【ド短期リゾートバイト】岐阜の奥飛騨の温泉ホテルでリゾートバイトをやってみた感想

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
さっけー
とっとりずむ編集長。1990年生まれ、鳥取県岩美町在住。鳥取の魅力をもっと多くの人に広めていくことが目的。新しいチャレンジを応援して、人と人を繋いでいきたい。趣味はマジック。

どーも、さっけーです。

4月20日〜5月10日の約3週間、ド短期で岐阜県の奥飛騨の温泉ホテルリゾートバイト(住み込みバイト)をしてきました。

初めての寮生活、温泉ホテルでのバイトで感じた事、思ったことを書いていこうと思います。

これからリゾートバイトを検討するに参考になれば幸いです。

そもそもリゾートバイトってなに?

リゾートバイトとは、国内各地のリゾート地で寮に住み込んで働くバイト。職種は様々で、年代は幅広く集まり、学生からフリーターまで様々です。1ヶ月の期間から募集している会社が多いですが、GWや夏休みなどは最短で2週間の期間で募集してるところもあります。

リゾートバイトの魅力について

まず現状として、フィリピンの語学留学の資金集めをする必要がありました。そこでみつけたのが「はたらくどっとこむ!」というサイトです。

なぜリゾートバイトに魅力を感じたのかというと、有名観光地で働けると同時に「寮費無料」「3食まかない付き」「交通費無料」の特典があったから。

僕の場合、旅が好きなのでまだ行ったことない観光地にタダで行けるのは魅力的でした。また初めての寮体験ができ、食費がかからないからよりお金が貯まる。つまり僕にとってメリット尽くしでしたね。

さらに「個室寮完備」「ネット完備」「時給1000円以上」「出会いがいっぱい」「休日充実」と興味を惹かれる職場が多いです。「こんな良い条件なんか怪しい」とも感じました。(結局問題なく仕事は終わりましたが笑)

勤務地を岐阜の奥飛騨の温泉ホテルに決めた理由

せっかくだから「まだ行ったことない観光地で働きたい」考えていました。以前の、ゲストハウス日本一周の旅で中部地方の県をあまり行かなかったので、求人が比較的多い長野、岐阜あたりの職場で探すことにしました。

仕事内容は「仲居」「ホールスタッフ」「販売」「調理」「裏方」など色々ありました。最初は「仲居さんってやったことないし経験してみたいな〜」と思ってたけどド短期だったので「未経験の業務だと職場に迷惑かけるな」と感じ経験のある「ホールスタッフ」に決めました。

また、プライベートを確保したかったので個室寮が完備されていて、パソコンを使いたかったのでネット環境がある岐阜の奥飛騨にある温泉ホテルで仕事をすることに。

勤務地に向け出発!

奥飛騨の温泉ホテル1社しか申し込んでなかったですが運良く採用されました。(経験のある職種はやっぱし採用されやすいのかも)

勤務地までの交通ルートは手配してもらえました。最安の交通手段になるのでバスを乗り継いで行くことになりました。鳥取から大阪まで3時間、大阪から奥飛騨の温泉ホテルまで7時間。ギリギリ交通費の支給でまかなえる距離でした(なるべく出費は避けたいですよね)

勤務地についてから

長距離のバスで酔いながらも無事ホテルに着きました。まず、職場の方にあいさつです。第一印象は大事なのであいさつは元気良く礼儀正しくですね。出勤は次の日の昼からだったので、とりあえず寮でのんびり。そこで気づいたのが「トイレットペーパーがない」「洗剤もってきてない」でした。

寮生活が初めての世間知らずだったので生活必需品はあんまし持ってきてなかった。「よし買ってこよう」と思ったけど、近くのスーパーまでバスで20分(1時間に1本の便)と気軽に行ける距離じゃない。新しい職場で働くのでこういったストレスは溜めたくないですね。

仕事内容

s_IMG_0588

仕事内容は料理の配膳業務でした。ファミレスのホールで3年働いてたので楽勝と思ってましたが意外と覚えることが多くて苦労の連続。

特に会席料理は、配膳の食器類の位置、種類などがコースによって微妙に変わってくるので正直めんどくさいです。ただお客様が気づかないような部分までこだわる「日本のおもてなしの精神」が随所にみられ色々勉強になったのは良かったですね。

勤務時間

勤務時間は基本的に6時〜9時15時〜21時の実働8時間の中抜けシフトでした。要項を見る限り他のホテルも似たようなシフトになっています。

職場は週1〜2日で休みがありました。従業員は足りてないわけではなかったので休みの融通はある程度きく良い職場でした。

職場環境

従業員は10代〜40代と幅広く、特に20代が多かったです。自分と年が近い人が多く、気の合う仲間ができたので毎日充実してました。山奥で封鎖された環境では人間環境がストレスとなって仕事を辞める人が多いのですが、僕の場合は人間関係に恵まれ、ほぼストレスフリーで3週間過ごすことができました。

良かった点

毎日温泉に入れたことです。僕は温泉好きで特にホテルには露天風呂があったので最高でした。

しかしそれ以上に良かったが、まかないがとても美味しかったことです。娯楽の少ない山奥での楽しみは食事くらいです。その食事が毎日充実していることは本当にありがたいです。美味しいご飯を食べて温泉に浸かって寝る。贅沢な日々を過ごすことができました。

悪かった点

悪かった点、正直ないです。仕事内容、職場環境、文句無しです。別にリゾートバイトのまわし者でもなんでもないのですが、それほど当たりの職場でした。ただ強いていうならネットが使えなかったことです。

いや、正確に言えばネットはフロント近くのロビーで使えたけど、なんというかフロントの方の視線が気になり使うのをためらって諦めました。他の従業員で使っている人がいなかったのも理由の一つです。まぁ気にしなければ全く問題ないのですが、僕には無理でした。

こんな人にオススメ!

とにかくお金を貯めたい人にオススメです。短期間で集中してお金を稼ぐことができます。GWや夏休みなどは特にお金が稼げますね。さらに出費を最小限に抑えることができ、3週間の出費はほとんど自販機のジュース代のみでした。(休日の観光出費は除きます)

そのため「お金を稼ぎたい」「出費を少なくしたい」「実家を離れても良い環境にある」これらが当てはまる方はリゾートバイトを考えてみてはどうでしょうか。

最後に

僕は今回「お金を稼ぐ」と同時に「観光を楽しもう」と考えていました。

職場から日帰りで行ける観光地に新穂高ロープウェイ上高地白川郷高山古い町並みなどがありました。「せっかくきたのだから行かないと」と思い上記の観光地は全部行きました。すると思った以上にお金を使ってしまいました。

まぁ観光が目的なのもあるし全く後悔してないのでいいんですけどね。皆さんも楽しみすぎると散財してしまうので注意しましょう。

届けとっとりずむ!

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA