゲストハウス初心者でもオススメの宿です。

たみ HP

西部地区

解放Guest House勝造

wadaya

2016年2月に米子市にオープンしたゲストハウスです。

米子駅から徒歩6分と抜群のアクセス。水木しげるロード、大山など観光の拠点にも便利です。

わだや小路という複合用途の地域交流拠点の一角をリノベーションして宿になりました。宿主さんは女性の方なので女子旅にもおすすめですよ。

【米子初のゲストハウス】解放Guest House勝造に1泊してきた感想

2016.03.01

 大山ゲストハウス寿庵

yado-preview_292-0

日本の百名山「大山」の近くにあるゲストハウス。登山目的の方が多く宿泊し、山小屋とゲストハウスの間の雰囲気の宿。

10代の学生から70代の登山家など幅広い人が宿泊し、交流できます。

宿泊者が自分1人でも、話好きのオーナーさんと会話できるので問題ありません。大山のことに詳しく、興味深い話が聞けます。

ゲストハウス紹介サイトの「ふらっと」で泊まったときの感想を書いてますよ。

山と旅の出会いの宿。大山ゲストハウス寿庵に泊まってきた感想

大山バックパッカーズ

s_daisen-backpackers

大山にあるペンションを改装した宿。とてもアットホームな宿でまるで「おばあちゃんの家」のよう。

朝食は無料で食べれます。オーナーさんが女性ならではの「おもてなし精神」ですね。

くつろげるリビングと、自炊可能なキッチンで、他の旅人と交流ができます。

【ペンションみたいなゲストハウス】大山バックパッカーズに1泊してきた感想

2016.02.25

 カフェ~地元民との交流~

地域と人をつなげる「コミュニティスペース」のカフェの紹介です。

さまざまなイベントが定期的に開催され、地元民と交流できます。

Book Cafe ホンバコ

honbako

本で人と街がつながるきっかけを」というコンセプトのカフェ。本をきっかけにコミュニケーションが生まれます。

頻繁にイベントが開催していて人気急増中。鳥取駅からアクセスが良く、WiFiもあるので旅人にはありがたいスポット。

ホンバコ HP

店長のりょうかん君はヒッチハイク200回、大学院中退を経験し鳥取にUターンしてきた「異端児」彼に会うことを目的に来る人も。

りょうかん HP

 まぶや

s_mabuya

大山町にあるコミュニティカフェ。UIJターン者を中心に活動している若手起業家による任意団体「築き会」のメンバーが中心となりオープンしました。

地元民によるさまざまなイベントが行われています。

移住相談センターも併設しているため、まさしく「地域」と「人」をつなぐカフェですね。

まぶや HP

さいごに

グループ旅行や、1人で自分を見つめ直す「1人ぼっち旅」も良いです。でも、たまには1人でドキドキ、ワクワクの刺激を求めて「人に出会う旅」をしてみてはどうでしょうか。

思わぬ出会いが待っているかも知れませんよ。実際に僕はゲストハウスで出会った方から現在、仕事をもらってますしね。

皆さんに良い出会いがありますように。

届けとっとりずむ!